2024.03.03

gooブログを3つ書いています。多すぎるのでこの「心の旅紀行」をgooブログの一つに統合します。

ココログは、これまで書いたものを残します。新しい小文は「心の旅紀行」と題したgooブログに載せます。

心の旅紀行 (goo.ne.jp)

| | コメント (0)

2024.03.02

書道の応用の機会が減っている

私(今84歳)の父は、子供の時から筆を使っていたようです。西洋のペンとインクはあったのですが、当時は書きづらかったようです。尋常小学校をでていましたので学校で習字を習ったのでしょう。筆が立ったので余計筆を使うことが好きになり、筆達者になったと思います。父の末弟は学校の先生になり、また書家となりました。父は弟が学校の先生であるより、書家であることを自慢していました。書道が好きだったからでしょう。

私が小学校に入ると、父は毎年1月2日、1日をさき、兄と私に書初めをやらせました。筆を持つ私の手にそっと手をそえ、筆運びを教えてくれました。おかげで私は小学校1年から書道は優でした。兄は私よりはるかに上手で、大人になっても私は兄をこえることができませんでした。

私が中学校1年のとき、中学校は第二回全国学生書道競技大会に中3の兄と私の書を出展してくれました。兄は銀賞、私は銅賞でした。

高校には書道の授業はなかったが、書道部がありました。しかし、私は化学が非常に好きになり、化学部に入ったので習字をやることはなくなってしまいました。大学でも書道はやりませんでした。

会社に入ると、私は字が上手ということで香典などを筆で書くことを頼まれていました。当時はそれほどうまくないと思っていたし、筆に自信もなかったので頼まれるのが嫌だったが、みんなが上手だと言うので書いていました。

会社とは関係なく、キリスト教の先生を中心とする聖書研究会を毎月1回、貸し会議室を借りて開いていましたが、その世話役をやらされ、会議室の入り口に看板を筆で書きました。毎回新しい看板をつくったのでこれは習字になりました。この仕事で初めて筆に自信を持つことができました。年賀状の宛名も万年筆ではなく、筆で書くようになりました。書道は書き慣れることがだいじと悟りました。

私は父の教えを基本にし、自分なりに、心の中でうんすーと言いながら、筆を運ぶ方法をとっています。字体のお手本は、1965年、文海堂発行、鈴木香雨書、「五體千字文」です。その中の楷書、行書、草書を自習しました。鈴木先生の字体は最高と思っています。

最近、認知症に関する町の講演会の看板を筆で書くことを頼まれ、書いたところ、書家として町で有名な人が講演会に来ていて、この人が、看板に感心したようで誰が書いたか事務局に聞いたそうです。温か味がある素晴らしい字だとの感想を事務局に言ったそうです。実はこの書家は私が町の作品展を担当したとき看板書きをお願いしてきた人です。私より年輩であり、有名な書家でしたから、町の作品展はこの方に書いてもらうのが当然と思いました。その書家が感心してくれたと聞き、一段と自信を深めました。

しかし、私は書家ではありません。書道を応用しているだけです。現代は看板のようなものはパソコンでつくることが多くなっています。実は町の作品展もパソコンでつくった看板が用いられていました。折角日本には書道が生きているのに書道を活かさないのはまずいと思って私が方針を変えました。パソコン方式を始めた方が、怒って私に電話をしてきました。パソコンでつくった看板も立派な作品だ、新規性があると主張しました。ごもっとも思ったので、併設で我慢してもらうことにしました。併設方式が7年ほど続きましたが、昨年はパソコン方式だけだったようです。最近、筆で書いてきた人が、遠慮したのでしょう。町の作品展担当者が、筆で書く新しい人を探すのが面倒と思ったのではないでしょうか。

上記の認知症の講演会では看板が筆で書かれているのを見て、多くの参加者が、パソコンでつくった看板より、筆で書かれた看板の方が味があると言ったそうです。書道を実用に応用する考えは重要なことだと思います。

| | コメント (0)

