« 箱根の自然よ、投資家の欲望に負けるな | トップページ | 消費回復ではなく、修正が望ましい »

2009.05.03

解釈憲法は憲法ではない

090503

今日は憲法記念日です。

しかし政府も人々も現実に流されています。
航路からはずれた船に乗って流されています。
この船がどこに流れ着くかわかっている人はいません。

憲法を大切にする政府や人々ならば、憲法に問題がある場合はまず憲法を改正し、改正憲法に従います。
ところが政府も人々も、憲法を改正せず、小学生でもおかしいと思うような憲法解釈を行い、解釈憲法に従っています。
これは憲法軽視です。
憲法を軽視することは一般に法を軽視することを意味します。

法を軽視してどうして社会が成り立つでしょうか。
航路からはずれた船はどこかに流れ着くのではなく、いつかどこかで大破すると思います。

|

« 箱根の自然よ、投資家の欲望に負けるな | トップページ | 消費回復ではなく、修正が望ましい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解釈憲法は憲法ではない:

« 箱根の自然よ、投資家の欲望に負けるな | トップページ | 消費回復ではなく、修正が望ましい »