« 日本の信用が落ちていく | トップページ | 暴力に甘い政府 »

2007.04.16

老人の町の自治会役員会

270
横浜公園

昨日自治会の総会に出席しました。
老人の町になりましたから、1年の当番制で担当する自治会役員の仕事すら嫌がる人が増え、自治会事業は有志による実行委員会が行なう方式になってきました。
この方式は現実的でいいと思いましたが、自治会役員会の無力化と実行委員会の独走が起こりやすいようです。

役員会の無力化は今年度の事業計画案の内容のなさに現れていました。
実行委員会の管理ができていませんから実行委員会の計画案を自治会の事業計画案に盛り込むことができないでいました。

実行委員会に事業計画案がないことはないと思いますが、役員会はその案の集約ができていませんでした。
役員会がわからないということは普通の自治会会員はもっとわからないということを意味します。

実行委員会の独走については、自治会会員の意見を集約する努力を怠り、実行委員会だけの考えを実行する傾向に現れていました。
会員のことを忘れ、自分の考えを実現することに情熱を燃やす有志にありがちな問題点です。

嫌々役員に就任することが役員会無力化の原因のようです。
実行委員会の実行情況にも無関心になりがちです。
このような役員会に対し、総会に出席した会員から、いい加減ではないかとの批判が出ました。
このような批判に対し、新役員は役員であることをさらに嫌がるのではなく、1年役員らしく頑張りたいと思うといいと思いました。

|

« 日本の信用が落ちていく | トップページ | 暴力に甘い政府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人の町の自治会役員会:

« 日本の信用が落ちていく | トップページ | 暴力に甘い政府 »