2018.11.21

社長の労働対価

S181121

通常会社は実力実績のある人が社長になります。
会社をつくった人が社長をやっている場合を除けば社長も普通の社員も担当する仕事が違うだけで労働者であることには変わりはありません。
言ってみれば社長は社員の代表と言えます。
社長の労働対価が比較的高いことは問題ないと思いますが、社長が報酬年20億円、平社員は数百万円というのは報酬格差があり過ぎです。
社長は次第に社員から遊離して権力者然として振る舞うでしょう。
まわりには社長に従順な人が集まって特権階級を形成するでしょう。
実力実績のある社員は労働意欲に燃えると思いますが、普通の社員は差別を強く感じ、労働意欲を失うでしょう。
やがて会社の社風が悪くなり、総合力が低下するでしょう。

日産でゴーン会長が報酬虚偽公表の不正で解任されることになりましたが、ゴーン会長の独裁的行動が日産幹部の怒りを買い、内部告発の原因になったようです。
幹部も彼の不正に巻き込まれていたようですが、我慢の限界をこえたということでしょう。
司法取引をしたと言われています。

預金金利も払うことができない大手不良銀行の頭取が年1億円以上の報酬をとっていますが、まさに悪徳頭取の見本です。
社長倫理に反します。
このような銀行に未来はないと思います。

社員の労働対価に差があってもいいのですが、大半の社員が納得するような範囲内の差でないと社風は悪化すると思います。
なお、最低労働対価が十分な水準であれば、社長の労働対価が非常に高くても社員からあまり文句は出ないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

日産のゴーン会長は欲深すぎて墓穴を掘った

S181119

大学時代に大学の仲間でお金を出し合って日産ダットサンの中古を買い、卒業するまでこの車でよくドライブに行きました。
当時は技術の日産と言われていましたので社会人になってからも信用して日産車を買ってきました。
しかし日産の経営がおかしくなってフランスのルノー傘下になり、ルノーからゴーン氏が来て日産の経営者となり、最初から9億円ぐらいの年間報酬をとったと聞いて賃金格差に呆れ、すっかり日産嫌いになりました。
当時ゴーン氏は9億円ぐらいの報酬は当然と言っていました。
日産の従業員は働くことが馬鹿々々しくなるのではないかと思いました。

しかし、収益ではトヨタにどんどん先に行かれましたが、日産は経営が改善したそうですからゴーン氏の経営はすぐれていたのでしょう。
日産の技術陣はよく頑張り、電気自動車では先行しました。
蓄電池が性能が低かったため1回の充電で走れる距離が短かったので、発電用のガソリンエンジンを搭載し、蓄電池に充電し、その電気で動く電気自動車を発売しましたがこれもすぐれたアイデアでした。

今回、ゴーン氏の公表報酬に虚偽があり、50億円ぐらい過少申告だったということで犯罪が問われました。
内部告発があったとのことですから、日産幹部はゴーン氏の欲深さに我慢ができなくなったのでしょう。
自分の経営能力におごり、欲深くなりすぎて墓穴を掘った感じがします。
残念な経営者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.19

人々の価値観も波打っている

S181119

私は戦後教育を受けて育った者ですが、自由平等平和という価値観は本当によかったと思っています。
非常に貧困な家庭(父は農家の次男)に育ちましたが、差別の原因になることはありませんでした。

人々の価値観も波があります。
現役の政治家はすべて私よりも若い人々ですが、彼らの価値観が古臭いので驚いています。
自由平等平和の反対のような価値観です。
私が全然価値があると思わないことを大事にします。
特に自民党の政治家に多いのですが、戦前復古の価値観が強いのは不可解です。
もっと自由に世界で羽ばたけばいいのに日本という国で、あるいは日本という国を利用して威張ることばかり考えています。
自民党支持率が30%以上、そのほかの政党は10%以下ということですから人々も戦前復古的です。

戦前復古的では戦中のような経験をして、結局行き詰まって1945年のような地獄を見るのではないでしょうか。
するとまた自由平等平和がいいという時代になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.17

動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択

S181116

戦争しなければ問題は解決しないと思う人が結構多いと思いますが、世界交流が普通になり、世界中どこでも平和主義者が多数派という現代では戦争ではやりようはない、平和ならばやりようがあると言っていいと思います。

