2022.08.10

不安の時代が続き、人口減少は続く

Photo_20220810092101

人口1億3千万人時代が去り、今は1億2千万人です。失業率は低いのですが、所得が少なく、人生が不安という若者が増えています。会社経営者が収益重視で、安価な労働力を使うことを重視するので若者の職業が安定しません。若者は自分が生きることで精一杯で、結婚する、子供を育てると考える余裕がなくなっています。

一方で、個人主義が発達して自己主張する若者が増え、共感を持つ男女の組み合わせが減っています。ちょっとデートすると、この人とは家庭生活は無理と思うようです。男女差別が残っており、男性が考えるあるべき女性の生き方と、女性が考えるあるべき男性の生き方に相違があります。理想的でなくてもいいと考える若者が減っています。結婚を決心できません。

世の中、男女関係がうまく行かない、家庭がうまく行かない、子の養育がうまく行かないという情報がいっぱいです。独身の方が自由でいいと考える人が増えつつあります。独身者は多い、独身でも生きることができる、結婚しなくても生きていくことができるという雰囲気があります。

現代は非人間化という現象がおこっています。

落ちるところまで落ち、新しい男女関係に関する男女共通の考えが育ってきて、結婚がいいという価値観が定着し、また人口が増える時代が来るのでしょう。

どこまで人口は落ち込むでしょうか。1億人以下になるかもしれません。かつては日本の食料生産力で6千万人生きることができると言われていましたが、技術のおかげで日本の生産力だけで1億人ぐらい生きることは可能になると思います。もちろん技術改善・革新は必要です。今食べていない生物の栽培・養殖・餌料化・可食化、組織培養による工業生産など開発可能な技術は無限です。

しかし人口過剰は、非人間化の原因になり、再び人口減少がおこります。日本の適正人口は1億人以下ではないでしょうか。今の東京の生活は非人間的に思えます。やはり美しい自然の中でゆとりをもって生きることが人間的ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2022.08.09

太陽エネルギー利用に関する東京都の企画を応援する

東京都内には100以上の発電所があるそうですが、ほとんどが清掃工場のバイオマス発電所など小規模なもので、比較的大きい発電所は東京電力の品川火力発電所(1140MW)だけだそうです。外部からの送電が止まれば東京はブラックアウトです。人口が多いだけに停電被害は巨大になります。自家発を持っている会社は多いと思いますが、自家消費ですから他人に分ける余裕はありません。

そこで東京都は太陽光発電パネルの設置を新築の建物について義務化することで太陽エネルギー利用を飛躍的に増やしたいとの構想をもち、かなり企画をつめてきたようです。大半の人々は賛成ですが、反対も多く、実行は決まっていないそうです。

私は横浜人ですが、東京都を応援します。神奈川県は設備を共同購入することで割引価格で個人が購入できる仕組みを設け、太陽光発電パネルの普及を図っていますが、新築の建物に義務化する構想は出ていません。

太陽光発電機能付き屋根・壁を標準仕様とし、行政は補助金を出して普及促進をはかるといいと思います。ことエネルギー問題は高コストを恐れてはいけないと思います。ほかを節約してでも太陽エネルギー利用を拡大すべきと思います。住宅デザイナーは、黒系の屋根・壁をどう使えば美しい住宅になるか競争して工夫するといいと思います。

乗用車も太陽光発電機能付きパネル使用を標準にするといいと思います。土日しか乗らない人は、乗用車を太陽光のあたる屋根なし駐車場に置いておけば充電は十分になるかもしれません。

日本を太陽エネルギー利用社会にする。ロマンのある大企画です。炭酸ガス、放射性廃棄物の排出がなくなり、一方で緑化が進み、大気中の炭酸ガスが減るならばすごいことだと思います。戦争より熱くなれるロマンだと思います。

なお、これでも日本はエネルギー不足に悩まされると思います。太陽光発電に適した海外に投資して、エネルギー輸入をする必要があると思います。昔、赤道付近の海は、年中無風で浮船構造の人工島建設に適していると聞いたことがあります。世界共同プロジェクトで世界にエネルギーを供給する海上太陽光発電工場を建設することが可能かもしれません。

| | コメント (0)

