2018.02.18

産業の整理がおこる

人口減少、老人割合増加、労働人口減少が続いています。

会社が労働対価を上げる動きです。
労働力が不足しているからです。
会社間で労働力の奪い合いが激しくなります。

無理して高い労働対価を払って破綻する会社、高い労働対価を払えず、労働力不足で破綻する会社が増えます。

産業の整理が起こります。
政府も人々も予想外の大きな変化がおこります。
経済成長どころか、経済縮小の恐れが大です。

安全維持のため絶対必要な労働力を確保できない事態がおこります。
維持不良による事故が多発します。
この事故も産業を整理する原因になります。

老人が安い労働力として募集されるかもしれません。
しかし老人労働は、もの・サービスの質を低下させるかもしれません。
産業構造変化に伴う大混乱を多少緩和することに老人は貢献するでしょう。

合理化、省力化、機械化、IT・AI活用が重要です。
維持しにくいものは整理されるでしょう。
大きいことはいいことという価値観がいまだに生きていますが、つくったはいいが維持不能では大きいものは大損です。
労働力不足が価値観を大きく変えるでしょう。

人々が生きるのに必要のもの・サービスを提供しているにもかかわらず、人々から高く買ってもらえず、破綻する会社も出ると思います。
しかし必要なもの・サービスが不足になると人々が驚きます。
高くても買わざるをえなくなります。
人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を事業としている人は、生き残るため忍耐と工夫努力が重要です。

政治はどうなるでしょうか。
政府の仕事の合理化近代化が遅れ、人々の重荷になるでしょう。
大借金をかかえている政府が人々のためになることはありません。
政府が破綻し、円の価値が紙切れになるような大混乱が起こる恐れがあります。

安倍晋三内閣はまったく役に立たないと思います。
問題解決能力がありません。
安倍氏に限らず、現在の政治家は保守で、問題に取り組む自由の精神を欠いています。
過去のしがらみで不自由です。
生き生きしていません。

生きるための人々の工夫努力が重要になります。
個人の工夫努力、いろいろな単位の社会の工夫努力が重要になります。

新政府づくり、新通貨づくりが必要な時代が近づいていると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.15

無力な新聞テレビ

新聞テレビが日本がかかえる深刻な問題を取り上げようとしない理由は何でしょうか。
新聞テレビ自身が破綻しそうな弱々しい状態にあるため、自由に記事を書く自由を失っていると思います。
残念ながら日本の流れは悪い流れですが、新聞テレビはその流れに乗っていないと存在しえない状態ではないでしょうか。

新聞テレビが悪い流れに乗っていると、個人にとって新聞テレビに同調した生き方は危険です。
新聞テレビを読まない、見ない生き方は、個人にとって自由を取り戻すいい方法ではないでしょうか。

何とか流れから出ないことには流れがわかりません。
流れがいいか悪いかもわかりません。

流れの横に出るのが一番流れから出やすい方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

唯一のテロ対策は政治の改善

新兵器の普及は国だけでなく、反政府武装組織にも及んでいます。
政治がよくない国では反政府武装組織を支援する人、組織に入る人が現れて、組織は最新兵器を買うことができます。
反政府武装組織でも政府の超音速戦闘機を撃墜できます。
組織が地下組織であると、撲滅は容易ではありません。

反政府武装組織が入手できる兵器が高度化すると、政府は戦争という方法では簡単に反政府武装組織に勝てません。
戦争が激化し、国が荒廃します。

政府がとるべき唯一の対策は政治を改善し、反政府武装組織が誕生・成長しないようにすることです。
政府に怒って反政府武装組織を支援する人、組織に入る人がいなくなればいい訳です。

‭人々のことを考えない政治をやっている国は、外国の攻撃ではなく、反政府武装組織の攻撃で荒廃します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

安倍晋三内閣では日本の難問解決は無理

事故原発からの放射能漏洩・汚染がとまっていません。
新たな大規模放射能漏洩・汚染の恐れが消えていません。
戦争の不安が消えていません。
攻撃されると言って安倍内閣は地下鉄に逃げる訓練や家に閉じこもる訓練をやれと言っています。
政府破綻の恐れが消えていません。
政府の借金残高が増え続けています。
貧困層が拡大しています。
安倍内閣以前と比較すると個人の経済水準は10%規模で低下しました。
(注)所得が減った上に、円安で円の資産価値が大幅に下がったことが痛手でした。

これまでの実績から判断すると安倍内閣はこれらの難問を解決することが不可能です。
内閣総辞職を求める運動をおこすべきと思います。
アベノミクスによる経済成長を待っていても経済成長は実現しません。
朝鮮(北)制裁で核兵器問題が解決することはありません。

そろそろ人々は安倍内閣の無能を見抜くべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

安倍晋三総理は無力

安倍総理はピョンチャンに行ってムンジェイン韓国大統領と会いました。
慰安婦問題、朝鮮(北)に対する制裁について、合意を守れと言ったようですが、話し合いにならなかったようです。
安倍総理は暗い顔をし、ムンジェイン大統領は明るい顔をしていました。

韓国も朝鮮も話し合いにならないと日本を無視するでしょう。

中国やロシアも、日本との経済交流は重視してくれるが、政治的には圧力を加える側です。
日本はアメリカ側に押しやられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.08

役に立たない防衛機器

佐賀県で民家に墜落した攻撃型ヘリは日本に十数機あるそうです。
大砲、戦車もそうですが、これらの武器は日本の防衛に役立つでしょうか。

使い道があるとすれば日本に反政府武装組織が誕生して、地上組織として自衛隊と戦争する時ではないでしょうか。
もしそんな組織が日本に育つようなら政府の信用はゼロです。

大砲、戦車、攻撃型ヘリは税金の無駄使いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

天皇家の人々は苦悩している

天皇家の人々の不自由を見ていると、天皇家って将来どうなるのかと思います。
もう少し自由を与えた方がいいのではないでしょうか。
伝統文化を大切にすることはいいですが、天皇家に生まれたという理由だけで生き雛(びな)であれというのは天皇家の人々の人権軽視ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.05

風情を楽しむことが少なくなった

昔は京都には泊まって風情を楽しむことができた旅館が数多くありました。
私は美しい内庭を囲むように部屋が配置された和風の旅館を好みました。

大阪万博が企画されると京都の旅館は一変しました。
旅館経営者は収益主義となり、収容能力を上げるため、コンクリートの箱モノホテルに立て替えたところが続出しました。
歴史的な内庭は何の惜しげもなく破壊され、地ならしされ、その上にコンクリートの箱モノができました。
従業員は昔の旅館の経験知識のない普通の人がなりました。
食事は食堂でするようになりました。

これは京都の旅館ではないと思いました。

旅館経営だけでなく、何でもそうですが収益主義は風情を殺します。
現代日本はそれほど貧困と思わないのですが、どうして都市づくりに風情がないのでしょうか。
戦後のアメリカ流資本主義が、日本人の価値観を変えてしまい、都市部をマンハッタンにしてしまいました。

少し価値観を変え、風情を楽しむような心のゆとりを持つと、収益主義でなくても生き方がゆったりとしたものになり、予想外にお金まで豊かになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

業績が悪い銀行は預金者のことを考えていない

そもそも円預金の金利実質ゼロの銀行は実質破綻しています。
経営力ゼロです。

こんな銀行が円預金は金利が実質ゼロだからと言って金利が高い外貨預金を勧めます。
しかし外貨預金は為替レートが大幅に変動しますから普通の人にはむずかしい預金です。
いくら金利が高くても外貨が大幅に安くなったら大損ということになります。
為替レートを短期、中期、長期にわたって調べていない普通の人は手を出すべきではないと思います。

今普通の人に平気で外貨預金を勧める銀行は自滅の道を歩んでいると思います。
預金者のことを考えていません。
信用を落とすことになります。

1980年代、銀行は健全な産業投資を軽視し、不動産バブルに資金を提供し、1990年頃のバブル破裂で大失敗しました。
経営力を失った銀行は政府に助けてもらう立場になり、次いで利用される立場になりました。
政府は国債の買い手として銀行を操りました。
国債金利は実質ゼロでした。
政府に抵抗できる銀行はありませんでした。

銀行は経営力を失ったまま今日に至りました。
銀行は保有国債で身動きができませんでした。

そこで安倍晋三内閣と黒田東彦日銀は、銀行保有国債を日銀が買い上げる大胆な策を打ち出しました。
ところが自由に動かせる大量の円を手にすることができたが、銀行は、その円でどうやって稼ぐかすでに知識を失っていました。
こわいので日銀に預金しました。
これでは意味がないと日銀はマイナス金利を導入し、銀行が投資、融資にお金を使うように誘導しました。

銀行はどこにお金を使ったでしょうか。
健全な産業育成に投資、融資したでしょうか。
経営力を失っていた銀行は、またまたバブルに手を貸してしまったという情報が流れています。

今観察されているバブルは、株バブル、不動産バブル、外貨バブルです。
こわいお話しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

「心の旅紀行」の最終章を書くことになるかもしれない

子供の頃は病気ばかりしていました。
食料不足が原因だったと思います。
食料事情が改善するとあまり病気をすることがなくなりました。

60歳前後で盲腸炎や大腸直腸がんで続けて入院したときは、会社での仕事の疲れがどっと出たと感じました。
医者からがんが転移している恐れがあるから異変を感じたらすぐ病院に来るようにと言われたので、70歳ぐらいまではがん再発を恐れながら、それでも国際交流ボランティア活動などをやっていました。
意外に体調がよかったので森林ボランティア活動もやりました。

80歳ぐらいで死ぬだろうと思って、最後の10年間の生き様を考え、町の仕事に注力することにしました。
防災から入り、問題解決に取り組むことを主に手掛けました。
防災ボランティアグループを編制し、消火栓を使った町の消火機能を高めることに成功しました。
助け合いをやりやすくするため、道路をはさんで向かい合った家からなる15軒ぐらいの近所を助け合いの単位としました。
消火訓練、災害時安否確認訓練などをこの単位で行うようにしました。
草茫々の町中の公園を雑草のない美しい公園に戻しました。
夏祭りや、文化祭の企画実行に協力しました。
町の遊びではゲートボール部の運営に力を入れてきました。

ところが、もうすぐ78歳、どうも疲れがたまってしまったようです。
昨年末、喉が荒れていると感じました。
すぐ治るだろうと思っていました。
全然治りません。
1月22日大雪が降りました。
23日、別に体力に異常はなかったので朝から1日中町中の道路の除雪をやりました。
足腰はまったく問題ありませんでした。
しかし喉の荒れがひどくなってきました。
咳き込むようになりました。

体力がありましたので26日に公園の広場の凍結した雪を取り除きました。
これを除かないとゲートボールをすることができません。
29日にみんなとゲートボールをやりましたが、咳き込みがますますひどくなりました。

30日からは完全にダウンです。
咳き込み、痰、胸痛で死ぬ思いです。
胸痛が収まるとまだ生きるのかなと思います。
再発するとやはり駄目かと思います。
町の仕事、町の遊びもできません。

改めて老化した顔つき、痩せ細った体つき、潤いのないしわしわの肌を見て愕然としています。
筋肉にも異変が生じています。
たとえば急速に指の曲がりが悪くなっています。
曲がらない、曲がると戻らない、思うようにならない指です。

最近は変な夢をよく見ます。
こんなことは潜在意識の中にもないだろうと思うようなことを生々しく見ます。
別に悪夢ではないのですが、変な夢です。
脳の中まで異変が起こっているようです。

死ぬことも忘れて町の仕事に注力してきましたが、どうやら最後の生き様を考えた方がいいようです。

このブログは「心の旅紀行」です。
人生最後の思いを書き出しながら生きるのも楽しいことだと思います。


私が一番重要と思っている知識が、人生は精神本体と自我の二人三脚です。
人の精神構造は、人になる前の大昔から連綿と発達してきた精神本体と、人になってから発達してきた自我からなります。
自我は思考しますから誰でも気付く精神です。
心理学では潜在意識という概念がありますが、これは自我の意識と思います。
精神本体の活動はまず自我にはわかりません。
ほとんどの人が自我の力を自分の力と思います。
実は自我の実行力は、精神本体の助けを受けています。
精神本体は自我を助けています。

人が生きるために自我がある、あるいは自我が発達したから人は生きている、精神本体だけだったら動物的に生きているということだと思います。
人は、精神本体と自我の協力に基づいて生きています。

精神本体は、人がウイルスのような状態から数千万年、数億年、もしかすると数十億年、人を生かしてきた精神です。
人が今生きているということはものすごい生命力が人に働いてきた証拠です。

精神本体は神仏と思って間違いないと思います。
精神本体は人の命です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«専業主婦は事業力・仕事力がない