« 時には群れから出る | トップページ | 事業は企画の熟成が大切 »

2006.01.09

生きることは食べること

成人になられた方々にお祝いを申し上げます。

さて普通1日3回食べます。
食事以外のことは食事の合間にやっている感じです。
よく考えると仕事だって食べるためにやっています。

生活のことを寝食と言います。
しかし寝食を比較すると、寝る方は、眠くなれば1日1回寝るだけですみますが、食べる方は3回も食べ物を用意し、それから食べなければなりません。
これはなかなか大変なことです。

戦中戦後の子供時代、私は栄養失調で病気ばかりしていました。
会社に入って給料をもらって十分食べることができるようになったとき、正直、命が助かったと思いました。
月給2万円ちょっとのとき、月に1回1,000円のキングステーキを食べて、無上の喜びを感じたことを覚えています。

親は貧乏でしたが、食事は朝晩家族で一緒にとっていました。
粗食でしたが楽しいひとときでした。
ですから、結婚し、家族ができてからは家族一緒に食べることを大切にしました。

現代人は家族で食事をすることがむずかしくなっています。
できるだけ一緒に食べないと家族の関係が希薄になるのではないでしょうか。
家族で一緒に食べることを大切にしない親や子供が増えていないか心配です。
食事の時は最高の情報交換の時でもあります。

|

« 時には群れから出る | トップページ | 事業は企画の熟成が大切 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/8072522

この記事へのトラックバック一覧です: 生きることは食べること:

« 時には群れから出る | トップページ | 事業は企画の熟成が大切 »