« 雨が降っているが防災訓練をやるか | トップページ | 世界を最大の行政単位として考えよう »

2005.11.15

人工衛星から見た地球

下の青色の「衛星写真」の言葉をクリックするとGoogle Localの地球の衛星写真を見ることができます。
左のプラスマイナスの記号をクリックすると画像の拡大縮小ができます。
画像のどこかをクリックしたままドラッグすると画像を上下左右に移動させることができます。
解像力のいい地域は、一戸建の家まで見えます。
右上のMapをクリックすると衛星写真に対応する地図を見ることができます。


衛星写真

日本は、関東が緑が失われてしまったことが目立ちますが、まだ緑の島と呼ぶことができます。
狭い国土で人口が多いのによく緑を保存できたと思います。
今後も守りたい緑です。

しかし代わりに都市に人口が集中しました。
そのため都市の環境破壊がひどい状態です。
細くて複雑な昔の道路が残り、住宅、店、事務所、工場が雑然と密集し、都市には安全と美しさがありません。

今後人口が減るそうですが、その人口減少を生かして都市環境をどのように改善するかが大きな課題と思います。
使えないとか、使いにくい建物から取り壊し、緑などの空間を増やすようにするといいと思います。

なお人口減少は私はそれほど心配していません。
人口が減っても今後も民需向け技術開発を重視することが大切です。
労働力不足は機械やロボットで補うようにすればいいでしょう。

エネルギーについては太陽エネルギー利用技術の開発や森林資源利用技術の開発など新エネルギー技術開発に従来の原子力技術開発にかけてきたと同じ程度の予算を回すべきです。
外国の砂漠や荒地を新エネルギー生産地に変えるようにすれば外国から喜ばれるでしょう。

地球の衛星写真を見ているともう環境破壊は止め、これからは環境改善をやりたいという気持ちになります。

|

« 雨が降っているが防災訓練をやるか | トップページ | 世界を最大の行政単位として考えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工衛星から見た地球:

« 雨が降っているが防災訓練をやるか | トップページ | 世界を最大の行政単位として考えよう »