« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

人口減少問題

218bluemountain
オーストラリア シドニーから車で約2時間のところにあるBlue Mountain
シドニーの友人撮影

人口減少の背景に結婚しない傾向があります。
結婚したいという思いは大半の人が持っています。
それなのに結婚しないのには、若い人が、結婚したいと思うができない事情があるとか、結婚しない生き方に関心を持っているなどいろいろな理由があると思います。

私は、結婚しない原因の一つとして、近年結婚に至らない性交を10代で経験した男女が増えていることが、異性不信の原因になっていないか心配しています。
性交経験で大人になったように思う人が多いのですが、実は異性から信用を失ったという場合が多いものです。

性交すれば子が産まれるかもしれません。
子が産まれたら養育するのが普通です。
このような素朴な考えを持ち、出産、養育に責任を感じる人でないと異性からなかなか信用されないのではないでしょうか。

最近柳澤伯夫厚生労働大臣が、女性を子を産む機械と発言したそうです。
人口減少が経済縮小の原因となり、さらには税収減になって政府が破綻すると心配して機械の稼働率を上げることが大切と言いたかったのでしょう。
しかしこのような機械的発想で人口減少問題を論じることはあまりにも軽率です。
何といっても人である女性に対する侮辱です。
また人口減少に至った政治責任について考察が足りません。

人口減少という大きな流れがあった場合、その流れが問題と思うなら、流れが生じた原因を究明することから厚労省は作業を行なうべきでしょう。
柳澤大臣が女性は生産機械だ、もっと生産せよと言えば済むような問題ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.28

類は友を呼ぶ

215
横浜 舞岡公園

安倍晋三総理の周りにはおかねに汚い人が多いようですが、安倍氏が法を軽視してまで金銭的援助をしてくれる人を特別扱いしているからではないでしょうか。
つまり安倍氏もおかねに汚いのではないでしょうか。
それから世間知らずで何が不法か知らないという問題もあります。

類は友を呼ぶと言います。
本当に安倍氏がおかねにきれいな人なら、おかねに汚い人は寄り付かないし、仮に近づいて来ても安倍氏が拒絶するでしょう。

これまでの彼の言動から判断して、安倍氏は自分を知っていないと思います。
つまり自分がおかねに汚い人間であることを知っていないと思います。

安倍氏は、総理をやめ、まずは自分と世間を知ることが必要と思います。
若くて元気でも無知では総理は務まりません。
自分知らず、世間知らずで政治をやっていると日本を破壊してしまいます。

みんなから批判されると、彼は、反省するのではなく、反対に意地になって有言実行などと言います。
そしてやればやるほど問題を大きくします。
したがって今度の参院選では自民党に投票せず、自民党を大幅に縮小し、まずは安倍氏を総理辞職に追い込むことが重要と思います。

安倍氏が原因で自民党を縮小するのは筋違いと思う人もいると思います。
しかし安倍氏を総裁総理に選び支えているのは自民党です。
私達は、前回の総選挙では自民党に甘すぎたと反省した方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.25

現場に出るか、現場を知った人と相談した方がいい

213

安倍晋三氏は、総理であるから、自分が命令すれば、世の中思うようになり、問題は解決すると思っているようです。
また罰すると問題は解決すると思っているようです。

たとえば、絶交のような経済制裁で北朝鮮政府の拉致問題や核兵器・ミサイル問題が解決すると思っているようです。
また昨年クリスマスに死刑が執行されましたが、死刑はクリスマスでも断固執行するという姿勢を示すことによって極悪犯罪は減ると思っているようです。
最近はいじめる生徒に対して出席停止制度を活用するように文部科学省に指示したそうです。

安倍総理は現場をよく知っているでしょうか。
誰が罪を犯したか、どうして罪を犯したか、罪を犯さないようにするにはどうすればいいかとよく考えた上で罰することがいいとの結論に達したのでしょうか。
罰するとどのようなことが起るかと予測したでしょうか。

