2020.06.29

疲れを知らない安倍晋三総理の外遊好きに感心するが、お金の無駄使い

   中国指導部は、日本が尖閣諸島を実効支配しているのを見て、2006年から尖閣諸島をとる計画を立て準備したと言われています。尖閣諸島は中国の島と主張し続ける、中国の海警船を尖閣諸島周辺の日本管理水域(領海)に連続的に侵入させる、中国漁船に尖閣諸島周辺の日本の排他的経済水域で漁業をさせるなどの行動計画だと思います。2008年に実行を始めました。すでに12年弱がたちましたが、今も中国指導部は計画どおり実行を続けています。中国は真剣に東シナ海で利権拡大を追求しています。
   日本はこれが中国指導部のやっていることだということを認識すべきです。安倍内閣はシーチンピン中国主席を国賓として日本に招くと言いますが、現実認識がまったくできていません。
   対中国外交だけではありません。安倍総理は、北方諸島返還を期待してプーチンロシア大統領に接待これつとめてきました。ところが、何とプーチン大統領に北方諸島はロシアの島とあっさりと言われてしまいました。空しい接待でした。歯舞諸島も色丹島も還ってきません。北方諸島における日ロ共同事業をどうするのでしょうか。
   安倍総理ぐらい高頻度で外遊した総理はいないと思います。しかし、まさに外「遊」でして外交成果を上げなかったのが安倍総理でした。外遊に疲れを知らない彼に感心しますが、お金の浪費だと思います。

| | コメント (0)

2020.06.28

アメリカとの安保条約や同盟が問題になりそう

   アメリカにとって困った問題は日本国憲法です。第9条で戦争放棄をうたっています。アメリカは日本政府にアメリカの戦争に協力せよと言います。安倍晋三内閣・自民党はアメリカに従おうとするのですが、日本の人々は憲法を盾にアメリカの戦争には協力しません。困った安倍総理は自分が総理の間に何とか第9条を変えたいと言い続けています。しかし大半の日本人は反対です。
   安倍総理がアメリカ政府のことを考え、日本の人々のことを考えないことに問題を感じる人が増えつつあります。近年アメリカの世界指導力が低下したことを感じているのでしょうか、アメリカに従順なだけでは日本のためにならないと思う人が増えています。政治家の中にもアメリカとの関係見直しを考える人が増えています。
   日本に対するアメリカの不満はつのる一方です。日本がアメリカの戦争に協力しないならアメリカも日本の防衛に協力しない、在日アメリカ軍維持費を全額負担せよなどと日本叩きを始めました。しかし日本は安易にアメリカに従順になれません。安倍内閣・自民党は、第9条を変えることができない、アメリカの防衛協力が期待できない、そこで日本が敵基地を攻撃する攻撃力を持ちたいなどと言い始めました。第9条を変えないまま、自衛隊の防衛活動範囲に敵基地攻撃を入れる考えです。第9条の実質無効化を画策していると思います。いつか第9条は実態に合っていないと言って変える戦略でしょう。
   アメリカとの安保条約や同盟が問題になりそうです。アメリカは在日アメリカ軍を自分の負担で維持し続けるか、それとも撤収するか決めなければならないでしょう。日本では自衛隊による敵基地攻撃を否定するか肯定するかが問題になるでしょう。中国やロシアとの平和外交が大きな問題になります。

| | コメント (0)

2020.06.27

安倍晋三内閣・自民党は隣国とまじめに平和外交をやっているか

200727

   敵基地を攻撃できる攻撃力を持ちたいなどと言うようではまじめに平和外交をやっていないと思います。日本に一番近い韓国だってその軍事力の一部を対日本に向けるでしょう。まして中国、朝鮮(北)、ロシアは対日本攻撃力改善に注力するでしょう。安倍内閣・自民党は変な考えにとりつかれています。平和憲法をまったく活かすことができていません。その上保守で合理化近代化の精神や自由思考が乏しいため、経済改善ができず、貧困層が拡大する一方です。
   世界は混乱しています。強大国アメリカ、中国、ロシアは世界指導力を失っています。日本がこれらの強大国仲間となって軍事力競争をやるのは大損です。経済の原点に立ち返り、技術開発と生産を重んじ、情熱を民生の改善に注力するなら、強大国は別に日本叩きをやらないでしょう。強大国に無害な平和主義国としてほっとくでしょう。
   よく安倍内閣・自民党は日本を世界に見せると言いますが、衰退中の日本が国威拡大主義なんて滑稽です。ほっとかれるどころか笑いものでしょう。すでに笑いものになっています。

| | コメント (0)