2024.02.28

武器弾薬をもって戦争国と戦うと戦没者が非常に多く出る

イスラエルのパレスチナ戦争、ロシアのウクライナ戦争を見ると、パレスチナ人の戦没者、ウクライナ人の戦没者が非常に多く、パレスチナ人、ウクライナ人が可哀そうです。悪いのはイスラエルやロシアなのに国連にはこれらの戦争国を正す力がありません。

しかし長い目で見ると、イスラエルやロシアは神罰を受け、衰亡します。神罰を受ける故にイスラエルやロシアは不法と批判されます。不法合法は人類の非常に長い経験知識に基づいて人類が学んだ知識です。

それでは、たとえばイスラエルが神罰を受け衰亡するまでパレスチナ人はどうすればいいでしょうか。その生き方の解はガウタマ・シッダールタやイエス・キリストの教えの延長線上にあります。国のあり方、政治のあり方を論じるのではなく、自分、あるいは人が生き生きと生きる生き方を追及します。パレスチナがイスラエルになってもイスラエルのあり方やイスラエルの政治を論じるのではなく、自分の、あるい人の生き方を論じます。その結果、イスラエルのいい悪いが明らかになります。イスラエルに対する罰は神にゆだねます。

武器弾薬をとってイスラエルと戦うと自分は戦死する恐れがあります。いつかは神罰を受けるイスラエルと戦って戦死することは空しいことです。自分は生きて幸福になった方がはるかに幸福です。あえて自分はパレスチナ人と言う必要はありません。イスラエル人になったと言う必要もありません。人は人でいいと思います。

国は行政区で、国に住む人々のために政治が行われています。特定民族のためだけの政治は、国の発展の障害になります。神罰を受けることになります。つまり国でイスラエル人がパレスチナ人を差別していることが問題です。パレスチナ人がイスラエル人にテロを行うことが問題です。国民は、人として生き生きと生きる生き方を追及し、幸福なることがだいじです。

| | コメント (0)

2024.02.25

天皇の心境

天皇は皇嗣権が秋篠宮文仁親王に移ったことを問題にし、愛子内親王を皇嗣にしたいと思っているとの推測は皇室問題を大きくする行為です。天皇はそのようなことは思っていないと思います。

天皇は、基本、憲法と皇室典範を肯定しています。ただあまりにも皇室儀礼、皇室慣習が現代の一般人の生き方と違い、一般人から皇后になった人が、非常に大きなショックを受け、苦悩する事実を問題にしていることは事実と思います。前天皇の皇后も苦悩し、現天皇の皇后も苦悩しています。

その苦悩は精神的病の原因になるほど大きいものです。前天皇が生前譲位したのは自分が天皇のまま死ぬと、老いた皇后が受けるであろう苦悩が彼女の忍耐の限界をこえると読んだからだと私は思っています。つまり前天皇は人間的な人です。変な帝王学に染まっていません。

現天皇も、前天皇から人間的に生きることを学び、変な帝王学は持っていません。皇后をいたわる心、愛子内親王をいたわる心によく彼の人間性が出ています。

政治家の中に女性も天皇になれるように法律を変える動きがありますが、天皇の欲するところではないと思います。2月23日の皇居石橋の間で行った記者会見で、天皇は自分でよく推敲した文章を読む形で、長い時間をかけて現在の心情を話したが、その中で愛子内親王について「社会人」として幸せに生きてほしいと述べています。政治家の女性天皇容認論に呼応している気配はないと思います。

天皇は前天皇に準じて生前譲位するだろうと予想します。

皇嗣の秋篠宮文仁親王については、皇室の宗教、儀礼、慣習は一般人のそれと違うと述べ、皇室が天上界であることを強調しています。一般人にはこれをよしとする意見と、心配とする意見があります。憲法第1条は、天皇の地位は、日本国民の総意に基づくとあります。

新聞テレビネットが、天皇と皇嗣の生き方の違いを好んで話題にしている動きがあり、今後波乱を起こす怖れがあります。天皇はこのことを憂慮しているように見えます。

私は皇室内男女差別より、皇室の人と一般人の差別問題の方が大きいと思っています。皇室の人が一般人になる道がもっともっと広くなることを祈っています。

| | コメント (0)

