« 神に関する誤解は問題 | トップページ | ノーネクタイ »

2005.06.04

現代には現代の生き方

hana-3

仏教、キリスト教、イスラム教の宗教者、信者の生き方は、無宗教で生きている人と教祖の中間の生き方ではないでしょうか。
彼らの宗教知識が現代の知識によって希釈されているからだと思います。
古い教典の教えを守っている人はほとんどいないと思います。

希釈された現状を心配し、できるだけ教祖の教えに帰ろうという動きがあります。
気持ちは理解できますが、無理だと思います。
あえて実行すれば生きることがむずかしくなると思います。

現実に生きている私達は、現実を説明できる教えを持たないと現実の中で生きることができません。
教祖は教祖、私は私と考えて、最終的には自分なりの生き方を考えるのがよい生き方と思います。
実際、ほとんどの宗教者、信者がそうしていると思います。
私達の生き方は私達が想像する教祖の生き方からはほど遠いのではないでしょうか。

それは決して悪いことではないと思います。
教祖の生きた環境とは大きく変わった現代そして日本で、教祖の教えに従がって生きることはむずかしいと思います。

|

« 神に関する誤解は問題 | トップページ | ノーネクタイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代には現代の生き方:

« 神に関する誤解は問題 | トップページ | ノーネクタイ »