概して自由に生きやすい生き方は事業家・仕事人として生きることだと思います。
政界は権力者と結びついた権力志向の人が大勢います。
まだまだ不自由な社会だと思います。
その点、事業家・仕事人は政治家に反抗的でなければ政治家も一目置きます。

事業家・仕事人が静かに人々のために政治を行う真の政治家を支援するならば権力者と結びついた政治家は、次第に基盤を失い、弱体化します。
事業家・仕事人として成功しても権力者にならないことが望ましい事業家・仕事人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

既存エネルギー会社に合理性近代性なし

S181109

東京ガスが発電事業に参入したことは望ましい動きだと思います。
都市ガス事業は炭素系燃料の使い方としてよくないと思います。
都市ガスに使っている炭素系燃料を発電に回した方がエネルギー事業の合理化になります。
しかし東京ガスの発電事業は中途半端です。
都市ガス事業に執着しながら、都市ガス事業の縮小を発電事業で補うという煮え切らない経営です。

東京電力が原発に執着するのは驚きです。
間違いなく東京電力は原発で破綻します。
原発事故や放射性廃棄物の処理処分で、今後採算性がありません。

東京電力が余剰炭素系燃料の使い道として都市ガス事業を選んだことはこれまた驚きです。
この会社には合理性、近代性がまったくありません。
溺れる者は藁をも掴むです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.03

虚偽、不正、詐欺が横行する世の中

S181103

子供の頃、親から、人を見たら泥棒と思えと教えられました。
戦後の貧乏な時代でしたが、二度も泥棒に入られました。
犯人は何と向いの家の人でした。

近年日本は虚偽、不正、詐欺が横行しています。
いつまでたっても犯罪がやみません。
反対に一段と巧妙になっているようです。

最近私はインターネットで自転車をクレジットカードで買いました。
注文サイトでは自転車を買うだけの記入を行いました。
自転車は無事届きました。

ところがその後半年ほどたって安心パック料なるものがクレジットカードで引き落とされました。
驚いて販売会社に問い合わせると、注文時、私は安心パックを注文したと言ってきました。
そんなことはしていないと言うと、注文サイトをよく見ろと言ってきました。
そこで注文サイトをよく見ると、何と下の方の画面から隠れた部分に安心パックが要らない人は黒丸をつけよとなっていました。
つけないと半年後から安心パック料月500円請求するとなっていました。

通常は安心パックを注文したい人は黒丸をつけよでしょう。
詐欺にあった気分でした。

安心パックの解約の手続きがまた非常に厄介な仕組みなっていて解約しにくくなっていました。

非常に不愉快な思いをしながら直ちに安心パックを解約し、この販売会社からは二度と自転車を買わないことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.02

イスラム世界に聖戦なし

S181102

イスラム世界で戦争が頻発していますが、アッラー(神)の名において戦争が行われていることは悲しいことです。
イスラム教が言う聖戦に相当する戦争はあるでしょうか。
すべてが権力者間の権力争いです。
彼らは神のために戦争していません。
神の名を使って戦争しているので罪は非常に重いと思います。

町は廃墟となり、一般の人々は難民となって戦争から逃げています。
逃げている間に大勢の人が死んでいます。
戦争している政府も反政府武装組織も非常に罪が重いと思います。
どちらの側も勝っても負けても勝負がつかなくてもいいことはないと思います。
神が下す罰から逃げることはできません。

戦争する者が神についてどのように想像しても、神は戦争罪に対しては必ず罰を下すからです。
神とはそういう存在だと思います。
いくら神の名を呼んでも神から見て罪を犯す者は神の罰を受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.01

政府に依存して事業・仕事をしていると危険

S181101

安倍晋三内閣が金融緩和を続けるのは政府の破綻を遅らせるためです。
来年消費税率を10%にするのも政府の破綻を遅らせるためです。
経済を拡大するためではありません。
社会保障を拡充するためでもありません。
金融緩和と消費税率引き上げは矛盾します。
金融緩和を続けても消費税率を引き上げれば経済は拡大しません。
社会保障を拡充する力がありません。

