« 生きることは食べること | トップページ | 無貯蓄比率が増加しているが、貯蓄は現代でも重要 »

2006.01.11

事業は企画の熟成が大切

昔のことですが、会社員の先輩が別の大先輩と新会社をつくるが一緒に会社を経営しないかと誘ってきました。
「別の大先輩」は学者っぽくて事業には向かない人だと思っていたし、私も会社経営は得意ではないので経営に参加することをお断りしました。

ところが先輩は、「別の大先輩」が、会社をやめることによって決心を固めよと言ったと言って、企画をつめないまま会社をやめてしまいました。
いわゆる背水の陣をしくということでしょう。

不幸なことに企画はうまく行かず、「別の大先輩」は逃げ出し、先輩は失業してしまいました。
もとの会社に戻ることができず、先輩は結局前より労働条件の悪い会社に再就職せざるをえませんでした。
先輩は失業の恐怖がこんなに恐ろしいとは想像もしなかったと言いました。

背水の陣をしいても、今の会社が嫌だからとか、誰かの思いつきに飛びついて事業をやるのは失敗のもとです。
事業は、自分で企画を熟成し、自分が事業をやっている姿を想像できるぐらいになってからやった方がいいと思います。

|

« 生きることは食べること | トップページ | 無貯蓄比率が増加しているが、貯蓄は現代でも重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/8108580

この記事へのトラックバック一覧です: 事業は企画の熟成が大切:

« 生きることは食べること | トップページ | 無貯蓄比率が増加しているが、貯蓄は現代でも重要 »