2017.11.25

事業家として成功する道は狭い

S171125

私は貧困家庭に育ち、学校へ行って学問する以外に何もすることがありませんでした。
学校から帰ると家事を手伝ったり、父母の副業の畑仕事を手伝ったり、魚などをとったり、鶏を飼って卵をとったりして何とか生きていました。
父が何とか地方公務員に就職できて収入が安定すると、私は学問に集中することができました。

大人になってからどう生きるかのか何もわからないまま、学問ができたので、日本は工業が大事ということで地方大学の工学部に入学して相変わらずの学問生活を続けました。
大学でできる学問以外の楽しみとしては、クラブ活動がありましたので、私も運動系のクラブに入り、大会に出たりして大学生活を楽しみました。
依然として大学卒業後の生き方のイメージがわきませんでしたが、当時の日本は工業化が進展し、地方大学の工学部にも、初任給日本一という生産会社から求人が来ました。
今から考えると安直な選択でしたが、私は大学の推薦を受けてその初任給日本一の会社に面接試験だけで入社しました。
面接試験では、学問より運動系のクラブ活動が評価されたような気がします。

入社してわかりましたが、私は技術開発の仕事を希望しましたが、私の希望は無視され、なんと本社勤務となりました。
技術系事務職です。
うんざりして退社を決心したことがありますが、父や兄は退社に大反対で、会社では我は通らない、自分に与えられた仕事をちゃんとこなすことをまず覚えよと諭されました。
泣く泣く、技術系事務職を続け、最後は調査研究事業をやって、会社での事業・仕事を終えました。
退社後は、経験知識を活かしてコンサルタント業をやり、老人になって体力が衰えてからは、老人でもできる個人的・副業的事業を続けて生きています。

残念ながら私には会社を設立し、育てる力がありませんでした。
退社後、個人業を経験しましたが、仲間や従業員を増やして組織をつくる勇気がありませんでした。
収益に自信がなかったことがありますが、経験知識不足で会社経営の企画すらできませんでした。

ところが今でも個人業をしぶとく続けていることを思うと、後継者にバトンタッチできるかもしれないとときどき思います。
子か、孫の誰かが関心を持ち、事業の展開を考えるようなことがあるかもしれないとときどき思います。

事業家が育つには何世代か時間がかかるのではないでしょうか。
何でもそうではないでしょうか。

事業家でも仕事人でもなかった父母の家庭に育ち、大会社に入ったと言ってもその事業をやっただけでは事業家になったとは言えません。

事業を始めても5年で廃業する人が90%というお話しがあります。
事業家として成功する道は狭いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.24

自民党の思うように日本の人々は動かない

S171124

自民党には神道を重視する政治家が多いと思います。
仏教が入ってくる前から存在した日本の伝統的宗教で、歴史が長いからです。
政治家は神道を日本の特徴と思っています。

しかし政治家が重視する神道は自然神道ではなく、国家神道です。
自然神道とは、自然に神性を感じる神道です。
国家には関係ありません。
国家神道は、天皇家がある目的をもって、あるいは国家がある目的をもって祀る神道です。
具体的には伊勢神宮、靖国神社などが関係する神道です。
政治家は政治に関心を持っていますから国家神道を持ちやすいと思います。

伊勢神宮であれば天照大神などを祀り、天皇家の安泰にもとづく国家の安泰を祈願します。
靖国神社であれば、戦死した軍人(軍神)を祀り、国家の安泰を祈願します。

政治家が重視する神道は、天皇と軍人が重要な位置を占める国家観であり、まさに戦前の国家観であると思います。

政治家だって戦後の民主主義的教育を受けて育ったと思いますが、古い国家観を持つというのはやはり古い政治家の世界で生きてきたからでしょう。
戦後でも当時の政治家は戦前戦中の教育を受けた人々で、連合軍に占領され、戦前戦中の国家観では政治ができず、民主主義のお面をつけて政治をやっていたが、本心は昔の国家観を温存していたと思います。
安倍晋三総理を見ると、戦前戦中戦後活躍した岸信介氏などの古い政治家の影響を強く受けて育ったことがよくわかります。
自民党に所属する政治家の多くは、戦前戦中から存在する各地の政治団体に支えられた人が多いので、どうしても古い国家観から自由になれないのだと思います。
各地の活動的な人々を中心に組織化された安定した政治団体ですから概して自民党は安定しています。
戦後は自民党がずっと政治を担当してきました。

