« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

慣習は社会の知恵

09122226

しかし慣習は時代遅れになると無益さらには有害になる場合があります。

私は戦後教育を受けて育ったおかげか(せいか)戦前の多くの慣習に古臭さを感じました。
そこで意図的に変と思った慣習を捨てて生きてきました。
それで人間関係が悪くなったかというとそのようなことはありませんでした。
同じ戦後教育を受けて育った人々は私の言動にそれほど違和感を感じなかったようです。
私より年輩の方で私を見て怒った人もいたと思いますが、慣習無視については戦後は怒ると怒る方が悪いという雰囲気があったため怒れなかったでしょう。

たとえば私は仏教の慣習をほとんど捨てました。
お寺やお墓にお参りに行く、お布施をする、仏像を拝む、お墓をつくる、仏壇、仏具を買う、和尚さんを家に呼ぶなどの慣習を捨てました。

親戚、友人、知人のお葬式で和尚さんのお話しを聞く機会が多くありましたが、読経は意味不明でしたし、死後の世界に関する和尚さんの説話は虚偽だと思いました。
和尚さんは金銭欲が強いと思うことが度々でした。
そのため和尚さんから仏教を学びたいと思いませんでした。
仏教は経典の日本語訳を読んで勉強しました。

思い出のある亡き人については私は記憶している亡き人に話しかけます。
お墓や位牌には話しかけません。

私が死ぬと肉体はもちろんのこと、原精神(私は「人の命」と呼んでいます)も自我も消えると思います。
「人の命」や自我は生きている人に実現します。
私については、思い出のある人が記憶しているか、私のことを書いた資料が残るのみです。
人が亡くなり、資料が無くなれば私の痕跡は消えます。

人は死ぬまで生き生きと生きることが大事と思います。
死ぬまで自我は「人の命」と一緒ですから自我は何も淋しいことはありません。
死ねば自我は消えますから、「人の命」が消えても何の問題もありません。

「人の命」は生きている人すべてに働いており、その人を生かしています。
子孫であろうと他人であろうと生きている人には私に働いている「人の命」と同じ「人の命」が働いています。

生きている人にとって一番大事なことは生きていることであり、「人の命」であると思います。
だから人は人を生かすことを考えるべきです。
戦争、死刑、人殺し、自殺などは、生の否定であり、「人の命」の軽視であり、罪です。

私は来年70歳になります。
これまで「人の命」を信じて生きてきましたが、今後も生き生きと生きることができるでしょうか、人生まさに実験です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.28

中国政府が昔の暗い政府に戻らないことを祈る

091228

民主党政府は在日アメリカ軍を外国の攻撃を防ぐ抑止力として使うと言います。
この考えではアメリカに対し日本の立場を改善することは不可能です。
アメリカとの関係を対等にすると言っていたのにどうしてこれほど後退したのでしょうか。

政治を担当するようになって民主党政府はなにか恐怖を感じたようです。
中国の脅威を痛感したのではないでしょうか。

経済成長が続いていますが、一人当たりで見るとまだ中国は経済水準が低い状態にあります。
もし中国政府が今後も成長に必要な資源の確保に失敗すると人々の怒りは政府に向かいます。
そこで政府は自分の崩壊を防ぐため必死に資源確保に走るでしょう。

東シナ海の海洋資源開発については中国政府の侵略的姿勢に日本政府はかなり緊張しています。
中国との貿易、中国への投資が伸びているので日本政府は忍耐している状態です。
背に腹はかえられぬ事情がある中国政府は東シナ海については今後も日本に対して侵略的姿勢を持ち続けるかもしれません。
総合的に判断して現在の日本との経済交流を犠牲にして中国政府が東シナ海で日本と戦端を開くことは考えにくいのですが、民主党政府は用心して在日アメリカ軍を戦争抑止力として残すことにしたのでしょう。

中国政府は、中国のことだけでなく、中国周辺国のことも考えるようにならないと、自国の経済改善を持続させることは不可能です。
現状のままでは周辺国から嫌われ、東アジア共同体の中心的メンバーになれないでしょう。
反対に東アジアで孤立する恐れがあります。

冷戦時代の中国政府に較べれば現代の政府は経済交流の重要性をよく理解していると思います。
再び昔の暗い政府に戻ることがないように祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.25

