« 私達が動いて政治を改善しよう | トップページ | 話し合いしなければ一歩も前進しない »

2008.10.08

生きるのに必要なもの・サービスが提供されているか

A256

これが私の経済的価値観です。
生きるのに必要なもの・サービスが提供されているなら現在の金融危機を気にしません。
マネーゲームに注力してきた金融機関が破綻して消えることは自業自得です。
損した人、騙された人も自業自得です。

マネーゲームの世界では得する人、損する人、騙す人、騙される人が存在します。
これらの存在がなければマネーゲームは面白くありませんし、成立しません。

問題は、人は、マネーゲームに夢中になると、生きるのに必要なもの・サービスの提供を怠ることです。
現在の金融危機で普通の経済が混乱し始めています。
マネーゲームやりすぎの証拠ではないでしょうか。

大臣の中にマネーゲームによる経済成長を主張した人がいました。
小学生もマネーゲームを覚えるべきだと主張し、一部の小学校ではマネーゲームの授業を行っているところがあります。
若い人の就職の人気の会社はマネーゲームをやる金融機関です。

自分の年金基金は自分がマネーゲームで運用するなどという無責任な企業年金制度が流行しています。
マネーゲーム時代を象徴した制度です。

銀行金利ゼロに失望した普通の人がマネーゲームに手を出しています。
会社の仕事で忙しい夫は妻にマネーゲームをやらせたり、妻のマネーゲームを支えています。
こうして激増したマネーゲームの素人はプロの餌食になっています。

生きるのに必要なもの・サービスの提供を事業あるいは仕事とする。
これが人生の基本です。
マネーゲームは、やらないか、遊びの一つにしておく程度がちょうどいいと思います。

|

« 私達が動いて政治を改善しよう | トップページ | 話し合いしなければ一歩も前進しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きるのに必要なもの・サービスが提供されているか:

« 私達が動いて政治を改善しよう | トップページ | 話し合いしなければ一歩も前進しない »