戦前戦中の古い政治家・政治団体とは無関係に育った政治家は、自民党以外の政党に多いと思います。
戦前戦中から存在した反政府的政治団体か、戦後組織化された労働組合か、市民団体に支えられた人が多く、概して古い国家観から自由です。
しかし、政治家も政治団体も弱体で、政治に自信がなく、自民党に対抗できる政治家・政党が育ちません。

このまま行けば、日本の政治は、自民党が支配的で、非民主的、復古的になりますが、意外に現代の人々は、教養があり、個人主義的、自由主義的、民主主義的、平和主義的であると思います。
戦前戦中のように政府に呼応して、鬼畜米英討つべしなどと興奮して叫ばないと思います。
外国と戦争する必要はないと冷めている人が多いのではないでしょうか。

自民党の思うようには日本の人々は動かないと思います。
若い人の間で国家神道の人気が高まっているというお話しがありますが、信仰の自由を重視する人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.23

年号は西暦の方が便利

日本は天皇(昔は将軍が代わっても変えた)が代わると年号を変える元号をよく使いますが、西暦の方がはるかに便利です。
実務では元号を使う必要性はないのではないでしょうか。
ただ、元号は、明治とか大正とか昭和とか平成とか、時代の区切りを示す言葉がついているので、明治はどうのこうのと言った表現ができるので表現が豊かになる利点はあります。
したがってあってもいいとは思います。

手帳を買うと西暦だけで元号表記がないものが多いと思います。
会社も西暦を使う会社が多いのではないでしょうか。

ところが、政府は中央も地方もしぶとく元号を使っています。
人々に元号を使うことを強制します。
政府に提出する文書には元号を記入しなければなりませんから、ちょっと神経を使って元号を調べて記入します。
古い文書の元号を見てもいつのことかわかりません。
そこで対応する西暦を調べ、何年前の文書と初めてわかります。
不便なものです。

今度天皇が生前退位し、皇太子が天皇になるということで、いつ退位するかが問題になっています。
民間は西暦を使いますから、気にしませんが、政府は大変です。
元号が変わるだけで手間やお金がかかります。
作りだめした書式などは紙くずになります。

政府も西暦を使った方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.22

ガウタマシッダールタとイエスはやはり偉大だった

S1711221

ガウタマシッダールタは空しい思いを捨てることで人が生きる道を悟りました。
人を殺すなどと思わなくなりました。
病死しましたが、静かに死を受け入れました。

イエスは、神を、人を愛する神と信じ、人を愛することを教えました。
やはり人を殺すなどと思いませんでした。
多くの人々がイエスに従うのを見て、時のユダヤ民族の権力者はイエスを恐れ、捕まえて、十字架にはりつけて殺してしまいました。
イエスは極刑を静かに受け入れました。

平和に生きる生き方だったと思います。
一切は空との悟り、あるいは愛する神への信仰が彼らを導いたと思います。

殺人、戦争と何とも混沌とした世界、あるいは社会ですが、ガウタマシッダールタやイエスの生き方は、少しずつ人類を平和主義に変えていると思います。
殺人や戦争の思いを抱く人は、殺人や戦争を実行してしまい、人々を不幸にしますが、彼らが人類の多数派になることは決してありません。
平和主義者は、自分の生き方に疑問を持つことなく、仮に殺人や戦争の被害に会うことがあっても平和主義で一生を終えることができれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国と日本の対立は深まるのか

