« 譲って動くのも手 | トップページ | 危険な精神状態から脱出する方法 »

2006.06.07

キャピタルゲイン狙いのファンドに見られる無責任さ

017

この種のファンドは、当然のことながら次の二つのことに注力します。

1. 株価が上がると予測できる情報の収集
2. 株価を上げることができる工作

やりすぎるとインサイダー取引をやるとか、業績が悪いのに株式会社の業績をよく見せるとか、よくならないのに株式会社がよくなると思わせるなどの不法を犯します。

投資と言ってもこの種のファンドはいつ株を売るかわかりません。
投資は株式会社のためなどと格好いいことを言ってもその無責任さは隠せません。

ところでこのようなファンドを利用している出資者が、人々から大切なお金を大量にあずかっている機関であったりするので驚きます。
株価が上がっている間はみんな儲かったと思っていますが、やがて株がバブルとなり、崩壊すれば、人々から大切なお金をあずかっている機関が大損をするかもしれません。
不健全かつ危険なお金の運用をやっていると言わざるをえません。
通常やけどは一度すれば誰でも怖いとわかりますが、バブル崩壊の怖さは何度も経験しないとわからないようです。

|

« 譲って動くのも手 | トップページ | 危険な精神状態から脱出する方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャピタルゲイン狙いのファンドに見られる無責任さ:

« 譲って動くのも手 | トップページ | 危険な精神状態から脱出する方法 »