こんな矛盾を延々と続けていていったい政府はどうなるでしょうか。
否応なしに政府を合理化近代化しなければならない時が来ます。

そのとき人々はどのような行動を求められるでしょうか。
政府の助けなど当てになりません。
自分で生き残るしかないと思います。

人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を事業・仕事としている人が強いことは明白です。

安倍内閣は盛んに社会保障の拡充と言いますが、1000兆円規模の借金をかかえている政府がどっやって貧困層を助けると言うのでしょうか。
貧困層からも税金をとって政府の存続を考えることで精一杯です。
貧困層が拡大するだけでなく、貧困の度合いがひどくなると思います。

今は苦しくても、事業・仕事を政府からもらうのではなく、自分で企画することが大事と思います。
政府ではなく、自分や人々のことを考えて事業・仕事をするべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.31

独裁政治は永遠性がない

S181031

軍・警察を使って政権を維持している独裁者・組織がありますが、自分のために政治をやることになり、人々のためになる政治はやらないと思います。
したがって独裁制はある程度まではいい政治をやることはありますが、最後は自分のためになり、人々のためになりません。

ほとんどの人々は軍・警察に対抗できる力を持ちませんから独裁者・組織の政治に我慢することになります。
しかし、独裁者・組織に激しい怒りを感じると、力で反抗する人が現れます。
組織をつくって反抗する人も現れます。
力で反抗しないまでも非協力になる人は無数です。
独裁制の国は長い目で見ると次第に国力を失い、独裁者・組織も衰退します。

いつかは民主化が実現します。
民主政治は永遠性があります。

東アジアでは中国、朝鮮(北)が独裁制ですが、これらの国が大いに発展することはありません。
中国がアメリカに代わって繁栄するというお話しがありますが、独裁制の中国の繁栄は限界があります。

独裁制の国に対し民主主義国が経済制裁すること、戦争することなどは不法です。
これらの国の民主主義者・組織を支援する程度にとどめ、忍耐強く民主化を待つべきです。
国連の権限が強くなり、独裁制の国の不法を取り締まるようになることは期待できません。

ところで日本ですが、今は民主主義国ですが、近年、国家主義的傾向が強まっています。
人々が生活する自信を失い政府依存心を強めていることが原因と思います。
政府は威張って借金しながら金融緩和策を続けていますが、すでに借金残高は1000兆円規模です。
大赤字の政府が人々を守ることができるでしょうか。
人々が政府にぶらさがれば政府が倒れることは当然のことです。
すると人々も倒れます。

人々は政府の実情をよく知り、政府に依存せず、自分が事業家・仕事人となって生き残るべきです。
こうしないと民主主義が守れません。
今のままでは戦前戦中の二の舞で、政府も人々も滅びます。
政府が馬鹿なことばかりやるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.25

価格の上昇をてこにして石油の消費を減らすと考えよう

アメリカのイラン制裁が原因でしょうか石油供給が減っているようで石油価格が上がっています。
全体で見れば石油の消費が減ることはいいことですが、石油価格の上昇で経済危機に陥る国もあるのではないでしょうか。

日本は経済が横這いです。
石油価格の上昇は日本経済にとって厳しいと思います。
石油価格の上昇をてこにして省石油・脱石油を精力的に進めることが大事です。

プラスチック包装、プラスチック容器が異常に普及していますが、再生紙を利用した紙包装、紙容器への代替を進めるといいと思います。
紙を表面加工して気密性、水密性を持たせる技術はかなり高度に発達しています。
プラスチック成型品は廃プラを再生してつくるといいと思います。

エネルギーは太陽光発電などを利用して火力発電を大幅に減らすことが大事です。
住宅や工場の屋根などは太陽光発電機能をもった屋根を標準にするといいと思います。
火力発電は太陽光発電などの発電量のむらをなくす補助に使うといいと思います。

住宅への都市ガス供給はやめ、ガス器具の使用はやめるといいと思います。
自動車はすべて電気自動車にするといいと思います。

航空機や船舶は大幅に減らすといいと思います。
そのためには世界の裏側に行くとか、世界の裏側からものを輸入するようなことはやめ、自分の居住地で幸福に生活する工夫努力をするといいと思います。
世界を駆け巡るのは人やものではなく、情報ということでいいと思います。

戦争は犯罪です。
不戦を一般化すれば防衛力とか軍事力は不要になります。
石油の消費量を大幅に減らせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«死後も魂は存在するとの考えの評価