« 納税あって相応の政府サービスが可能 | トップページ | 捕鯨問題 »

2010.01.09

国内生産を増やして仕事を創出しよう

S100109

冬貧乏のため路上で寝る人がいると聞くとぞっとします。
政府は助けるべきです。

長期的に考えると永続的仕事を創出することが必要です。
輸入が多いものについて検討し将来輸入がむずかしくなりそうなものについて国内生産振興を行って仕事を増やすべきと思います。

新エネルギー事業、農林業などは政治的に拡充すべき事業と思います。
エネルギー、食料、木材は国と国の資源争いの原因になりやすいものです。
これから輸入がむずかしくなります。

海外生産に負ける、あえて生産をやると所得が減るなどと言って生産を軽視するとやがて仕事がなくなり所得がゼロになるでしょう。
所得減の方が所得ゼロよりいいと思います。

生産を軽視する国は確実に衰退します。
生産を忘れず、技術開発を続けるならばいつか所得が増える時が来ます。

人々も生産分野に投資を行って国内生産振興に寄与するようにするといいと思います。
国産を買うのも一つの投資行為です。

かね回りをよくすれば自然仕事が増えますが、また消えるバブルのような仕事が増える恐れが大きいと思います。
それより将来必要な仕事を政策として増やす方が仕事量は安定します。
金融など第三次産業だけで日本人全員が生活できるなどということはありえません。

|

« 納税あって相応の政府サービスが可能 | トップページ | 捕鯨問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国内生産を増やして仕事を創出しよう:

« 納税あって相応の政府サービスが可能 | トップページ | 捕鯨問題 »