現場を知らないで問題解決を急ぎ、よく考えないで上から命じたり罰したりしていると問題が解決できないばかりか大きくなってしまうことが多いと思います。

いじめる生徒に対する出席停止について考えてみましょう。

1. いじめる生徒が出やすい社会的雰囲気があることを問題とせず、いじめる生徒を学校から追放するだけでいじめる生徒はいなくなるか。
2. いじめる生徒であるかないかの判断基準は何か。
3. 学校や教室にいじめる雰囲気がある場合いじめる生徒を特定できるか。
3. 誰が、生徒をいじめる生徒と判断するか。
4. その判断が妥当かどうかを誰がチェックするか。
5. その判断に抗議する道が生徒や保護者やその他関係者に用意されているか。
6. 出席停止にする前に生徒や保護者と話し合うべきであるが、どのような話し合いの場が用意されているか。
7. 出席停止になった生徒はどこで教育を受けるか。
8. 子供時代にいじめる生徒と公的レッテルを張られて将来どのような人生が開かれているか。

出席停止は、軽々しく命令できる問題ではありません。

教育の問題に限らず、安倍総理はもっと現場に出るか、現場を知っている経験知識の豊富な人とよく相談した上で行動した方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

ふきのとう

211

昨日家庭菜園で、枯らしておいた大量の草などをすきこんだり、耕したりしました。
その菜園の一角に野生の蕗が繁茂しています。
よく見るとふきのとうが大きくなっていました。
真冬に春の先触れです。

つぼみのように固まっていてまだ開かない状態のときとって食べると苦味がほどよいと言われています。
私の家では、ゆでてあく抜きをし、細かく刻んだふきのとうと、同じく細かく刻んだくるみを用意し、くるみ、ふきのとうの順にごま油で炒め、砂糖、酒、みりんを加えてつくった甘味噌に混ぜこんでふきのとう味噌としました。
ご飯につけて食べるとかすかに苦味があり、ご飯をおいしく食べることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

自分を知り、人を知る

209

有名な食品会社が細菌が非常に多い食品を出荷し続けたという事件がよく起こります。
背景に収益性の悪化という問題があります。

経営者が、自分を知らず、自分の経営力のなさを棚に上げ、部下に収益を上げよと叱り続けていたのでしょう。
収益が上がらないと給料を下げたり、左遷したり、解雇したりしたのでしょう。
このような経営者は自分だけでなく、人をも知りません。
部下は、経営者を恐れ、消費者の命より、収益を重視したのでしょう。

やがて食中毒事件とか、内部告発があって、会社の犯罪が露見し、会社の信用が落ち、会社が破綻します。
経営者はもちろん従業員まで信用が落ち、その後の生活が不自由になってしまいます。

部下を叱ったり、罰したりするだけの経営者は経営者ではありません。
経営危機のときは経営者が対策を考え、部下を説得し、自分の責任においてその考えを実行する必要があります。
それができないなら自ら経営者を辞任すべきでしょう。

食品会社ではありませんが、私が約15年勤めていた会社では、会長の推薦で私と同期入社の人が社長に就任しました。
この人が社長1年で、自分は社長の器ではないと言って、自ら社長を辞任しました。
最初、頑張りが足りないと思いましたが、彼が推薦した自分より若い後輩が次に社長に就任し、見事に経営を改善しました。
彼は、自分を知り、人を知っていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.16

ブレーキのない自動車にしたくない

207

日本は所得格差が拡大し、貧乏人が増えている感じがします。
貧乏になった責任の半分は自分にあると思いますが、半分は政治にあると思います。
したがって貧乏になったと思う人は、自分自身が改善努力をする一方、政府に政治の改善を求めていいと思います。
選挙のとき棄権するとか、与党である自民党に疑問を持たないで投票することは、政府の無責任を放置することになります。

ところで近年自民党と民主党の二大政党制がもてはやされましたが、どうも民主党は自民党とよく似ています。
つまり現在の民主党には自民党制御機能がありません。
民主党幹部の思考が自民党とそれほど変わらないからです。
したがって民主党を支持しても所得格差拡大は止まらないと思います。
労働者や労働組合が民主党を支持しているのは不可解です。

