« 捕鯨問題 | トップページ | ハイチ救援 »

2010.01.15

これを機会にハイチは人々が助け合う国になってほしい

100115
ツワブキは0度以下の気温でこのようにしおれてしまいますが、気温が上がりますと、立ち直り、つやつやした緑を回復します。

ハイチの首都ポルトープランス近くで起こった大地震の被害は非常に大きかったことが次第にわかってきました。
国連や世界各国が救援行動を開始しました。

私はこの種の災害についてはユニセフに寄付することにしています。
ユニセフなら寄付を正しく使ってくれるだろうと思うからです。

ハイチについてはヨーロッパやアメリカが社会を破壊した長い歴史に同情しますが、ヨーロッパやアメリカが支配をやめた今、武装組織や犯罪者が社会を乱していることは困ったことです。

今回の地震ではハイチの人々が助け合っている映像が沢山入ってきています。
これを機会に争いをやめ、人々が人の命と法を尊重して助け合う国になってほしいと思います。

ハイチでは強者が弱者を差別しているようですが、差別社会では強者の生活も決して安定しません。
弱者の労働条件を改善することで貧富の格差を是正することが必要です。
ハイチにはボーキサイトのような鉱物資源があるようです。
治安がよくなれば鉱物を輸出するだけでなく、外国資本を呼び込むことができ、金属さらには金属製品産業を育てることが可能です。

法人税に加えて、国民の労働対価を改善することで個人税を増やし、その税をもって子供たちの養育、教育を支援し、ハイチを支える人材を育てるといいと思います。

|

« 捕鯨問題 | トップページ | ハイチ救援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これを機会にハイチは人々が助け合う国になってほしい:

« 捕鯨問題 | トップページ | ハイチ救援 »