« 在日アメリカ軍は本当に必要か | トップページ | 雨が降っているが防災訓練をやるか »

2005.11.12

国際交流ボランティア活動

huji

国際交流ボランティアにはまだまだ問題が多いと思います。

ある国の人と交流してその人が無礼だったと言ってその国の人とは二度と交流しないと言うボランティアがいます。
日本人だって無礼な人は大勢います。
たまたまその人が無礼であったとしてもその国の人がみんな無礼などということはありません。

あの国は気にくわないからあの国の人とは交流しないと言うボランティアもいます。
気にくわない国にも交流できる人は大勢います。

国を差別して交流する、しないと考えるボランティアについてはちょっとボランティアとして問題があると思います。
自分の生活の飾りとして国際交流を考えているのではないでしょうか。
外国人と交流していることが格好がいいと思っているのではないでしょうか。

交流に障害があるからこそその障害を低くしようと努力するのが国際交流ボランティアの活動の重要な目的と思います。
交流が政治であれ、経済であれ、文化であれ、むずかしいから国際交流ボランティアの存在価値があると思います。

国際交流には人間関係づくりが大切ですが、人は千差万別ですから失敗する場合は多いと思います。
その場合は相手が悪い、相手の国が悪いと考えて自分の不満を静めるのではなく、自分はボランティアとしてはまだまだ至らないと思って自分の思考や行動を改善する方がいいと思います。

|

« 在日アメリカ軍は本当に必要か | トップページ | 雨が降っているが防災訓練をやるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際交流ボランティア活動:

« 在日アメリカ軍は本当に必要か | トップページ | 雨が降っているが防災訓練をやるか »