岸田文雄総理は核兵器をなくすと言うが、行動がない

広島に続いて長崎の平和記念式典に臨み、岸田総理は挨拶したが、挨拶の内容は広島と同じで、心のこもった挨拶ではありませんでした。

彼は核不拡散条約が重要と言ったが、核兵器禁止条約の方がはるかに重要だと思います。どうして、核兵器をなくすと言うのに核兵器禁止条約を批准できないのでしょうか。

中国、朝鮮(北)、ロシアの脅威を感じ、あるいはアメリカとの同盟に配慮してアメリカの核の傘はいらないと言えないからです。言えないどころか、アメリカの核の傘の下にいたいと言うのですから核兵器は有用と言っているに等しいと思います。

岸田総理は言行不一致です。歴代総理と同様、核兵器をなくす工夫努力はしません。明日内閣を改造するそうですが、新内閣も世界平和づくりは何もできないでしょう。

| | コメント (0)

自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる

岸田文雄自民党総裁、茂木敏充自民党幹事長は、まだ言い方があいまいだが、原則、自民党は連合との関係を断つとの方針を示しました。これまで連合と関係があった政治家を処分するとは言わないが、要職には起用しないということでしょう。

この原則にしたがって岸田総理は8月10日内閣の人事を行うようです。岸信夫防衛相は平然と連合との関係を述べてきましたが、人々の批判を買い、岸田総理は、政治の障害になると思い、彼を解任するそうです。彼は杖をついて歩いていることが表向きの理由になっているが、連合との関係が問題になったことは明白です。(注)岸防衛相は連合との関係が問題とはまったく思っていなかったようで、人々の批判が非常に強いので驚いたようです。狭い世界(家族の世界)に生きてきた政治家でした。

自民党と連合との関係は岸信介元総理、安倍晋太郎元自民党幹事長、安倍晋三元総理の祖父、父、子三代が深めてきました。彼らは自分の権力強化に連合の選挙力を利用してきました。連合は、自民党で世間での信用を高め、自分の勢力拡大に利用してきました。連合は思い上がり、自民党以外の政党にも触手を伸ばしてきました。政治家を利用して連合発展を実現してきました。選挙に弱い政治家を利用することは容易だったでしょう。

今回の岸田総裁の連合を捨てる方針は、人々の批判を背景に実行されるでしょう。自民党以外の政党の関係政治家も人々の批判にさらされていますから政治活動の自由を失い、政治力を失うでしょう。

連合の悪徳集金も人々の批判を背景に実行が困難になるでしょう。被害者は、裁判を起こしやすくなり、救済が進展するでしょう。日本の信者の献金が連合の金庫を潤すような状態は終わり、連合の衰退が顕著になるでしょう。韓国にある壮麗な連合本山の建物群は、歴史遺産になることなく、廃墟になるでしょう。

なお、自民党と創価学会の関係も問題になってきました。創価学会の政治団体である公明党は、自民党を助けることで党勢拡大をはかり、さらに創価学会の発展をはかってきました。常に国土交通相のポストを公明党に配分してもらい、この人事が固定化していることは異常の証拠です。

日本はもっと政教分離の重要性を学ぶべきと思います。イスラム諸国の政治の遅れはイスラム教系宗教団体が深く政治に関係していることが原因です。このイスラム諸国でも緩やかに政教分離が進んでいます。そうしないと政治が安定しないからです。

| | コメント (0)

2022.08.05

世界平和統一家庭連合と関係した政治家の反省の弁が目立ち始めた

茂木敏充自民党幹事長が、自民党は連合と関係ない、連合と関係している政治家は縁を切れと言っているし、マスコミの追求は厳しいし、やがて国会で野党から厳しい追及を受けるし、あれやこれやで、のらりくらりでは政治家人生暗いと思ったようで、反省すると口にする政治家が増えています。

政界では赦されても次の選挙で赦されるかはわかりません。連合と関係した事実は政治家の信用を落としました。信用失墜はその政治生命を奪うと思います。

自民党あるいは政治家の支援を失った連合(日本教会)は、多くの被害者から裁判を起こされ、賠償を強いられ、やはり信用を失って宗教法人の資格を失うかもしれません。また名称を変え、任意団体として活動を続けることになるかもしれません。

連合の犯罪、自民党などの犯罪が明るみに出たことで宗教界の浄化、政界の浄化がちょっと進んでいます。しかし宗教界、政界の腐敗は非常に深いのではないかと思います。まだ腐敗菌はうようよいると思います。否、腐敗菌に免疫を持っている人が増えることが肝心だと思います。

