« 死にたいと思ってもその思いを捨て生きるのが人生 | トップページ | 政府が破綻しても人々は生きる »

2006.04.02

大岡川の桜

060401gumyoji
横浜の大岡川の弘明寺付近

横浜の大岡川は磯子区南部の円海山(153m)周辺の丘陵地帯を源流とした川で、港南区上大岡を流れ、中区桜木町で横浜港に出ます。
桜(ソメイヨシノ)で有名な川です。
美しいのは桜木町近くの都橋から南区弘明寺近くの観音橋までの約4kmで、片側だけの一部を除き、川の両側が桜並木になっています。
桜の枝が川面に垂れ、訪れた人々はその美しさに感嘆の声を発します。

京浜急行が、日ノ出町駅から南太田駅まで大岡川沿いを走っています。
車窓から見る桜並木の見事な景観に誰でも次は電車を降りて散歩をしたいと思うでしょう。

約4kmですから桜木町から弘明寺まで歩いても距離としてはたいしたことはありません。
残念なことは歩道が狭いことです。
今は人が大勢来て歩いていますから足元の段差やすれちがう人に気をつけなければなりません。

昨日用事があって弘明寺に行きましたのでちょっと川に行ってみました。
桜は写真のとおり素晴らしかったのですが、川がきたないことが難点でした。
このあたりは水が少なく川底が出ているのですが、その色が黒く、悪臭まで放っています。
町の人々によってごみ拾いが行なわれていますのでごみは落ちていません。
しかしこれまでにたまってしまった汚泥の除去がまだできていません。

桜は桜だけでも美しいですが、周りの環境が美しかったらもっと美しいですね。

|

« 死にたいと思ってもその思いを捨て生きるのが人生 | トップページ | 政府が破綻しても人々は生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大岡川の桜:

« 死にたいと思ってもその思いを捨て生きるのが人生 | トップページ | 政府が破綻しても人々は生きる »