留学生の就職相談員の仕事をやってみて

091225

ある機関から留学生の就職相談員をやってほしいと頼まれて12月に5日間協力しました。
留学生の中にはエントリーがすべてと思い、その反応の悪さに疲れ、就職できないという不安にとりつかれている人がいました。
外国人としては日本語が上手なのに自分は日本語が駄目だとすぐ言ってしまう人がいました。
日本で就職できなかったら国に帰ると自分に言い聞かせて安心しようとしている人がいました。

ほとんどの留学生が大学や大学院を出れば就職できると思っていたようで就職先について具体的に考えている人はいませんでした。
たとえばどんな会社を知っていますかと聞くと、有名な会社の名前を上げる程度でした。

確かに留学生は日本語を覚え、大学や大学院に入り、学問するだけでも大変なエネルギーを費やします。
生活費や学費を稼ぐためアルバイトをしている人が多いのですが、アルバイト先の知識は増えても就職先のことを考えるまでには至っていません。

昔は大学や大学院が少なく、指導教官はだいたいの学生の就職の世話をできました。
今は大学も学生も多すぎて、求人が少なく、指導教官は就職の世話をしてくれません。
大学は大学のことを考えて学生を増やしており、学生の就職先のことを考えて学生をとっていません。
無責任な大学が増えていると思います。

留学生は大学や大学院における学問も不十分と思います。
したがって卒業の1年以上前から就職活動で時間をとられるのは本当に可哀想です。

普通の日本の学生のようにやみくもに就職活動せず、まずはしっかりと学問し、よく考えた自分が希望する就職先や具体的な外国人求人情報を大切にして就職活動を行なうようにした方がいいと思います。

いずれにせよ、希望と自信をもって就職活動を行いながら日本における自分の人生設計を具体的につめていってほしいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.22

政治の軌道修正を実行する決心が必要

091222_2

在日アメリカ軍基地問題に関する話し合いでは、強腰のアメリカ政府と弱腰の日本政府の関係が目立っています。
対等の関係にすると言った鳩山総理の言葉はうそだったようです。
対等にするなら交渉段階から対等であらねばなりません。

対等の関係にするためには

1. 日本は自国の防衛に責任を持つべきです。
2. いろいろな方法でアメリカは日本をいじめるでその覚悟をし、対策を講じるべきです。

日本より上にあって満足していたアメリカは対等になると下がる訳ですから当然不満を持ちます。
二国間会議や国際会議でアメリカは日本を無視したり反対したりして日本をいじめるでしょう。

私が一番心配するのは経済交流の制限です。
たとえば日本は小麦、とうもろこし、大豆などのアメリカからの輸入が減ると苦しくなります。

しかし私は日本はこれらの困難を乗り切るべきと思っています。
この困難に耐えることで日本の産業は再生するのではないかと思っています。
日本は現状のままアメリカの保護を受けていると国力を失います。

鳩山総理は内政外交両面で優柔不断が目立っています。
おりしも鳩山総理は政治献金疑惑で総理の資格が疑われています。

もし内政外交の軌道修正ができないなら鳩山内閣には総辞職してもらいたいと思います。
自民党も腐敗していますからまさに政治の危機と呼ぶべき状態になりますが、そうなっても日本の政治は軌道修正すべきです。

追記 日本の農業を再生するため高くても国産を買うようにしましょう。現在一般の人が農業に投資する方法がありません。国産を買うことは間接的投資です。政府は事業意識乏しい農家の所得補填ではなく、農業振興の仕組みづくりにかねを使ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.19

強いアメリカは法を軽視

強さを重視してアメリカは発展しましたが、現在は国も赤字、政府も赤字、自分の考えを押し付けるので世界の反アメリカ感情が高まるというまずい状態にあります。
原因は政府や人々が自分のことしか考えないことにあります。
強さを重視すると法を軽視する傾向があります。

強さより世界に通用する法を真剣に考えるべきです。
私は「人の命」の重視を基本精神とする法が大事と思います。

人が生きる目的は生きることです。
したがって、自分が生きることだけでなく、他人が生きることも尊重すべきです。
自分のことしか考えない強さはよくありません。

アメリカは外国の人権問題を問題にしますが、自分の人権問題を問題にすべきです。
たとえば在日アメリカ軍基地周辺の人々が、軍用機の騒音、墜落、落下物、軍人の犯罪に苦しみ、基地反対と叫んでいるのにそれを無視して問題解決に取り組まないのは人権無視です。
アメリカは国益しか考えていないからです。

アメリカとの関係が悪化することを恐れて基地問題解決に消極的な日本の政府や人々も、虎の威を借る狐でして、法を軽視していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.16