宗教から迷信を除去し、政治から、国会議員になるためには不法不道徳な支持団体も利用する不法不道徳を除去しましょう。

安倍晋三元総理の国葬はやめ、安倍元総理の不法不道徳を詳細に調べ、公表することは、政治改善に有効と思います。事実をうやむやにすることが一番政治に悪いことだと思います。亡くなった人を罰しないという価値観があります。亡くなったのですから罰することは不可能です。当人は何をされても何も感じません。遺族が苦悩するという問題はあります。しかし政治の改善のためには安倍元総理の不法不道徳は公にされるべきと思います。

| | コメント (0)

2022.08.04

私の町では創価学会会員が長い間民生委員をやっていた

福祉分野で町のボランティアとして活動してきた女性で、私の娘家族が、統合失調症になってしまった隣家の人から夜昼なく大声で中傷を受けて悩んでいた時、彼女は、区の福祉保健センターと共同して隣家の人を専門医にみてもらうように手配し、見事に成功し、隣家の人の症状が改善し、中傷はなくなり、娘家族に平安が戻ったということがありました。一生懸命民生委員の仕事に取り組んだ人でした。

彼女は民生委員という立場を利用して人を創価学会に勧誘したことはないようでした。しかし創価学会の会員であることは隠さず、自分の家の塀に箱をつけ、聖教新聞を箱に入れ、読みたい人は自由に持って行っていいようにしていました。自分から創価学会に入りたいと言ってきた人には案内したと思います。しかし彼女を通して入会した町の人のうわさを聞いたことはありません。

私も防災、夏祭り、公園分野の町のボランティアでしたので彼女とお話をすることが多かったのですが、彼女から創価学会の勧誘を受けたことはありません。生き方、町の在り方などで話し合ったとき、「意見が合ってよかった」という言葉を何度も聞きました。意見が合わないことを心配している風でした。ちょっと確信的なものの言い方をする人だったの反対されることもあったのではないでしょうか。私も何度かその認識は違うと思うと彼女に言ったことはあります。

彼女と私は、どちらも価値観の違いを感じていたようで、残念ながら友人にはなっていません。

現在、彼女は民生委員は引退して町の社会福祉協議会会長を務めています。協議会はいろいろとサービスを企画実行していますが、サービスの継続拡充に苦労しているようです。

| | コメント (0)

2022.08.02

年金は減額になったが物価は大幅に上昇

年金の物価スライド制は信用できないようです。年金で老後を楽しく暮らせる時代は終わるでしょう。年金者は大幅な節約が必要です。

脱炭素の流れ、世界的異常気象、新型コロナウイルス禍、アメリカ・ヨーロッパと中国・ロシアの対立の激化、供給の乱れ・縮小、円安などが原因で日本はこれまでの金融緩和が裏目に出て不景気の嵐になりそうです。

すでに企業は合理化に入っており、失業率が高くなるでしょう。

最低賃金31円上げ(3.3%上げ)は、過去最高だそうですが、物価上昇率は10%以上でしょう。賃上げが物価上昇に追いつきません。貧困層拡大が加速すると思います。

岸田文雄内閣は、中国やロシアの脅威を強調して、防衛力・アメリカとの同盟強化、自衛隊を明記する憲法改正を主張しますが、頓珍漢です。戦争より生産が重要です。技術開発と国内生産が重要です。今労働対価が低くても、現在・未来、人々が生きるのに必要なモノ・サービスの提供が重要です。国内生産は失業率を下げます。輸入物価が上がっているものについて国内生産を考えると事業企画がやりやすいと思います。

食料とエネルギーは非常に重要と思います。今収益性がなくても投資は未来の安心になります。必要度の低いもの・サービスへの投資を下げ、必要度の高い食料とネルギーへの投資を増やすといいと思います。

| | コメント (0)

2022.07.30

日本人が霊感商法にかかりやすい原因

宗教あるいは宗教団体の教えが迷信かどうか判断することは容易ではありません。苦悩・苦境状態に陥るとすぐ宗教を考える傾向がありますが、宗教以外の学問が発達していないと人々は宗教に依存しやすいと思います。

