« 消費税率を上げて貧富の格差是正ができるか | トップページ | 実質社民党は消滅 »

2009.09.08

民主党は目的意識を失ってはいけない

090908

やがて誕生する民主党政府はただちにインド洋におけるアメリカとその同盟軍の艦船への給油を中止すべきです。
ところが最近は関連法律の効力が切れる来年1月まで給油を続けるなどと民主党は言っています。
今から関連法律の廃止を国会で討議しても、代案を出さなければならないため、すぐ廃止できないという現実的問題があるかもしれませんが、給油中止の目的意識が曖昧になりました。

民主党はアメリカとの関係より人の命を重視すべきです。

最近アフガニスタン北部でNATO軍がタリバンを空爆して数十名の民間人を巻き添えにし殺してしまったようです。
テロ対策で民間人を殺してはならないとは、アフガニスタン戦争が始まった2001年から世界が言ってきたことです。
それなのにどうしてアメリカとその同盟軍は2009年の今も大勢の民間人を殺しているのでしょうか。

戦争はテロ対策ではありません。
殺人と破壊です。
警察行為ではなく、犯罪です。

そもそもアフガニスタン戦争を始めたアメリカは不法です。
正当防衛ではなく、過剰防衛であり、攻撃であったからです。
アメリカと同盟する国々も同罪です。

ところで日本はインド洋での給油という方法でアメリカのアフガニスタン戦争に協力しています。
直接殺していないから罪はないと考えていますが偽善です。

オバマアメリカ大統領はイラク戦争は中止すると言いましたが、アフガニスタン戦争については戦力を増強すると言いました。
アメリカの誇りや産軍複合体に配慮したのでしょう。
すぐ戦争を中止できないという現実的問題があるのでしょう。
しかし彼の目的意識が曖昧になりました。

日本の民主党も、野党で反自民党・公明党のときは平和的なことを言っていましたが、政治担当政党になると豹に変じる恐れがあります。
要注意です。

|

« 消費税率を上げて貧富の格差是正ができるか | トップページ | 実質社民党は消滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/46152629

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は目的意識を失ってはいけない:

« 消費税率を上げて貧富の格差是正ができるか | トップページ | 実質社民党は消滅 »