アメリカは時代の変化を理解できないでいる

自民党ですら日本の防衛は日本が行うことを目標にしています。
自民党が恐れているのは急に在日アメリカ軍の廃止を行うとアメリカの反感を買ってその最新の軍事技術を導入することができなくなること、中国やロシアとの関係が厳しくなったときアメリカの助けを得られないことなどでしょう。

私は自民党の心配について多少理解できますが、心配しすぎと思っています。
日本はもっと中国やロシアとの平和外交に注力すべきです。
これらの国は、いざとなったら戦争するという決意で外交を行うべき国ではありません。
あえて信頼して交流を深め末長く友好を保つべき国です。

もちろんアメリカとも交流を続け、末長く友好を保つべきです。
アメリカとの軍事同盟を維持すべき時代は去りました。
政治担当政党が変わりましたので日本は在日アメリカ軍再編を根本から見直すべきと思います。
まだアメリカは時代の変化がわかっていません。
時間をかけてもアメリカとまず世界動向と世界のあり方を議論した方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.13

景気より安定が大切

091213

実質失業率は約10%だそうです。
この数字が15に向かって動いているならば社会は危険です。
しかし在庫調整もほぼ終わり、生産が増える方向にあります。
失業率は下がる方向と予測します。

景気対策のため政府にもっとかねをばらまけと主張している人は政府に対する依存心が強すぎるのではないでしょうか。
工夫と努力をして事業や仕事をすることより楽をして儲けることを考えている人ではないでしょうか。
2010年度税収40兆円以下、歳出90兆円以上と言われている政府にもっとかねを使えと言う人は頭がおかしいと思います。

現状をこう考えてみてはいかがでしょうか。

労働力は9/10でも全員が生活できるだけの生産がある。
したがって全体で見ると生活の心配はない。
問題は失業者がいることである。

そこで政府は失業者を助けることに重点を置いてみてはどうでしょうか。
失業手当を給付するだけでなく、彼らに永続的仕事をつくることが大切です。
産業全般の景気回復は失業者にとっては間接的な救済で、自分が本当に仕事に就けるか不安です。

(注)生産コストを考えると誰でも海外生産を重視しますが、第三次産業だけでは日本は失業率が上がります。
そこで第一次産業、第二次産業の復活を図るべきです。
国内生産が海外生産と競争するためには、付加価値の高いものを生産するため技術開発を行うこと、所得減を恐れないことが必要です。
所得ゼロより所得減ですむ方がはるかにいいと思います。

政府の大雑把な景気対策は、人々が生きるのにそれほど必要ない事業や仕事を増やす恐れが大きいと思います。
日銀の金融緩和と政府の景気対策は不必要産業の拡大の原因になります。
したがって仮に景気がよくなってもまたバブルです。
バブルがはじけるとまた失業者がどっと出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.10

宗教人の理想の生き方

091210

ヨーロッパではイスラム教系の人が増えているためキリスト教系との争いが目立ってきました。
ヨーロッパ人の宗教の自由は頭で考えたことであって体が受け入れたことではありません。

文化の相違、価値観の相違は争いの原因になります。
イスラム教系の人がヨーロッパに分散して静かに生活している間はまだいいのですが、モスクをつくり、そこに集まり、宗教的行事を行い、モスクを中心にイスラム教の言動が町で目立つようになるとキリスト教系の人の反感が高まります。

心ではどのような宗教を信じてもいいと思いますが、その宗教を形にして周りの人々に見せつけるようになると異なる宗教人の反感を買うのは自然と思います。
したがって今ヨーロッパで起こっている宗教争いは一概にキリスト教系の人が悪いとは言えません。

ここでお互い意地になって宗教争いを大きくするか、それともキリスト教、イスラム教関係なく、他人の反感の原因になる形を規制して争いを小さくするかは、人々の智恵の出しどころと思います。

私は、既存宗教にそれほど抵抗はありませんが、日本で、イスラム教系の人がことさら法律を無視してイスラム教の慣習を優先する社会的言動をとるとか、モスクから大きな声でコーランを歌うように読み上げる声が町に長時間響くとか、目まで網で隠すとか目だけ出して顔を布で隠す衣装を女性がつけて町を歩くことなどには抵抗を感じます。

イスラム教に限らず、仏教でもキリスト教でもその他の宗教でも、人々の反感を買うような言動は遠慮する智恵が必要と思います。

その人の宗教が何かわからないが、その人を見ていると人の命を重視した好感のもてる生き方だと思えるのが宗教人の理想の生き方と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.07