2020.06.24

特定定額給付金(10万円/人)は喜んで申請した

200624

   年金生活者の中に特定定額給付金をもらうことを申し訳ないと思う人がいるそうです。政府に信頼性があるなら申し訳ないと思う気持ちはまだわかるが、税収が足りないと言って消費税率引上げに注力し、消費を冷やして、反対に消費刺激のために金融緩和、キャッシュレス化促進税金還元など矛盾した政治をやっている安倍晋三内閣に信頼性はありません。
   安倍内閣は税金を人々のために使っていません。消えてもいい老化産業の延命に使っています。株価維持に使っています。無駄使いばかリやっています。信頼性なき政府に納税するより、自分が有効に使った方がいいと思います。
   そもそも年金に所得税がかかったり、年金生活者から消費税をとったりするのは異常です。年金生活者から税金を徴収するとか、年金生活者の方が現役の人より収入がいいということは、政府の経済政策が失敗しているからおこることです。安倍内閣はどうして現役の収入があがらないかと考えるべきです。
   現役から技術開発・生産分野で働くチャンスを奪った経済政策は大失敗だったと思います。現役が第三次産業という過当競争産業に追い込まれ、低労働対価に苦しんでいることは日本の悲劇と思います。技術開発・生産は新製品を生みます。限界のない経済活動です。新製品は消費を刺激し、収益を生みます。海外生産で収益を上げる会社があっても、日本の人々が収入がなければ、第三次産業は繁栄しません。
   不動産業肥大も大問題です。不動産業に高いお金を払うことに苦しむだけの事業・仕事なんてやはり悲劇です。事業・仕事をやる気を失います。
   経済知らずの安倍内閣にお金を託すより、自分でお金を使った方がいいと思います。政府から10万円が還ってくることはお金の有効活用になると喜ぶような国民になるべきです。

| | コメント (0)

2020.06.22

アメリカ軍・軍人は残虐との印象を持っている

   太平洋戦争末期、私は小学校にあがる前の子供でしたが、私の町はアメリカ軍の艦砲射撃と空爆で半分が廃墟になりました。爆撃は夜行われました。私は家の窓から爆発を見ていましたが、地上で炸裂する巨大な花火のようでした。祖父の家は、よく訪問したので思い出深い家でしたが、爆弾で完全に破壊されてしまいました。朝になってまだ煙がくすぶる黒々した廃墟の町をよく覚えています。昼間はアメリカの軍用機が飛来して低空から機関銃射撃を行いました。B29という大型爆撃機が低空で町の上空を飛び、銃座から機関銃の連射が行われました。私ははっきりと銃座にいる人を見ることができました。機関銃射撃は、日本軍人や軍事施設に行われたのではありません。町の民間人や普通の施設が攻撃されました。父は列車で隣の市の会社に通っていましたが、その列車がグラマンというアメリカの戦闘機に機関銃で攻撃され、父は列車の下を逃げ回ったそうです。残虐なアメリカ軍、残虐なアメリカ軍人という印象が強く残っています。
   したがって在日アメリカ軍をいいと思ったことは一度もありません。大人になって子供を連れて富士山によくドライブに行きました。昔は東富士の陸軍演習地に入ることができて、地上で何か仕事をしているアメリカ軍人や戦車に乗って演習場内を移動するアメリカ軍人によく会いました。彼らは私達を見て、怒るのではなく、にこにこしながら挨拶をするので不思議な気持ちがしました。しかし、私にとって聖なる富士山の側面を砲撃や走行戦車でほじくりまわす彼らをいいとは思いませんでした。
   戦後75年弱たったのにいまだに在日アメリカ軍が存在することは問題と思います。安倍晋三総理は、日本の防衛のため役立っていると言うのですが、誰が日本を侵略すると言うのでしょうか。中国やソ連が日本を共産化しようとしたのは昔のことです。今は中国は東シナ海などで日本と利権争いをする程度です。ロシアは北方諸島を自分の領土と主張する程度です。侵略計画を持ち、実行に移すチャンスを待っているとは言えないでしょう。日本は、中国やロシアを仮想敵とし、あるいは侵略の恐れがある国とし、在日アメリカ軍は必要と言っていますが、そうする訳は、アメリカが強く在日アメリカ軍維持を希望し、日本の政治家、上級国家公務員、国策会社重役などと良好な関係を維持しているからだと思います。政治家たちはアメリカの要望を聞いている方が無難という判断をしていると思います。
   しかし、軍を日本に駐屯させ、実質日本を軍事力で支配しているアメリカが日本にとって一番の問題国ではないでしょうか。アメリカと対等で交渉するよりは、アメリカの傘の下にいた方が楽という打算はありますが、日本に自由がありません。

| | コメント (0)

2020.06.21

現在の日本は無気力

   戦後は人々は、貧困に苦しみ、アメリカ・ヨーロッパの技術を学び、ものの生産輸出に注力して経済発展を遂げましたが、現代はゆっくりと貧困層が拡大しているのに何とか生活できていることに満足して保守主義を捨てません。政治家や経営者は、比較的いい生活をしているので、国民や従業員の生活水準が下がっていることを問題にしません。国民や従業員は自分達が無気力であることを問題にせず、自分が貧困層に落ちたことすらわかっていません。このままで行くと、貧困層の拡大は続きます。
   この何とも言いようがない無気力な日本をどうすれば元気にすることができるでしょうか。
   貧困層の人々が、政治家や経営者に頼っていても自分達の生活水準は上がらないと考え、自分が事業家・仕事人精神を持ち、人並みに生きるのではなく、人より工夫努力をして一生懸命自分の事業・仕事を行うと、一国民あるいは一従業員であっても収益が改善するのではないでしょうか。
   戦後の公務員や従業員は、政治家や経営者に頼っても別に何のアイデアも出てきませんので自分で考えて事業・仕事を考え、改善し、成果を上げ、昇進し、自分の給料を上げました。現代だって政治家や経営者はどうすればいいかわからず、収益性を上げることができないでいると思います。現代は、国民や従業員は安易で、政治家や経営者に依存し、実は自分を殺しているのではないでしょうか。そして貧困層に落ちています。
   現代日本は海外生産が非常に多くなっています。政治家や経営者は、日本人に生産させるより、外国人に生産させる方が生産工ストが安いと考えました。結果、日本人が生産するものが減っています。すると日本人は第三次産業に流入します。この産業界は過当競争ですから労働対価は上がりません。実はものの生産の方が改善の余地が大きいのですが、今は外国の人々がものを生産し、さらに改善して収益を上げています。愚かにも日本の人々は収益を上げるものの生産を自分で捨て、貧困層に落ちていると思います。
   一国民であってもいかに生きるかは自分でよく考えるべきです。一従業員であっても自分は労働サービス業という事業をやり、労働サービスという仕事をやって給料をもらっている(お金儲けをしている)と考えるべきです。工夫努力の余地がない人生などありえません。工夫努力しない自分があります。一大決心すれば自分が政治家や経営者になることもできます。
   資本家はそのような調査力・企画力・実行力がある人を探しています。
   現在の政治家や経営者に依存して無気力に生きていると、間違いなく国民や従業員は貧困層に落ちます。

| | コメント (0)

2020.06.18

保守主義では経済に元気が出ない

   髪の毛が非常に長くなったので1000円カットの店に行くのですが、カット待ちのお客さんがおおぜいいて、待つのが嫌でなかなか髪の毛をカットできません。昔の高い理髪店に行けばすぐかってもらえると思いますが、いまさら髪の毛ぐらいに数千円も払う気がしません。そこで電気バリカンを買いました。妻に生え際をかってもらうことにしました。今回のウイルス禍で昔の高い理髪店は一段と減るでしょう。1000円カットの店もお客さんが減るかもしれません。
   理髪に限らず、人々の消費は全体としては縮小、消費行動にも変化がおこるでしょう。人々は、生きるのに必要なもの・サービスにお金を使うが、無駄使いは減るでしょう。当然のことながら政府も自分を合理化近代化しないと税金だけで運営することは不可能です。
   1990年以降、経済成長しないことを心配し、政府主導で収益拡大を狙って大規模な経済活動をやってきましたが、非常に投資効果が悪く、赤字累増、借金累増という結果になっています。
   近年、東京オリンピック開催で収益を上げたいと、官民あげて開催準備に投資してきましたが、今年の夏の開催は流れ、来年はやるかやらないかわからない、仮にやっても規模縮小ということでやはり投資は大損でしょう。なお、ウイルス禍がなくてもオリンピック開催事業は全体としては損になったと思います。
   政府主導の大規模経済活動は失敗続きです。収益事業はやはり民間にまかせた方がいいのではないでしょうか。収益が上がらない老化した民間事業を延命させるような政府の保守経済援助政策ではなく、事業・仕事の改善・新技術・新製品・新サービスに挑戦する民間事業を支援する進歩経済政策をとるべきだと思います。老化した会社などの倒産は必然的な新陳代謝と考えるべきです。老化した会社などから新会社などへの人材の流動を促進することがだいじです。
   総理が保守では政府の合理化近代化は実行できません。安倍晋三総理が政府を合理化近代化できる訳がありません。保守主義とみずから言っているような自民党・公明党の政治家を国会に送っているようでは人々は政府の堕落と人々の貧困層拡大を容認しているようなものです。

| | コメント (0)

2020.06.17

仏教団体がつくった空想世界

   80歳になり、老化を痛感し、死ぬことをよく考えます。墓は要らないと思っています。遺族が私の思いを実行してくれるかわかりません。火葬場で骨灰が出なければ問題ないのですが、どうしても出るようなので散骨を希望しています。
   土地がない都市部で広大な墓地が広がっているのを見ると異様な感じがします。墓をつくるという価値観が廃っていません。外には墓をつくり、家には仏壇をつくり、寺で供養してもらいます。人々は、仏教団体に、空想世界を洗脳され、洗脳されている自分に疑問を持ちません。これでは思考停止です。   
   墓に骨壺を埋葬した死者のことを思うのは埋葬した人など生前関係が深かった人です。死者について思い出を持っている人です。しかし、お参りするのにどうして墓、仏壇、寺と3か所も必要でしょうか。まったくお参りする所がなくても、思い出を持っている人はどこでも祈ることができます。供養は自分でもできることです。意味不明の僧の読経がどうして供養になるでしょうか。死者のことを思い出し、生前の死者やその死から学んだことを活かすことが最善の供養と思います。
   仏教団体が長い時間をかけて作りあげた空想世界を信じ、現代になっても疑問を持たず従うのでは知識に進歩がないと思います。真実を追求しない仏教団体などカネカネ宗教団体ではないでしょうか。そんな宗教団体に操られてお金を貢いでいるようでは現代に生きているとは言えないと思います。
   なお、墓地づくりを行政が担当する場合があり、公園墓地をつくることがあります。しかし公園墓地はやはり墓地でして決して人々が楽しむ公園になりません。行政は公園墓地づくりをやめるべきと思います。仏教団体がつくった空想世界に行政が振り回されているのはよくないと思います。
   ところで老人割合が増えたせいか、死者も増え、火葬場が不足しているようです。火葬場があくまで、遺体をどこかに冷却保存しなければなりません。現代はちゃんとした冷却施設があるようですが、従来どおり自宅でドライアイスなどを使って棺を冷やし保管する場合もまだ多いようです。いずれの場合でも腐敗が進み、不潔になる恐れがあります。火葬は清潔だと思います。しかし、従来の重油で焼く方式が合理的近代的か疑問です。火葬技術を改善し、さらに火葬能力を上げ、遺体の冷却保存を避けることが望ましいと思います。

| | コメント (0)

権力者政治家は政治に失敗する

200617

   トランプアメリカ大統領は人々のために政治をやっているのではなく、自分を誇示するために政治をやってきたと思います。そのために部下からも外国首脳からも信用されませんでした。これでは浮き上がって当然で、今ではアメリカ大統領として死に体です。
   トランプ大統領の一の子分を演じてきた安倍晋三総理も権力者政治家です。トランプ大統領とともに消える運命の総理です。
   アメリカは、混乱する世界の中で健全に国を運営するためには、世界に通用する法を重視する必要があります。アメリカNo.1などと思い上がったことを言っているようではいけません。アメリカ人も外国の人々も幸福にする方法を追求しないと誰もアメリカを信用しません。
   日本は、超強大国アメリカと同盟すれば安全と考えていますが、アメリカに自由を奪われているような状態ではやはり誰からも信用されません。戦後約75年もたつというのに在日アメリカ軍があることに問題意識を持たないのは異常です。平和主義憲法を持っているのにそれをいいと思わず、前進どころか後退したがるのは異常です。軍事力の拮抗を「積極的平和主義」と言い、アメリカの古臭い外交方針をいいと思うなど日本は時代錯誤に陥っています。安倍総理は自分の憲法違反がわかっていますから全力で憲法第9条を変えたいと思っていますが、この思いが時代遅れであり、不法です。
   国の政治家は国土・国威を拡大する必要はありません。現在の国土で人々を幸福にすることを一生懸命考えてくれれば十分です。世界に通用する法をもって外交を行い、外国の人々も幸福にすることを提案する政治家であれば十分です。敵をつくってその敵に勝つことを一生懸命考えるような権力者政治家など今時無用です。

| | コメント (0)

2020.06.16

マスクで病気になることもある

200616

   昨日は非常に蒸し暑い日でしたが、午前中2時間ほどマスクをしてゲートボールをやったところ、80歳の私は熱中症気味になり、吐き気、頭痛に苦しみ、今朝まで寝続けました。幸い多少の後遺症は残っていますが、今日はおきています。
   マスクをして行動することは体の排熱を妨げることになります。また呼吸困難になりますから肺の負担が高まります。マスクそのものが不潔になります。夏はマスクをしない工夫が必要です。マスクをしないですむゲートボールの楽しみ方を考えてみたいと思います。
   今の日本、ほとんどの人がマスクをして外出していますが、マスクで病気になることも学ぶべきです。

| | コメント (0)

«安倍晋三内閣の外交は情緒的でいい加減