2024.02.24

カネは便利なもの。しかしカネカネ、カネカネカネとなるといただけない

道徳に質素倹約がありますが、カネを否定している訳ではありません。資本を軽視している訳ではありません。カネを重視するあまり、法道徳を軽視することが問題です。

創価学会はカネカネカネと言いすぎて日蓮正宗に破門され、人々が信用しなくなり、さまよう巨大宗教団体になりました。

自民党はカネカネカネと言いすぎて腐り、政治無能になりました。

| | コメント (0)

2024.02.23

天皇誕生日に思う

新聞テレビネットは皇室情報をあまり流さないので人々の間で皇室のことはほとんど話題になりません。私もほとんど知りません。

しかし一般論として、皇室について次のような問題を感じています。

1. 皇室の人に参政権がないばかりか、政治について公の場で議論することができない。

2. 仕事は儀礼的なことが多い。平和を祈る儀礼が多い。

3. 自由に皇室離脱ができない。

4. 安全のためということもあるが、私的に自由に行動できない。

5. 生き雛のようである。人間扱いされていない。

6. 総理大臣以下、いろいろな大臣がいるが、天皇は天皇扱いされていない。大臣は天皇と思っていない。それなのに天皇に 臣としてふるまっており、偽善的である。そのくせして、国最高位としての責任感を欠き、自分は臣だと責任逃れしている。

憲法では、天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であるとなっており、天皇なしの日本国、日本国民統合はないとなっています。しかし実態は日本の人々はほとんど天皇のことを考えないで生きています。自分の幸不幸について天皇の責任を問う人はいません。天皇は平和に寄与していると思っている人は多いと思います。外国も天皇に敬意を表することが多いと思います。

もし天皇が我を主張して、国民の幸福より、自分のことを考えるようになると、日本の人々は天皇を批判し、天皇はいらないと言うでしょう。天皇は常に日本の人々の幸福を祈っていないと務まりません。日本の人々が要求する知識能力法意識道徳意識を持っていることが要求されています。

天皇の地位は、日本国民の総意に基きます。天皇は日本国民の評価、あるいは批判を気にします。苦しい地位ではないでしょうか。

| | コメント (0)

創価学会の拡大と縮小

戦後、池田大作氏が創価学会会長になってから学会の拡大がおこり、学会と日蓮正宗との争いの激化とともに学会の拡大が止まり、縮小が始まりました。池田氏の死去で学会の混乱度がひどくなり、縮小は加速するでしょう。

学会と日蓮正宗の関係は、学会初代会長が日蓮正宗信者であったことから始まります。学会の教えの基本は日蓮の教えです。そのまたもとは法華経です。したがって学会信者は法華経および日蓮宗を学びます。

日本で日蓮宗が人気が高い理由はその現世救済の精神と国家主義にあると思います。

現代仏教は鎌倉新仏教の流れにあり、特に現代新仏教はありません。戦後隆盛をきわめた創価学会も日蓮宗の流れにある宗教団体です。

浄土宗は他力本願、極楽往生で今一つ庶民の心をとらえることができません。

浄土真宗も他力本願、戒律軽視、悪人も救われるとの説で庶民に歓迎されましたが、この世の生活が改善しない面がありました。

時宗も他力本願で、踊念仏でうさをはらしている感じでした。

臨済宗や曹洞宗は、座禅重視、悟り重視で、庶民的ではありませんでした。

その点、日蓮宗は、現世救済精神、国家主義、政治改善重視など現代でも人気が高いと思います。

創価学会はその波に乗ったのですが、カネカネカネになり、また政治的になりすぎ、日蓮正宗の権威をおかすまでになり、破門されてしまいました。

日蓮宗一派として生き残れるかという状態でしょう。

| | コメント (0)

大和魂とか武士道と言うことはない、人の魂、人の道でよい

どうしても日本人は国粋的になり、大和魂とか武士道と口にしやすいと思います。外国人に挑戦的ですから外国人も国粋的になり、反発するので大和魂も武士道も理解できなくなります。

