« 社会を老若に二分してはいけない | トップページ | スポーツは嫌いではないが »

2008.05.27

男女関係は長い関係

A183
恐らく祖父から母に、母から私に伝わったサボテンですが、今年も見事な花をつけました。花芽がいっぱいついていますからしばらくは次から次へと花が咲くでしょう。

どうしてもある確率で乱暴者は現れますが、生きやすい社会とは全体的に助け合う雰囲気がある社会です。
家庭、学校、会社、市町村などの人間関係が希薄になっていることは非常に心配です。
隣に人がいるのに孤独を感じるのは社会が不健全である証拠です。
人のことを人間と言います。
孤独では人は健全に生きることができません。

何といっても家庭つまり家族の関係が一番重要です。
親が子を養育する愛以上の愛はないと思います。

そのためには男女関係を健全にする必要があります。
子の養育は約20年かかります。
人が知的であるからです。
人が知識を持つには長い年月が必要です。
生まれてきた子を夫婦が協力して養育することが大切です。
片方の親だけで約20年の養育は苦しいことです。
苦しいからといって養育を放棄すれば子はもっと苦しみます。

男女関係とは長く関係することを意味します。
ちょっと付き合っては別れるような関係では人間として生きることができません。

大きくなった男女がこのような関係をつくりやすくするためにもまず親である男女が健全な関係を長く維持し、助け合う暖かい家庭をつくることが肝心です。

現代は物理的にも精神的にも一人で生活する人が非常に多いのですが孤独は危険です。
人が人間でなくなる恐れがあります。
子が学校に行くようになったから、さらには職について独立したから放置では問題が起こりやすいと思います。
学校、会社、市町村はいろいろな便利を提供していますが、親の愛に相当するものは提供してくれません。
子が大きくなっても親は子を愛する親であっていいと思います。

|

« 社会を老若に二分してはいけない | トップページ | スポーツは嫌いではないが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女関係は長い関係:

« 社会を老若に二分してはいけない | トップページ | スポーツは嫌いではないが »