S171122

アメリカが、中国は戦争で尖閣諸島をとろうとしていると言ったのに対し、中国は特に否定しないかもしれません。
尖閣諸島は中国の固有の領土と言ってきた手前、いまさらとりませんとは言わないでしょう。
戦争でとられるかもしれないということで、日本は防衛を強化しますから、軍事的対立は深まるでしょう。
戦争にはならないと思いますが、無益な対立が続きます。
双方損なことです。

一方で、経済交流などはやるでしょうから、国とはまことに矛盾だらけです。
シーチンピン中国主席としては、日本に弱みを見せたら自分の評価が下がるとの思いでしょう。

東アジアで中国と日本が国家権力争いを展開することは東アジアの人々にとって不幸なことです。
少なくとも尖閣諸島については中国が利権を追求しすぎで中国に非があります。
敗戦後、連合軍、さらにはアメリカが尖閣諸島を管理下においておいたので、他島返還と一緒にすんなりと日本に返還されました。
そして今日本の管理下にあります。
これは歴史的事実ですから中国は難癖をつけない方がいいと思います。
国連安保理常任理事国の名が廃ります。

あえて言うならば日本は、保持しているだけでなく、もっと有効に活用することを考えるべきです。
利用されていない近くの土地を見たら誰でもほしくなります。

中国の共産党一党独裁は永遠性がないと思います。
いつかは人々が勝ち、政治が民主化されると思います。
日本は無理をしないで、交流できる分野での交流を深めることが大事と思います。

戦前戦中の日本の戦争犯罪については、反省し、歴史認識を誤らないようにすべきです。
いろいろな数字については双方の専門家あるいは歴史家の調査研究が必要と思います。
しかし定性的には日本の戦争犯罪はひどかったと思います。
言い返せるような正義は一つもないと思います。
ほかの帝国主義国と同じことをしただけという言い方は、ほかの帝国主義国も悪いことをした訳ですから通用しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.21

アベノミクスによる景気を喜んでいて大丈夫か

S171121

経済評論家は金融分野の人が多いのでアベノミクスを歓迎する人が多く、現在は景気がいい、税収がいいと言って、財政改善より景気改善を重視すれば自然財政は改善すると主張しています。
まさにアベノミクス支持です。
しかし、この景気、いつまで続くでしょうか。

経済の根幹は、人々が生きるのに役立つもの・サービスの提供だと思います。
永続的な事業・仕事と思います。
マネーゲームではないと思います。
価格の変動を利用し売買差益をねらって証券がよく売買される、不動産でも生活や仕事に使わないのに資産運用の対象として売買されるなどは実経済ではありません。
マネーゲームが盛んな結果、景気のいい指数が出ても、税収が増えても経済好調とは言えません。

現在高い証券や高い不動産などを持っている人は、自分は大金持ちと思うかもしれませんが、証券や不動産などの価格は波です。
どこかで下がり、下がると持ち続ける資金力がなくなり、安くても売りますから、そこで大損した自分を発見します。
富は一部のマネーゲーム上手の投機家(マネーゲームをやる人を資本家とは言いません)と、胴元のような役割をする金融機関などに移転しています。
大半の人が大損します。
アベノミクスで貯蓄ゼロの人が大量に生まれる恐れがあります。

その時、投機を勧めてきた安倍晋三内閣や、安倍内閣のお先棒をかついだ経済評論家は何と言うでしょうか。
恐らく知らん顔でしょう。
資産運用は個人の責任と言うでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

ゲートボールは、老若男女、誰でもできる日本で開発されたチームプレースポーツ

S171119

社会人になってから趣味としてスポーツをやったことがありませんでしたが、老人になってから、健康、町の人々との交流などを考えて、73歳のとき、町のゲートボール(GB)部に入部しました。
部員はすべて私より年上で、部長は80過ぎの方でした。
部長は20年ぐらいGBをやってきたと言っていました。
上手な人は部長だけでした。
何があったのかわかりませんが、昔は大勢いたのにほとんどの人が消えてしまったそうです。
GBが大好きな90歳前後の方が数名残っていました。
そのほかの数名の方は1,2年前に入部した人で、打撃も作戦も私と同レベルでした。

