« 人の命を信じて生きる | トップページ | 政府と人々の間の深い溝 »

2008.05.03

憲法を軽視してはいけない

A169

憲法は国の基礎です。
その憲法を変に解釈し、変なことをやっている日本がどうして安定して存続しえるでしょうか。
憲法軽視は政府や人々の無法化を意味します。
いかに政府や人々が愛国心を叫んでも国の基礎である憲法を軽視しているようでは日本は荒れます。
現に荒れが目立ってきました。

今日は憲法記念日です。
憲法が問題だと言うなら憲法に基づいて憲法を改正してからやりたいことをやる常識を持つべきです。

それから法の中の法は人の命(human life)の重視です。
自分については生きることを考え、他人については生かすことを考えるのが常識です。
反対のことを考えますと自分が荒れ、自分の周りも荒れます。
他人が人の命を軽視しているからと言って自分も人の命を軽視しているようでは決して自分も周りも平穏になりません。

|

« 人の命を信じて生きる | トップページ | 政府と人々の間の深い溝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を軽視してはいけない:

« 人の命を信じて生きる | トップページ | 政府と人々の間の深い溝 »