« アメリカによる日本占領がまだ続いている | トップページ | 皮肉ですが、いっそ大臣の記者会見も禁止しては »

2009.09.26

貧乏人の増加を防ぐには

090926

多くの人がまだ不景気だと言うのですが、私は不景気と感じません。
反対に人々はまだ動きすぎと思っています。
生産も消費ももっと減らすべきと思っています。
何故なら現状では省資源・省エネルギーが進まないと心配しているからです。

真実は、もの・サービスが多すぎるから、収益をあげることができない人が出ているのではないでしょうか。
一人でいいのに二人でもの・サービスを提供したら当然収益は減ります。
競争に負けた人が収益ゼロになります。

自由主義の競争社会ではどうしても収益の低い人が出ます。
現在は人々が前よりちょっと節約し、競争が激しくなっているので収益の低い人が多くなりました。
もの・サービスが不足している訳ではありません。

それでは社会主義で競争のない社会はどうでしょうか。
思考が不自由になり、人々が元気を失い、それこそ不景気になります。

それでは自由主義で競争を少なくした社会は実現できないでしょうか。
大半の人は、収益性がいいと聞くとその産業に参入し、競争を激しくします。
したがって実現はむずかしいでしょう。
ただし独創的でよく考える人は、競争に強いか、競争が少ない事業を考えますから、競争社会でも高収益を上げます。

貧乏人の増加を防ぐため経済成長を重視する人が多いのですが、実現は容易ではありません。
世界レベルで競争が激化しているからです。
日本人すべてが独創的でよく考えるということはありえないからです。

残る方法は、政府が弱者を救済するとともに新産業振興策を設けて人を新産業に誘導することだと思います。
新産業振興のためには政府の調査企画力を上げる必要があります。
前自民党・公明党政府のように民活などと言って政府が楽をし、指導力を欠く状態では競争が激しいだけで収益が低い人が続出します。
経済横這いあるいは縮小時代は政府の責務が非常に重いことを政府は理解すべきです。

|

« アメリカによる日本占領がまだ続いている | トップページ | 皮肉ですが、いっそ大臣の記者会見も禁止しては »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/46314170

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏人の増加を防ぐには:

« アメリカによる日本占領がまだ続いている | トップページ | 皮肉ですが、いっそ大臣の記者会見も禁止しては »