レベルの低いチームでしたが、GB連合に登録しており、連合主催の地域の大会に出場していました。
私は入部早々出場させられました。
緊張して打撃ミスばかりしており、GBが楽しいとはまったく思いませんでした。
自分のミスでチームが負けたと思うような試合ばかりでした。
まずは打撃が上手になりたいと思って、家の絨毯をしいた8畳の部屋で3mの距離でボールにあてる(タッチする)練習を毎日行いました。

新人の中では多少上手に思われたのか、74歳になると部長から、自分は歳だから部長をやってくれと頼まれました。
1,2年でも先輩がいたのでお断りしたのですが、部長の命令で私が新部長かつ主将になりました。

地域のほかのチームの主将はみな上手な人ばかりでした。
私のチームは下手な主将で大変なことになったと思いました。

これではいけないと思って、74歳のとき、連合主催の地域のGB教室に入学しました。
教室には4コートあって、初級、中級下、中級上、上級に分れていました。
当然のことながら私は初級のコートで指導を受けました。
1年たつと、技能試験があって75歳で中級下に入ることができました。
76歳で中級上に入ることができました。
そして、今年、77歳で上級に入ることができました。
上級の指導者は、私について打撃がなっていない、作戦がなっていないと厳しい評価ですが、何とか主将の仕事ができるようになったと思います。

隣の地域に全国大会に出場するほどの強いチームがあり、私の町の近くで練習しているので、さらに主将の仕事を学ぶべく、今年の後半から週1回練習試合に参加させてもらっています。
このチームの正式の試合には参加できませんが、チームの練習試合には10名必要ですので、メンバーがそろうと言って歓迎されました。
隣の地域でもGB人口は減っているようです。
このチームの主将は、私の地域の教室の上級の騒がしい指導者とまったく違っていて、大変物静かです。
私語、私見を戒め、主将の指示に従うように言い、うまく打つと、いいです、うまく打たないと、大丈夫です、と言うだけです。
静かに試合が展開するので、落ち着いてボールの動き、止まった位置、ほかのボールの位置を観察することができます。
叱られると思考力がなくなり、何が何だかわからなくなりますが、冷静でいられると主将の指示の意味がわかりやすくなります。
作戦の勉強がよくできます。

GBはやればやるほどむずかしさを感じます。
今年は、自分の能力の限界を感じて、GBをやめることまで考えましたが、忍耐して乗り越えないと明日がないと思って続けています。
すると、続けていてよかったと思うようなことがおこります。
わかったと思うようなことがおこります。

老人でも、よく考え、工夫し、実行し続ければ進歩はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.18

子供の養教育無償化の問題点

S171118

現在の安倍晋三内閣の政治を見ていると、安倍内閣の考えに従えと言われているような気がします。
従わないとお金を上げないと言われているような気がします。

在日アメリカ軍基地問題では沖縄県は安倍内閣にしぶとく抵抗しています。
すると安倍内閣は、露骨に交付金などを減らして制裁します。

子供の養教育無償化ということになると、安倍内閣は、お金を出すのは政府だと言って、親に代わって、あるいは先生に代わって政府の息がかかった人が養教育指導を行うのではないでしょうか。
例の森友学園のように、‌神道を重視せよ、教育勅語を暗唱せよ、日の丸を掲げ、君が代を歌え、靖国神社を崇拝し、戦争を恐れず、国のために命をささげる軍人になれ、企業も個人も国のために働け、貧困に耐えよ、・・・。
最後は、安倍内閣を批判する者は刑務所となるかもしれません。

養教育のお金がないと政府に泣きつくような弱々しい親になると、政府に自由、独立、人権、人命を軽視されると思います。
お金ぐらい自分で稼ぐ事業家・仕事人になるべきです。
老後は年金で生活してもいいですが、老後の生活費ぐらい自分で貯蓄すべきです。
自由と独立を重視する個人であるべきです。

