« 死者の霊 | トップページ | 自我が善悪半々である理由 »

2005.07.13

一人一宗教

ogahasu
鎌倉 光明寺庭園の池 大賀蓮が混じっていると言われています。

アメリカのプレジデントブッシュがキリスト教信者というのは、普通のキリスト教信者にとって望ましいことなのでしょうか。
望ましくないことなのでしょうか。

私は普通のキリスト教信者の気持ちがわかっていないのかもしれません。
しかしブッシュ氏は普通のキリスト教信者にとっては迷惑なのではないかと思っています。

キリスト教に限らず、ほかの宗教でもそうですが、宗教の教えと、政治分野で指導的な立場にある信者の思想がどうも一致しないので宗教信者とはいったい何者なのかと思うことがあります。

熱心な宗教信者の中にも宗教と自分の信仰は関係ないとはっきりと言い切る人がいて驚きます。
それなら自分の宗教は何々教と言わなければいいと思うのですが、関係ないと言いながら、私の宗教は何々教と言うその心理は不可解です。
ある宗教を勉強して現在の自分の信仰に到達すると、自分が勉強した宗教を自分の宗教と言う傾向があるのかもしれません。
もしこれが事実とすると宗教は混乱するのではないでしょうか。

実際、既存宗教は混乱していると思います。
この現実を説明するのに、私は、一人一宗教であると言っています。

|

« 死者の霊 | トップページ | 自我が善悪半々である理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人一宗教:

« 死者の霊 | トップページ | 自我が善悪半々である理由 »