« 意識的に休息をとろう | トップページ | 政府を見ていると不安 »

2008.03.29

利益主義をこえる健全な価値観を持とう

A130

子供が自殺する、人を殺すなどすることは非常に大きな問題です。
通常は生きたい、人を殺したくないという思いが強いと思いますが、自殺したい、人を殺したいと思ってしまう思考混乱の子供が育っている現実があります。
自我は後天的に育つ領域が大きいと思いますから子供が育つ環境は非常に重要と思います。

現代は利益主義の会社が子供達に供給するテレビ、ビデオ、ゲームなどがつくる世界と、家庭、学校、町などの環境にほとんど調和がなく、子供達はその多様性に振り回され、心の中を整理できていない恐れがあります。

特に会社は強者を強調した非現実的過激な物語をしばしば殺人的破壊的映像と共にこれでもかこれでもかと提供し、非現実世界に入り込みやすい子供達の心を虜にしています。
店でゲーム機の前から離れない子供を前にどうすればいいかわからないで立ちすくんでいる親をしばしば見かけます。
最初は心配しても、ちゃんとした店でゲームが売られているのでゲームは子供に有害ではないと自分に言い聞かせ、ついにはゲームを買って与えてしまったりします。

大半の子供達は、やがてゲームなどに免疫ができ、非現実の世界から簡単に現実の世界に戻ることができるようになりますが、現実が子供にとって拒絶的である場合、子供は非現実に閉じこもるかもしれません。
その非現実によって殺人的破壊的自我が形成されていたら子供は何をするかわかりません。

利益主義の会社が子供向けに供給しているテレビ、ビデオ、ゲームなどについては、内容の健全性について評価する社会的仕組があっていいのではないでしょうか。
社会的評価に行き過ぎがある場合もあると思いますが、現代のようにあれもこれも自由という考えは子供達にとって危険と思います。
大人達にも危険と思います。

しかし民主主義の日本では私達人々が健全不健全を判断する知識を持つ以外に子供達を救う方法はないと思います。
国会や政府は腐敗が非常に進んでいます。
人々が利益主義をこえる健全な価値観で国会議員を選挙する必要があります。

|

« 意識的に休息をとろう | トップページ | 政府を見ていると不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利益主義をこえる健全な価値観を持とう:

« 意識的に休息をとろう | トップページ | 政府を見ていると不安 »