一番平気で迷信を教えているのは仏教(経典や僧)ではないでしょうか。僧は昔の経典に基づいて因果応報を説き、現実だけでなく、自分が経験したことがない天国地獄の話までし、功徳による苦悩・苦境からの解放を教えます。功徳の中に巧みにお金を使わせる功徳が盛り込まれています。健全な功徳の中にそれとなくお金を使わせる功徳が入っていると信仰で無我の状態になっている信者は思考力を失っていますから迷信による集金と気付きません。大切な功徳と思い込んでしまいます。

韓国人より日本人の方が霊感商法などの犠牲になりやすいのは仏教の迷信の結果だと思います。

老人夫婦が住んでいました。夫はカトリック信者でした。妻は技術系大学を出た無宗教者でした。夫が先に亡くなりました。すると妻は、夫の信仰にまったく配慮せず、近所の仏教寺にお葬式をお願いし、お墓、仏壇などをつくりました。口では無宗教と言っていましたが、仏教の迷信がちゃんと心を支配していました。

別の老夫婦でもまったく同じことが起こりました。夫はプロテスタントの信者でした。妻は、無宗教でした。夫が先に亡くなりました。やはり夫の信仰を無視し、夫の本家筋の長老風の人の強烈な説得で本家筋の仏教寺で大規模なお葬式を行い、お墓、仏壇などをつくりました。しめて1000万円ぐらいお金を使ったそうです。

自分は無宗教、無神論者と言っても仏教が人の心を支配していることがわかります。無宗教、無神論者と言っても深い学問あるいは信念で裏打ちされていなければ迷信に振り回される自分があります。

| | コメント (0)

2022.07.28

自分以外の人を批判することは問題ないが、批判に毒されて生き生きと生きる自由を失ってはいけない

安倍晋三元総理を殺した人は、自分を不幸と思い、世界平和統一家庭連合を恨み、さらには安倍元総理を恨んだそうですが、恨みに毒されて自分が生き生きと生きる自由を失ったと思います。殺人という重罪を犯してしまいました。悔い改めても罰は重く、長く刑務所に拘束されるでしょう。

生きる環境がいかに悪条件でも生きるのは自分です。自分の悪い思考に毒されて生き生きと生きる自由を失うことは大損です。

安倍元総理を殺した人は、宗教団体に夢中の母からいったん去り、自分の仕事を一生懸命行い、自分の生活を確立し、次に母を宗教団体から解放する工夫努力をするとよかったと思います。

そう思うが、現実はそうはならないことが多く、悲劇がおこります。

政府と人々は世界平和統一家庭連合が合法か真剣に考えるべきです。無知な信者を騙して集金し、信者の家庭が崩壊するのを見ても悪いと思わず、集金を続ける団体は不法と思います。少なくとも連合の日本教会は裁判にかけた上、宗教法人格を取り上げ、解散を命令すべきと思います。何かと連合を支援し、利用してきた政治家については、人々は、支持をやめ、政界から追放すベきと思います。

| | コメント (0)

2022.07.27

子供のとき足を使うとすぐ「ずるをするな」と親に叱られた

昔は、障子をあけたりしめたりするとき目下の者は男でも女でも座って手で障子を操作しています。足で操作していません。足で操作すると、失敗が多いため、ずるをしていると思われたのではないでしょうか。この慣習は今も残っています。

私は子供のころ、ごく自然に足で障子をあけしめしました。その方が行動が楽であり、早かったからです。しかし親に見つかると、「ずるをするな。手を使え」と叱られました。心の中では足でやればいいのに思っていました。

とは言え、人前では手でやるのが無難とわきまえ、足を使わないようにしていました。

しかし、人が見てない場合は私は足をよく使います。足を上手に使うことに美を感じることもあります。たとえば掃き出しの窓の開錠ですが、窓には腰ぐらいの高さのところと、足元にロックがついています。上は手で、下は足で同時に開錠します。素早くできると成就感を覚えます。車止めに角材を車輪にかっています。足で角材をとります。移動も手を使いません。

柔道では足技が大切です。サッカーが普及して足の操作能力は一段と向上しました。

失敗しないなら「足も使え」が合理的です。その方が足の健康にいいと思います。歩走に使っているだけでは馬の足のようになるでしょう。

| | コメント (0)

«宗教団体は、非人間的で、「破滅的過ち」の体質をもっている