« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.25

若い人も政治に関心を持ってほしい

090625

最近は安っぽいテレビ番組が非常に多いと思います。
広告収入が減ったため番組制作にお金をかけないからでしょう。
その中に若いタレントを集めて政治談義をする番組があります。
若いタレントは人気がありますから、ギャラが少ない割りに視聴率を上げることができるからでしょう。

政府の借金が話題になりました。
世界の国の中で日本政府が一番借金が多いというお話しが出たら、若いタレント達が初めて知ったと驚いていました。

彼らは政府の借金の危険性をほとんど認識していません。
自分は政府の借金とは無関係と思っています。
政府の借金を返すのは自分などと考えていません。

これは別のお話しですが、初めて国債を買った若い人が国に貢献したと喜んでいました。
貢献の喜びを感じないまでも、国債を買うほどの金持ちになったと喜ぶ若い人は多いでしょう。
しかし政府の信用に関する問題意識はゼロです。

小中高大における政治に関する教育が日本ではいかに貧困であるかを示しています。
若い人々がいかに政治に無知無関心であるかを示しています。

欲深な政治家、官僚、財界人が、癒着してお金を食うから、政府が、返せない国債を売る、つまり返せない借金をすることになります。
政府は借金を返せないから返済期限が来ると借りて返します。
ところで政治家など欲深が食うお金が増える一方ですので政府は毎年返す予定のない新規国債を発行します。
したがって借金残高は増える一方になります。

国債を買う人がいなければいいのですが、政府に対して従属的であった金融機関はこれまでずるずると国債を買ってきました。
今手を引くと確実に政府が破綻し、金融機関も国債が不良債権となり破綻します。
そこで金融機関は政府と死なばもろともと国債を買っています。

政府は背信行為をやっています。
そこである人が政府を裁判に訴えたとします。
裁判官は、違法と思っても、政府を破綻させるような判決は出しません。
政府の借金は法律の許容範囲という意味不明の言葉を使って合法無罪とします。

政府の借金は円の価値を危うくします。
したがって円の管理人である日本銀行は厳しく政府を批判すべきです。
ところが日銀も政府を破綻させるようなことはしません。
国会が日銀に国債を買えというと、表では日銀は政府から独立と言いながら裏では国債を買います。
日銀も政府と死なばもろともと国債を買います。

問題は国会であり、政治家です。
国会や政治家が腐っていては政治の腐敗は止まりません。
ここまで政治を駄目にしたのは自民党・公明党です。
自民党・公明党に甘いことを言っていたら、私達国民が大増税を命令され政府の借金を返す羽目になります。
すると貧乏人は致命的です。
金持ちだって損害を受けるでしょう。

悪性インフレになった場合は、円の価値がなくなるから政府の借金は棒引きの形になります。
しかし、悪性インフレ下では政治の混乱とすべての国民の苦しみは想像を絶します。

若い人々は政治についてもうちょっと考えるといいと思います。
学校の先生も、文部科学省や教育委員会を恐れず、もっと政治について小中高大生に教えるべきです。

「お金をばらまき景気対策に熱心な自民党・公明党はいい政党」なんて思っていると、そのうちに借金を返すため大増税の命令が来ます。
税を払わないと政府はその人に対し行政サービスを拒否し、生活が苦しくても助けないでしょう。
政府が背信行為をやって政府を破綻状態にしたのにです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

救われたという思いだけでは人は生きない

090619

現在宗教団体で戸別訪問に熱心なのはものみの塔だけでしょう。
ものみの塔の信者が二人連れでよく訪問してきます。
しかし彼らの神観、人間観、世界観等は、独特で真実とは思えません。

彼らの主張はアメリカのWatch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania(WTBTSP)に依拠しています。
この協会の小冊子の日本語版を読んでその内容を信じています。

小冊子はそれほど高いものではないと思いますが、信者は何部も買って未信者にあげていると思いますから毎月かなり出費しているのではないでしょうか。
塵も積もれば山となります。
アメリカのWTBTSPにあつまるお金はすごいのではないでしょうか。

訪問してくる信者の主張を聞きますと、彼らが、救われたと思っていることは確かです。
しかし、その知識から判断すると騙されていると感じます。
したがってものみの塔は霊感商法の範疇に入るかもしれません。

考えてみると、宗教団体はすべて、霊感商法をやっていると言えます。
団体に所属しない人から見れば価値のないものに信者はお金を使います。

信じて救われたという思いで思考を止めるのではなく、さらに学び、感性、知性を使って自分で真実を追求するといいと思います。
真実と思っても、変と思ったらまた新たに真実を追究するといいと思います。
団体と考えが異なることを恐れると、救われたと思っていても人は生きているのに死んでいる状態になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

日本人にとって一番大事なこと

090616

国連で朝鮮(北)制裁に血眼になっていたので政府は朝鮮と戦争する気かと思いましたが、戦争の引き金になりやすい貨物検査について政府は無理をしない方針のようです。
しかし輸入禁止に加えて輸出も禁止するそうです。
絶交に近い状態が、絶交になる訳です。

この絶交は朝鮮の人々を苦しめるだけでなく、やがて日本の人々を苦しめることになります。

私は、核兵器を持っているアメリカも朝鮮も人の命を軽視する無法の国と思っています。
そしてアメリカの核の傘の下にある日本についても、アメリカ、朝鮮並みの無法の国と思っています。