民主党は、ほかの野党の選挙協力をえて、何が何でも次の参院選で勝ちたいと動いていますが、ほかの野党は民主党に協力しても自分の政策実現には役立たないでしょう。
利用されるだけでしょう。

それではほかに対自民として有望な政党があるかというとないのが実情です。
しかし棄権すれば自民の勝手を防げないでしょう。
やはり何らかの自民党を制御する仕組みをつくらなければなりません。

反自民を明確にしている社民党を育てる案は検討に値すると思います。
社民党は、概して貧乏人に暖かい穏健な政党と思います。
社民党支持率は1%であるから支持しても意味がないという考える人が多いと思いますが、その社民党の支持率が上がったらちょっと自民党は驚くでしょう。
この政党については支持率上昇が自民党制御力になるかもしれません。

昔の社会党は自民党と手を組んで支持者を裏切ったことがありましたが、社民党は恐らくそのような愚は行なわないでしょう。
労働者も労働組合も民主党を捨て社民党を支持した方がいいでしょう。

今年は地方選挙と参院選挙の年です。
棄権して日本をブレーキのない自動車にすることは避けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.13

犯罪を減らすために

2
(出所)昨年末、娘の家族が八ヶ岳にスキーに行きました。そして写真をたくさん見せてくれましたが、その中のゲレンデの写真の一部に写っていた八ヶ岳です。

日本でも世界でも残虐な犯罪が連続して起こっています。
残虐な犯罪が普通になってしまったかのようです。
このような風潮は止めなければならないと思います。

加害者は、犯罪が周りの人々にどのような悪影響を与えるか、自分の未来がどうなるか考えていないようです。
利己とか相手の問題点と復讐しか考えていないようです。
とすると刑罰を重くしても犯罪を防ぐことはできません。

本当に自分の利益になること、怒らない方法、仮に怒ってもその怒りを復讐につなげない方法を研究し、その方法を普及させて、社会を明るい、暖かい雰囲気に変えることが必要と思います。

最近の報道機関は報道の姿勢が異常です。
悪影響を十分考慮しない犯罪報道は、増えれば増えるほど人々に悪影響を与えます。
人は、よいことをまねる傾向がありますが、悪いこともまねる傾向があるからです。
犯罪が報道の価値があると重視し、犯罪防止に関する人々の試みに関心を示さない報道機関の姿勢は間違っていると思います。

社会には明暗があります。
しかし明るい部分の方が圧倒的に多いのが現実です。
ところが報道機関は、あたかも社会は暗いかのように暗部のみ報道し続けます。
これでは本当に社会は暗くなります。

犯罪研究者は、学会でむずかしい論文を発表するだけでなく、原因結果をわかりやすい一般論にして犯罪防止のための啓蒙活動もやった方がいいと思います。
一の犯罪があったら、報道機関の協力をえて、十の犯罪防止論を報道してもらうといいと思います。

ところで最近の日本は、アメリカの戦争から悪影響を受けて戦争することを考えるようになりました。
世界は戦争しない国の方が圧倒的に多い現実をしっかりと認識すべきです。
日本に暗い心があるからアメリカから悪影響を受けやすいのだと思います。

殺さない、戦争しない、生きる、生かすと決心することが人生の基本だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.10

北朝鮮も暖冬ならいいのだが

204

世界との経済交流が乏しい北朝鮮では経済発展が遅れ、苦しい生活を送っている人が多いと思います。
先軍政治(軍事力重視)をやめ、経済力重視に転じればいいのですが、北朝鮮政府は、体制崩壊を恐れて政治を変えることができないでいます。
恐怖が政治の自由を奪っているのでしょう。

しかし日本の制裁では拉致問題も核兵器・ミサイル問題も解決しないでしょう。
むしろ問題は大きくなるでしょう。
北朝鮮政府が対決姿勢を強化するからです。
(注)国連安保理の制裁は核兵器・ミサイルの開発、移転を防止する目的ですが、日本の制裁は、北朝鮮の民生まで苦しめるものです。