それでも生活できない人がいたら政府が支援するというのが健全国だと思います。

人々の政府依存心が強いようでは国は滅びます。
安倍内閣は信用のない国債を発行して、銀行経由日銀に買ってもらい、お金をつくっています。
狐みたいです。
危険な行動です。
その安倍内閣がいいという人々は弱々しすぎです。

実質破綻している政府が、子供の養教育無償化などというのは信用できるお話しではありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.16

軍事力重視国の運命

S171116

現在アメリカはイスラム圏の民主化を進める正義の国を演じていますが、これは偽善で、軍事力と経済力を使って利権を追求してきました。
その結果、イスラム圏には一般の‭人々の間に反アメリカ感情が育ち、反アメリカのイスラム過激派が育ちました。
すでに2000年前から始まったアメリカという過激国と、イスラム過激派の戦争はいつ止むかわからなくなりました。

特にイスラム圏ではアメリカ人は軍人でなくても危険です。
経済活動に従事するアメリカ人も危険です。
したがって否応なしにイスラム圏でのアメリカの利権追及は困難になっています。
普通の経済交流まで不自由です。

アメリカ人はやがて軍人もイスラム圏から撤退することになるのではないでしょうか。

私達はアメリカの経験から、軍事力と経済力を使った外国における利権の追及は、結局、外国の人々の感情を害し、当面は外国政府とうまくやって利権を得たとしても、最後は人々の反発で利権を失うことになるということです。
世界一強大な国でも失敗します。

戦後のアメリカの行動は帝国主義であったと思います。
ヨーロッパ諸国の帝国主義が次から次へと失敗に終わる中、性懲りもなくアメリカが帝国主義を続けた訳ですが、ヨーロッパ諸国と同じ運命です。

ところが、本当に性懲りもなくと思いますが、軍事力と経済力をつけた中国が帝国主義的動きを示し始めました。

どうやら強大な軍事力を持つとどんな国も帝国主義的動きを示すということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

原子力利用を推進する政府は放射能の危険性を軽視しやすい

S171115

2011年3月11日の大地震で大被害を受けた東北地方太平洋側の人々を救援すべく、万人規模のアメリカ軍人が被害現場にかけつけたりしてくれました。
アメリカは「トモダチ作戦」と名付けました。
ところが不運なことに東北地方の東(ひがし)海上に展開したアメリカ軍艦の方に東京電力福島第一原発でおこった水素爆発により生じた放射性物質を含む気流(放射性プルーム)が流れたようです。
軍艦は放射能を検知し、被曝したと思われる軍人の除染を行ったと言うのですが、その後、放射能障害ではないかと言って症状を訴える軍人が百人規模の数で現れました。
放射能障害で亡くなったのではないかと言われる軍人も現れました。

アメリカ政府の公式発表では被曝は放射能障害を起こすほどではなかったということですが、実際に軍人が除染を受けるまでどのような放射能環境に置かれていたかわかりません。

アメリカ政府にしても日本政府にしても原子力利用を推進しているので放射能の危険性を軽視する傾向があります。
その結果、実は多くの人が放射能を被曝して障害が出て苦しんでいるのではないでしょうか。

上記の軍人が被曝したことは、除染したということから事実であったことがわかります。
問題は軍人が放射能環境であることをすぐ知らされたかどうかです。
あるいは放射能検知が遅れたということはないでしょうか。

アメリカ政府が真実を述べているかわかりません。
放射能障害ではないかと言って多くの軍人が苦しんでいる訳ですから、アメリカ政府はその苦しみに向き合う姿勢があっていいと思います。

日本政府は、アメリカ政府の見解を無視する訳にはいきませんが、救援にかけつけてくれた軍人が何か障害で苦しんでいる訳ですから、仮に放射能が原因でなくてもやはり軍人の苦しみに向き合うべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«お札や硬貨のいらない社会の方がいい