« 私は苦悩している | トップページ | すると言うことと、することは全然違う »

2009.07.07

自民党・公明党は民主主義を軽視

090707

民主主義の日本で大半の国民から支持されていない麻生太郎内閣が、自民党・公明党の支持でいつまでも政治を行っているのは異常です。
総辞職しない麻生内閣も悪いが、麻生内閣を支持する自民党・公明党も悪いと思います。

このように自民党・公明党の悪は明白ですから次の衆議院総選挙では自民党・公明党を潰すということでいいと思います。
お灸をすえる程度ではいけません。

国民が自民党・公明党に甘いと政治は腐敗する一方です。

子供の養育、住宅基準、産業、労働、医療、老人の生活などの改善が政治の急務です。
目的効果を十分検討しないまま当座の大金のばら撒きを行うことは腐敗を助長するだけです。
また政府破綻を加速します。
苦しむのは私達です。

|

« 私は苦悩している | トップページ | すると言うことと、することは全然違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/45562567

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党・公明党は民主主義を軽視:

« 私は苦悩している | トップページ | すると言うことと、することは全然違う »