したがって山崎拓自民党安全保障調査会長のピョンヤン訪問については私はいいことだと思います。
別に山崎氏は、拉致問題、核兵器・ミサイル問題を脇において北朝鮮と日本の関係を改善したいと言っている訳ではないと思います。
拉致問題等を解決したいと思っていると思います。
個人的に行ったとのことですから、成果は小さいと思いますが、話し合いの糸口が見つかれば幸いです。

私達は、北朝鮮政府の悪政を厳しく批判することはいいのですが、生活に苦しんでいる北朝鮮の人々に同情する心を失いたくないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

規範意識が乏しい安倍総理

202_1

日本には神道信者もいれば仏教信者、キリスト教信者、そのほかいろいろな宗教の信者がいます。
無宗教者もいます。
したがって総理たる者、日本人だったらこの社寺に参拝すると言わんばかりの行動は厳に慎むべきです。

憲法第20条(信教の自由、国の宗教活動の禁止)第3項によると「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」とあります。
人々に信教の自由があり、政府がその自由を制限してはならないからです。
したがって総理やその他の大臣等(国の機関)が社寺を参拝することは憲法違反です。

安倍晋三総理は、内閣官房長官のとき靖国神社に参拝しました。
参拝したなら参拝したとはっきり言えばいいのに、したとかしないとか言わないと言いました。
これでは犯罪者が黙秘権を行使しているようです。

総理になると、靖国神社に参拝するともしないとも言わないと言います。
参拝すると言いたいが韓国や中国の非難を浴びたくないので言わないということでしょう。
裏がある態度です。

そして伊勢神宮や明治神宮なら韓国や中国から非難はないと考えたのでしょう、人々に見せつけるように、内閣総理大臣と記帳して参拝しました。
規範意識を重視する安倍氏があえて憲法違反をやってのけたことは大いなる矛盾です。
これでは人々に規範意識を説く資格はないでしょう。

総理ほどの人が法律を軽視するのだから、自分が法律を軽視しても問題ないと思いほくそえむ人もいるでしょうが、このような人が増えることは社会混乱のもとです。

私達は、憲法が私達の命や自由を守るためにあることを知るべきです。
その憲法が総理によって軽視されるのを放置していたらやがて私達の命や自由は危険にさらされるでしょう。

私達は、宗教心は誰にでもあるから総理だって信じる社寺に参拝してもいいと安倍氏の社寺参拝に甘くなっていると思います。
その甘さが、やがて私達が信教の自由を失う原因になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

明けましておめでとうございます

198_1

私は零時を期して社寺に参拝する習慣を持っておりませんので元日は朝普通に起きました。
朝はお雑煮を食べました。
お雑煮を食べるとお正月と実感します。
この日は年賀状に返事を書いたりしてのんびりと過ごしました。

薄曇、机に向かいて筆をとり、たずね来るかと友待つ正月。

二日は留学生家族が遊びに来てくれました。
おせち料理を出し、漆塗りのお椀や重箱にもった料理の美しさを味わってもらいました。
小学生のお嬢さんが、お箸をつけて形を崩すのがもったいないと言ったその感性に感心しました。
昼食後は、いろはガルタ、百人一首、すごろくなどで遊びました。
日本の正月の遊びは大変よくできていると思います。
みんな打ち解けて遊ぶことができました。

三日は娘達とその家族が全員集まりました。
6歳と2歳の孫(男の子)が、所狭しと家の中で暴れ回り、ちょっと疲れました。
みんな帰った後、パソコンに向かいましたが、まぶたが重く、何も書けませんでした。
そこでお風呂に入って寝てしまいました。

今日四日、やっと落ち着いてパソコンに向かうことができました。
しかし一年の計は元旦になかったようで何も書けません。

今年も小さな問題が大きくなるようなむずかしい年でしょう。
気を引きしめていきたいと思います。
それでは本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »