« キャンベラ花祭り | トップページ | 必要なものは意外に少ない »

2005.11.01

成功物語は死んでから書いた方がいい

niwa

死んでしまったら書けないではないかと思うでしょう。

昔ある人が事業に成功して大金持ちになり、成功物語を書きました。
大勢の人がその本を読んで感動しました。
みんな、私にもできるという気持ちになりました。

ところがその人はその後事業不振で、とうとう借金取りに追い回されるようになりました。
あまりにも借金が多く、金貸しに振り回されて、最早自主性を発揮することができず、煮るなり焼くなり勝手にしてくれといった状態です。

本に書いてあるとおり再起するならすごいということになりますがむずかしいかもしれません。

いずれにせよ、人生は波です。
成功裏に死ぬか、失敗裏に死ぬか、誰もわかりません。
だから成功物語は死んでから書いた方がいいのではないでしょうか。

つまり、もし誰か奇特な人がいて成功物語を書いてくれるならそれはそれで結構と思うぐらいがいいと思います。

|

« キャンベラ花祭り | トップページ | 必要なものは意外に少ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功物語は死んでから書いた方がいい:

« キャンベラ花祭り | トップページ | 必要なものは意外に少ない »