日本人も外国人も人です。世界の人々は人の魂や人の道について論じればいいと思います。

ガウタマ・シッダールタやイエス・キリストは、仏教をインド人向け教として、キリスト教をユダヤ人向け教として教えていません。民族や国を気にせず、人が学ぶべき教として教えました。

日本で法道徳を追及する場合、これは日本人向けですなどと言って追及していても今は世界交流時代です。日本人向け法道徳は日本人のためになりません。

今は世界に通用する法道徳を追及すべき時代です。世界に通用する知識能力が大切な時代です。

| | コメント (0)

2024.02.22

腐った政治家が多い中、武士道が話題になっている

武士になるということは権力の追求の手段の一つで戦争して自分の権力を大きくしてきました。武士の支配が安定になった江戸時代、勝手なもので武士の道徳観念が武士道と呼ばれるようになりました。

忠誠、信義、質素、倹約、礼節、名誉、武勇などは代表的道徳でした。しかし武士以外の階級に対しては威張っていたりして、不道徳なところは多かったのではないでしょうか。

そんな武士道を持ち出してきたくなるほど現代の政治家の腐敗をひどいということでしょう。国会議員になりたい、支持団体がほしい、お金がほしいとなり、不法不道徳になってもこの欲望を追及します。政治の改善改革など考えません。政治家として無知無能ですから保守です。問題認識も問題解決もできません。給料泥棒です。責任を感じて国会議員を辞職することはありません。確かに武士道に反しています。

| | コメント (0)

キリスト教やイスラム教が教える神は神ではない

太陽、月、星々などを見て、不思議なものとして畏れを感じ、神あるいは神々としていたときから見れば神は目に見えるものでなないとしたキリスト教などは知識の進歩であったと思います。しかし、見えないまま、天体を管理しているものを想像し、神は天に存在すると思い込んでいるのは問題です。

天体を管理している原理を神とするという定義はあるが、それは人間が感じる自分を助ける神ではありません。イエス・キリストはそれを理解し、自分が実感する力を聖霊と呼びました。彼は聖霊を非常にだいじにしました。神を冒涜しても赦されるが、聖霊を冒涜するものは決して赦されないと言いました。

彼は既存の神に関する知識を捨てないまま、聖霊こそ自分を生かす命と感じ、その思いを弟子たちに話しました。弟子たちもイエス・キリストの言葉を信じ、聖霊の力を受けて、人を恐れず、イエスの言葉を福音とし、ローマなど当時の世界の中心都市の人々に伝えました。聖霊に守られていると思っていましたから迫害にめげず、福音を伝え続けました。

イエス・キリストが感じた聖霊こそ神だと思います。

この疲れを知らない伝道がキリスト教会を次第に大きくし、福音は支配者階級にまで広がっていきました。大方の支配は自分に都合よくキリスト教を解釈し、自分の権力の絶対化に利用したり、魔力を信じて死を恐れない軍人を育てるのに利用しました。

しかし、聖霊が作動する目的は、人が権力者になるためでも死を恐れない軍人になることでもありません。神の助けの悪用も可能という現実がありますが、根本は人を生かすためだと思います。大半の人は生きる、生かすという思いで生きていますから、悪用する人は、次第に人々から浮き上がり、生きにくくなります。失敗します。これが神罰ではないでしょうか。

人々の共通の値観は、生きる、生かすだと思います。この総意には権力者も勝てません。

聖霊とは、神を信じたとき、天から下るのではなく、何人も生をうけた時から体内で作動していると思います。つまり聖霊なき状態で人は生きません。聖霊とは人を生かす機能です。人は育つと次第に自我が発達し、色々なことを学びます。神の意に反した生き方を学び、生きにくさを感じるようになります。自分の異常に気付き、純真に戻ったとき、聖霊を感じることが多いのではないでしょうか。

人生とは自我と神との二人三脚です。

生きる、生かすが聖霊の本意と知れば、正道を生き生きと歩んで生きることが可能になります。これが幸福な生き方だと思います。

| | コメント (0)

«戦争国に強制されて戦争に協力を強いられることは苦しい