« アメリカと中国に翻弄される日本 | トップページ | 人の命を重視せよ »

2011.01.26

人口減少、老人割合増加

民族大移動がおこって日本に中国人がとうとうと流れ込むと心配する人がいます。
しかし今の中国人にとって経済成長している中国の方が魅力があるでしょう。
人口減少、老人割合増加、経済縮小の日本に投資する投資家は少ないと思います。
お金がないところに人は集まりません。

尖閣諸島および周辺海域に中国人が来るのは日本人がこの島と周辺海域を利用しないからです。
中国人が日本の山林を買いに来るのは日本人が山林を利用しないからです。
戦後植林した杉が見事に成長しているのに日本人は誰も有効利用しません。

しかし人が住んでいる平野部は老人の町になりつつあります。
老人を養うためにわざわざ日本に来て働いてくれる中国人はいないでしょう。

苦しくても日本人が日本での事業や仕事を考えるしかないと思います。
生活が苦しい人を政府が税金で助けると言っても税金が集まらなければどうしようもありません。
老人も働く、技術開発で1人当たり労働生産性を改善する、などが重要と思います。

老人割合の増加を恐れすぎてはいけないと思います。
日本は、数十年もすれば老人割合は減少し、人口は1億人以下となり、高い一人当たり労働生産性とすぐれた住環境を享受する理想的に国になる可能性を持っています。

|

« アメリカと中国に翻弄される日本 | トップページ | 人の命を重視せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少、老人割合増加:

« アメリカと中国に翻弄される日本 | トップページ | 人の命を重視せよ »