« 遠い客より近い客 | トップページ | 我が家の御節 »

2008.12.30

システムダウンあるいは誤作動はある

私はパソコンを二十数年仕事で使ってきました。
パソコンなしでは仕事ができません。
したがってパソコンが使えなくなると非常に緊張します。
数日徹夜していろいろな方法を試みて修復したこともあります。

昨日のJR東日本の新幹線のコンピュータシステムダウンについては担当者は私とは比較にならない緊張を経験したと思います。
大勢の人が迷惑を受けていましたから生きた心地がしなかったと思います。
最終的には入力のし直しで修復に成功したそうですが、よく3時間で修復できたと思います。

近年コンピュータシステムの信頼性が上がっていることに感心していますが、それでも100%信頼できません。
コンピュータシステムによる管理規模が大きくなればなるほどシステムダウンあるいは誤作動の被害が大きくなります。

一つのコンピュータシステムによる管理規模は大きすぎてはいけないということだと思います。
それからシステムダウンあるいは誤作動したとき何が起こるか予測することは絶対必要と思います。
コンピュータシステムを導入したいという思いだけでは冷静な予測はできません。
利害のない専門家の予測を聞くようにするといいと思います。

今年は日本も世界も本当に問題だらけの1年でした。
人間って知性があるのか、理性があるのかと疑いたくなるような1年でした。
それでも希望をもって新年を迎えたいと思います。
皆様もよい年を迎えられますように。

|

« 遠い客より近い客 | トップページ | 我が家の御節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システムダウンあるいは誤作動はある:

« 遠い客より近い客 | トップページ | 我が家の御節 »