アメリカの核の傘の下から脱出し、アメリカに核兵器を捨てよと言わないかぎり、朝鮮に核兵器を捨てよと言っても日本に正義はありません。
説得力もありません。

つまり日本人にとって一番大事なことは、まず日本を、アメリカとの軍事的関係より、法、すなわち人の命を大切にする国にすることです。
朝鮮との関係については戦争しない方法を考えるべきです。
戦争になれば朝鮮の人々も日本の人々も大勢死にます。
ところがアメリカはお金を使うぐらいですみます。

自民党・公明党の対朝鮮外交は、問題をわざと大きくし、戦争するような外交です。
これは憲法違反であるだけでなく、人の命を危険にさらす行為です。
したがって、政府を借金漬けにすることと同様、国民に対する背信行為です。
私達は早く自民党・公明党の恐ろしさに気付くべきです。

私は次の衆議院選挙では自民党・公明党に投票しません。
お灸をすえる程度では駄目だと思っています。
自民党・公明党は自分のことを考えており、利権に安住しており、人々のことを考えていません。
しかもやっていることはやがて自分をも破壊するような浅はかな行為です。
これらの政党は潰さなければならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

私はゆうちょ銀行とかんぽ生命は利用しない

090613

鳩山邦夫総務大臣が辞任するか、西川善文日本郵政(株)代表執行役が辞任するかの問題は、鳩山氏が辞任することになりました。
それでは西川氏に問題はなかったかというと大いにあったと思います。

日本郵政は人々の貯金や簡保の掛け金で支えられています。
したがって資産の活用あるいは処分は、西川氏に近い人の利益、日本郵政を支えている人の不利益にならないように細心の注意を払う必要があると思います。

近年銀行が預金者の利益を軽視しているように、銀行界出身の大物西川氏は貯金者や簡保利用者を軽視したと思います。

ところで日本郵政の資産320兆円のうち260兆円が有価証券です。
私はこの有価証券に不安を感じています。
国債の割合が多いからです。
政府が破綻しつつある現状では日本郵政破綻の確率は非常に高いと思います。

そこで私は日本郵政の利用は郵便事業に限っています。
貯金はしていませんし、簡保にもかけていません。

日本郵政がアメリカの国債を買うというお話しがありますが、アメリカ政府も破綻しつつあります。
不良政府の国債を買って金融業をやるなんて貯金者や簡保利用者に対する背信行為だと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

喧嘩腰で言わなくてもいいのに

090609

駐車場のない店の前の道路脇に車を止めたら、突然男の人が車の脇に来て、おっかない声で、「すぐ車を出せ、仕事にならないよ」と言いました。
何事かと思って後ろを見ると、トラックが止まっていました。
男の人は店に納品するトラックの運転手でした。

店から買う私も納品する彼も同格です。
別に店の前の道路脇は彼が特権で使える場所ではありません。

「すみません。できれば車をもうちょっと前に移動していただけると助かります。そうするとトラックから荷を降ろして運びやすくなります。」
これが普通の人の言い方でしょう。

「失礼ではないか。そんな言い方ないだろう」と喧嘩腰で言い返したかったが、ぐっとこらえて黙って移動しました。

いらいらしている人が多いようです。

麻生太郎総理の街頭演説を聞いていると、鳩山由紀夫民主党党首に対し喧嘩腰で乱暴な口をきいています。
朝鮮(北)についても喧嘩腰です。
選挙前の若者向けの人気取りの演技だけではない喧嘩好きの感情的なものを感じます。
危険です。

人は、喧嘩腰で来る人に喧嘩腰で応じます。
本当に喧嘩になってどちらかが殺されるなどということも起こります。

麻生総理の言動を聞いていると、国に内乱を起こす気か、朝鮮と戦争する気かと思います。
すみやかに総理を代えた方がいいと思います。
自民党・公明党の政治はすぐやめた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

冤罪(えんざい)の原因となった誤った判断は犯罪

090606

冤罪で死刑になったり、長年刑務所に入れられたりした人のお話しを聞くにつけ、この判断の誤りは重大な犯罪だと思います。
ところが関係した検察官や証拠の鑑定人や裁判官の謝った判断は犯罪として問われていません。

法律はすべての人に平等に適用されてこそ法律です。
無実の人を有罪にして無実ということはありません。

検察官達の判断の誤りを犯罪として厳しく問わないと彼らの捜査力や鑑定力や裁判力が改善されません。

判断の誤りを犯罪として問われるなら検察官などの仕事をやりたくないというならやめていただくということでいいと思います。

人の命の重視は法の中で最も重要な法です。
司法の仕事以外の仕事だって人の命を軽視すれば犯罪です。
司法の仕事についている人は人の命を軽視していいなどということはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

言葉で飾られた行動より、いい結果をもたらす行動

090602

被害にはいろいろなものがありますが、その中で最も大きい被害が政府によるものです。
第二次世界大戦で人々が受けたあの恐るべき被害は政府がもたらしたということを私達は忘れてはいけません。
政府は人々のためと言って人々を苦しめました。

現在の政府も人々のためと言ってお金を借りて国内外にばら撒いたり、アメリカの戦争に協力したり、いざとなったら戦争を辞さないと言って朝鮮(北)を制裁したりしていますが、どのように考えても人々を苦しめることになると思います。

人々のためという言葉で飾られた行動より、いい結果をもたらす行動の方が重要です。

私は政府に危険を感じますから政治を担当している自民党・公明党を潰したいと思います。
人の命や健全な経済を大切にする政府にしたいと思います。

次の衆議院総選挙では何と言っても無党派が、そして自民党、公明党支持者であった人が、自分、日本、世界の未来を予測して自民党や公明党に投票しないようにすると政治を改善するきっかけをつくることができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »