« 介護保険を健康保険に吸収した方がいい | トップページ | 戦争用語を使い合うことをやめた方がいい »

2009.03.29

日本は失業率が高くなるはずがない国

090329

人が生きるには仕事をする必要があります。
病気などで仕事をすることができない人がいるならば、誰かがその人のためにも仕事をする必要があります。
要するに人がいる限り仕事はあります。

現在失業率が上がりつつあるそうですが、これはバブルの破裂という異常事態で仕事量が急減した結果です。
やがて社会が安定し、どこに人がいない仕事があるかわかるようになると人の流動化が生じ、失業率は下がります。

したがって現在の失業は政府が一時的に失業者を助けることで乗り切ることができます。

日本は老人の割合が増加しています。
本質的には失業率が高くなるはずがありません。
仕事が多すぎて困るはずです。

問題は労働条件です。。
仕事があるのに労働条件が悪すぎてそこに人が行かない場合があります。

労働条件の管理は業界の自由ということにしておくと悲観的な業界は労働条件を改善する思考が乏しく自分で業界を潰すことがあります。
たとえば農林業は業界自身が悲観的です。
政府も人々も今後農林業が重要と思っているのに肝心の業界に元気がありません。
政府が労働条件を管理し、業界指導、補助などを行って、まずは仕事をやりたいと思う人が集まってくる仕組をつくらなければならないと思います。
私達人々も、国産は高いと思っても、これは先行投資と思って国産を買い、業界に希望を持たせることが大事と思います。

|

« 介護保険を健康保険に吸収した方がいい | トップページ | 戦争用語を使い合うことをやめた方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は失業率が高くなるはずがない国:

« 介護保険を健康保険に吸収した方がいい | トップページ | 戦争用語を使い合うことをやめた方がいい »