知識、思考、行動

091207

生きるには、自分で知識を学び、思考し、行動することが大切です。
これらのことをしないと他人の助けが必要になります。

子供を観察すると、実によく学び、考え、行っています。
大人になって自立して生きるためです。
したがって親が親の価値観で子供の自由を抑えすぎますと子供の知識、思考、行動は歪んだものになりやすいと思います。
この歪みは大人になってから修正可能ですが、簡単ではないと思います。

簡単でない理由の一つは過去の生活に慣れた大人は変化を恐れるからだと思います。
たとえば生きにくい生活をしているのに、生活を変えるともっと生きにくくなるのではないかと心配します。
心配しすぎると知識、思考、行動の歪みが取れません。

親は、生きるのに有益な知識を教えると同時に、子供に自分で知識を学び、思考し、行動することを教える必要があります。
親の知識、思考、行動に限界があるからです。
子供が大人になって親をこえるためです。

ところで政治家や官僚や経営者にはアメリカの助けがないと仕事ができない人が多いと思います。
アメリカとの関係が非常に長く、自分で知識を学び、思考し、行動する習慣を身につけることができなかったからだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.04

世界史の大きな新しい波

091204

アメリカ政府はアフガニスタンからも軍を撤退させることを決めたようです。
2011年7月から撤退を開始するという意味は、今後1年半でアフガニスタン政府は自分で治安を維持する体制をつくれということでしょう。
政治をする自覚が乏しいアフガニスタン政府がこの体制をつくれるか疑問ですが、アメリカ政府としてはアフガニスタン戦争をやめたいということでしょう。
軍の増派は、アルカイダを滅ぼすためと言っていますが、タリバンの攻撃を牽制する目的が大きいと思います。
したがって在アフガニスタンアメリカ軍は防衛的であるかもしれません。
つまりアメリカ軍がアフガニスタンの治安を回復することはないと思います。
(注)反対に攻撃的であっても死傷者が増えるだけで治安は回復できないと思います。

西アジアではイランが反アメリカの中心になりました。
アメリカが戦争でつくりかえたイラク政府やアフガニスタン政府が親アメリカを続けるかどうかわかりません。
イスラエル問題が解決しない以上、西アジアにおける反アメリカの動きは今後も止むことなく続きます。

反アメリカ感情と競争心をてことして西アジアの人々の精神力がどんどん高まりつつあります。
その彼らが東アジアの生産を積極的に学び始めると、今はどうしようもないように見える混乱の西アジアが世界の中心になることもありえます。

いずれにしても、ヨーロッパ、アメリカが世界の中心の時代は終わりを迎えつつあります。
世界史の大きな新しい波が来つつあることを感じます。

日本は、アメリカ先生がおかしくなったので途方にくれている感じがします。
そろそろアメリカ先生をこえ、世界から学び、自分で考え、人の命を重視する法を立て、精神を高揚させ、世界の先生になるぐらいの気持ちで自由に歩むべきです。
在日アメリカ軍には撤退してもらっていいと思います。

外交や自衛隊の問題は人々が大いに論議し、考えを収斂していくことが大切と思います。
アメリカ先生に考えてもらうではいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

異常な政府と人々

091201

普通の人であれば3年も赤字が続けば死に物狂いで収入を増やし、支出を減らして借金を返します。
しかし10年たっても20年たっても30年たっても赤字を続けている政府は異常としか言いようがありません。

ところが人々は、実質破綻している政府に、もっとかねを使って景気を回復せよと叫びます。
ダムは造り続けよ、在日アメリカ軍の飛行場は造れなどと叫びます。
人々も異様としか言いようがありません。

人々のかねが金融機関を経由して政府に流れていることをちゃんと認識しているでしょうか。
金融機関が異常政府に貸し続けていることを知っているでしょうか。
政府にかねを使えと言えば自分の金融資産は無事と思っている人々は頭がおかしいのではないでしょうか。

政府にかねを使えと叫ぶ前に自分で使うことを考えてみたらどうでしょうか。
少なくとも金持ちは、当面経済は私達が支えるから政府は赤字を減らすことに全力を投入してくれぐらい言ったらどうでしょうか。

政府にもっとかねを使って景気を回復せよと叫んでいる人々は政府の破綻に拍車をかけています。
しかも、知らない間に、そして使わない間に自分の金融資産が消えていることにまもなく気付いて切歯扼腕するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »