« 政治担当政党は変わったが政治は変らない | トップページ | 世界史の大きな新しい波 »

2009.12.01

異常な政府と人々

091201

普通の人であれば3年も赤字が続けば死に物狂いで収入を増やし、支出を減らして借金を返します。
しかし10年たっても20年たっても30年たっても赤字を続けている政府は異常としか言いようがありません。

ところが人々は、実質破綻している政府に、もっとかねを使って景気を回復せよと叫びます。
ダムは造り続けよ、在日アメリカ軍の飛行場は造れなどと叫びます。
人々も異様としか言いようがありません。

人々のかねが金融機関を経由して政府に流れていることをちゃんと認識しているでしょうか。
金融機関が異常政府に貸し続けていることを知っているでしょうか。
政府にかねを使えと言えば自分の金融資産は無事と思っている人々は頭がおかしいのではないでしょうか。

政府にかねを使えと叫ぶ前に自分で使うことを考えてみたらどうでしょうか。
少なくとも金持ちは、当面経済は私達が支えるから政府は赤字を減らすことに全力を投入してくれぐらい言ったらどうでしょうか。

政府にもっとかねを使って景気を回復せよと叫んでいる人々は政府の破綻に拍車をかけています。
しかも、知らない間に、そして使わない間に自分の金融資産が消えていることにまもなく気付いて切歯扼腕するでしょう。

|

« 政治担当政党は変わったが政治は変らない | トップページ | 世界史の大きな新しい波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異常な政府と人々:

« 政治担当政党は変わったが政治は変らない | トップページ | 世界史の大きな新しい波 »