« 読書 | トップページ | 梅見の予定 »

2005.01.29

読んでよかったと思う本

これまで色々な本を読みましたが、時間をかけて読んで本当によかったと思っている本は歴史の本です。

20代後半から40代まで歴史的事実に関心を持ちました。
当時三十数巻あるいは二十数巻の「日本の歴史」、「世界の歴史」が文庫本の形で出版されていました。
これは携帯に便利ですからいつも鞄に1冊入れて、電車の中でもどこでも暇があれば読んでいました。
本当に事実は小説より奇なりと思って読みふけりました。
「日本の歴史」を読み終えると「世界の歴史」、「世界の歴史」を読み終えると「日本の歴史」と繰り返し倦むことなく読み続けました。
大昔から現在まで世界の歴史や日本の歴史を通して勉強することは大局観を養うのに有益と思われます。

専門家の場合ですが、たとえば技術者は技術開発が自分の仕事と考えるだけでは問題を起こす場合があります。
大昔から現在までの技術史を勉強し、各技術が人類に与えたいい面と悪い面を歴史的に理解しておくと、環境アセスメントなどの技術評価をある程度自分でできるようになると思います。

|

« 読書 | トップページ | 梅見の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読んでよかったと思う本:

« 読書 | トップページ | 梅見の予定 »