« インド洋上の給油活動は中止した方がいい | トップページ | 衆議院選挙では迷うことなく自民党・公明党を潰そう »

2009.08.07

麻生太郎氏はうそつき

麻生太郎氏が外務大臣であったとき、彼が、日本が核兵器を持つことを考えてもいいと発言したことは誰も忘れていないでしょう。
現在は彼は総理大臣です。
そして今アメリカ政府と日本政府の間で、日本がアメリカの核の傘の下にいる効果について真剣に検討されています。

その彼が、昨日の広島市原爆死没者慰霊式・平和記念式において「本日、私は改めて日本が今後も非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていくことをお誓い申し上げます」と言いました。

麻生氏って本当にうそつきだと思います。

アメリカの戦争の大義について真剣な検討も行わないまま、アメリカの強い要請を受け、自民党・公明党はアメリカの戦争に協力してきました。
アメリカのイラク戦争への協力については裁判所から憲法違反との判決を受けたほどです。

経団連の要請を受けて自民党は真剣に武器輸出を考えています。
それはよせと総裁の麻生氏は言ったでしょうか。

麻生氏が、恒久平和を実現したいと思っているなんてうそです。
法に基づいて彼がアメリカに言うべきことを言ったことは一度もありません。
彼が考える平和とは、アメリカとの同盟およびアメリカを中心とする国際社会による平和です。
アメリカとその同盟国(イギリス、イスラエルなど)の軍事力を背景にした平和です。

アメリカに対抗して中国も、ロシアも、今は静かに軍拡を続けています。
アメリカ本土を攻撃できる軍備に重点を置いています。

近年は朝鮮(北)が核兵器を持ちました。
アメリカ本土にとどくロケットの開発に注力しています。
アメリカが核兵器を廃棄しないかぎり朝鮮は廃棄しないでしょう。

イランもアメリカやイスラエルに対抗して核兵器開発を進めていると推定されています。
聞くところによると軍政のミャンマーでも核兵器開発の動きがあるそうです。

インド、パキスタンはすでに核兵器を持っています。

麻生氏のやっていることのどこが恒久平和でしょうか。
今度の衆議院総選挙で自民党・公明党が大敗すると思うから、うそをついて、国民受けする非核三原則とか恒久平和という言葉を口にして 人々を騙しているだけです。

|

« インド洋上の給油活動は中止した方がいい | トップページ | 衆議院選挙では迷うことなく自民党・公明党を潰そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎氏はうそつき:

« インド洋上の給油活動は中止した方がいい | トップページ | 衆議院選挙では迷うことなく自民党・公明党を潰そう »