« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.29

利権構造が肥大化し、産業は衰退する

110729

1980年代後半大手金融機関がバブルを起こし、1990年頃そのバブルが破裂して大手金融機関が実質破綻しました。
そのとき政府は大手金融機関救済に回り、大手金融機関は古い体質を温存したまま生き残りました。
一方政府の借金は急増しました。

大手金融機関がバブルを起こしたことは人々に対する背信行為つまり非常に重い罪でした。
ところが大手金融機関が倒産すると経済混乱が大きいという理由で政府は罪を問いませんでした。
政府が大手金融機関から借金し頭が上がらなかったためこのような不条理が起こりました。
その後、ますます政府と大手金融機関の不純な関係は深まっています。
一方、人々は、預金金利実質ゼロで大手金融機関に利用されています。

今東京電力福島第一原発事故についても同じことが起こりつつあります。
恐るべき放射能汚染を起こした訳ですから東京電力の罪は非常に重いと思います。
ところが東京電力が倒産すると電力供給、事故処理、損害賠償に問題が生じるという理由で政府は東京電力を助ける動きを示しています。
バブルの場合と同じで、今後ますます政府と東京電力の不純な関係は深まっていくでしょう。
高い電気代あるいは税金に苦しめられるのは人々です。

政府は産業を大きくするため特定の会社を優遇してきましたが、それがいつしか利権構造を育て、その利権構造がないと動けない政府に成り下がりました。

この利権構造は間違いなく産業衰退の原因になります。
事業の自由化がないからです。
事業環境はどんど変わっていきます。
変化に対応する弾力性を失った産業は衰退します。
衰退して初めて利権構造の崩壊が起こります。
利権会社は地下組織に形を変え、裏社会で生き残ろうとするかもしれません。

現在の政府と人々の保守的行動を見ますと日本は衰退すると予感します。
これは個人ではどうしようもない大きな流れです。
今後は数十年、数百年の時間単位で苦しい個人的工夫努力が必要になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.26

国語はその国の最大の文化

昔妻と娘1人を連れてノルウェーを旅行した時の印象ですが、人気のない自然や村を1人歩いていても危険を感じない国でした。
しかし今は違うかもしれません。
ノルウェー人の中に外国人に対し反感を持つ人が増えているかもしれません。
それだけノルウェーの中で外国人とその文化が異質なものとして目立ってきたということではないでしょうか。

今回の爆破と銃撃はノルウェー人が外国人に対してではなく、自国民に対して行った犯罪でした。
外国人と外国文化に甘い自国民に対して憎しみをあらわにした感じです。
犯人は右翼でキリスト教原理主義者だそうです。

ノルウェー政府や国連は直ちにテロを非難しました。
破壊殺人テロについては非難されて当然です。

しかし国の文化のあり方については反省すべき点があると思います。
外国人に開かれた国がいいと言っても開かれすぎた国がいいかどうかという問題です。

今回のテロは反イスラムの感情がありますが、ここではノルウェーの言語政策についてちょっと触れて見たいと思います。

ノルウェーは英語教育が発達していますから、高齢の老人を除けば皆英語を自由に使います。
外国人にとってノルウェーは旅行しやすいだけでなく、住みやすい社会です。
ノルウェー人は英語が使えると世界で活躍できますから気分がいいでしょう。

しかしノルウェー人が英語を上手に使うことから判断してノルウェー人どうしでも英語を使っている人が多いのではないかと思います。
つまり英語で思考している人が多いのではないでしょうか。

ノルウェー語はノルウェーの最大の文化です。
そのノルウェー語を使わず英語を使うノルウェー人が増えることはノルウェー文化が消える恐れがあることを意味しています。
ノルウェーのアメリカ化を意味します。
それでノルウェーはいいのかという問題があります。

日本は不思議な国で、アメリカに占領され、アメリカからとうとうと文化が流れ込んだのに英語を使える人はほとんどいません。
私も大学はアメリカの教科書で勉強し、会社に入ってからはアメリカ特許を読んで技術を学びましたが、英語は読み書きするだけで、英語で話し合うことはできません。
ほとんど日本語で思考しているからです。
相手の英語を日本語に翻訳し、私の日本語を英語に翻訳しているようでは会話になりません。
第一、私の鼓膜は英語の声に同調して振動しないので相手が何を言っているか聞こえません。

日本に来た外国人は、日本人が英語を使えないので不思議に思う一方、不便を感じます。
外国人は日本を旅行しても話し合う楽しみを味わえません。
日本に住みたいと思えば日本語を学ぶしか方法がありません。
日本語は外国人に対する防波堤になっています。
ここがノルウェーとの違いです。

もうちょっと英語を使える方がいいと思いますが、日本人が日本語を大事していることは素晴らしいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.23

自民党はよくなっていない

110723

自民党が人気がない理由は新聞テレビが自民党を批判するからではありません。
自民党には非常に大きな罪があります。

1. 解決できないほど政府の借金を増やした(政府を合理化、近代化しなかった)。
2. 自由と独立を重視した外交を行わなかった。
3. 税制や労働条件の改善を行わず、貧乏人が増えた。
4. 健康保険も年金も不平等で保険金を払っても医療を受けられない人、最低生活が困難な人が増えた。
5. 新しくつくった介護保険制度は中途半端で老人や老人を世話する家族の不安が続いている。
6. 地震や津波で放射能漏洩事故を起こすような原発を、事故対策なきまま安全と言って推進してきた。
7. 人々のためではなく、政治献金をする人のために政治をやってきた。
8. 事業の自由化を促進せず、古い利権構造を温存し、産業を近代化しなかった。
9. 日本の美徳(人の和、誠実、勤勉、改善、質実剛健、自然と調和など)を破壊した。

自民党はいまだに自分の罪を自覚していません。
消えた方がいい政党ではないでしょうか。

ところで民主党ですが、自民党に代わるべきなのに自民党化しています。
しかも政争好きの烏合の衆です。

日本の最大の問題は政治家がいないことです。
普通の人は選挙における一票を大切にすること、政治家になりたい人はまじめに政治を考えることが大事です。
しかし日本でよい政治が実現する可能性は小さいと思います。
悪い政治の下でどう生きるかと考えなければなりません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.20

放射能汚染を軽く考えすぎ

110720

放射能汚染は静岡県のお茶にまで及んでいると言うのに福島県は福島産の肉牛の放射能を調べないで出荷を黙認していました。
もし汚染されているとわかると出荷できないので調べなかったのでしょう。
福島県は人の命を軽視しています。
この福島県の精神は、危険性を確認せず原発を認可した精神と同じです。

お金を重視して人の命を軽視する。
福島県だけではありません。
今日本中に充満している心の病気です。

日本では貧乏でも死ぬ訳ではありません。
楽ではないだけです。
危険と知りながら原発に依存し、一時的に楽な生活をしてもこれから長く放射能汚染に苦しむようでは楽な生活を実現したとは言えません。
原発の受け入れは貧乏から脱出する方法だと思いますが、原発事故、放射能汚染を軽く考えるのは非常に危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.17

収益より人の命が大事

110717

アメリカ、ヨーロッパで何が起こっているのでしょうか。
津波や原発事故で苦しんでいる日本の円が強く、ドルやユーロが弱いというのは不思議です。

さらに不思議なことは2011年日本経済は昨年に比し横這いと予測されています。
経団連が、原発を動かさないと駄目、電力がないから駄目と大騒ぎしている割には日本経済は堅調です。

日本全体が駄目ではなく、駄目な会社があるということではないでしょうか。
特に経団連傘下に多いのでしょう。
そのような駄目会社が日本を代表して日本は駄目と叫びますから人々は迷います。

日本が駄目と思うならその会社は原発がいっぱいある国に出て行けばいいと思います。
ほとんどの会社が原発が動かない状態でも工夫努力して生産しているのに経団連が原発を動かせと叫ぶのは迷惑です。

ところで原発を動かせと叫んでいる会社はどこでしょうか。
電力会社、原発会社ではないでしょうか。
これらの会社は今回の原発事故で大損しました。
原発廃止が方針になるとこれらの会社は今後の収益が心配でしょう。
原発を動かせと騒ぐのは当然です。

電力多消費型会社も原発廃止は心配でしょう。
しかしこれまでの原発発電コストの安さは見せかけです。
これからはどんどん上がります。
どんなにお金をかけて安全対策をやっても危険原発は危険だからです。

人の命を重視する社会性ある会社になってもらいたいものです。
人の命より会社の収益が大事だと言うならそのような会社は消えた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.14

孤独に死ぬ拝金主義者

110714

学問を積み、会社などの重役になり、拝金主義者になった人がうそぶきました。

自分は努力して金持ちになった、貧乏人の多い町のことなどどうでもいい、近所付き合いなんてどうでもいい、金持ち同士の付き合いがある、金持ちの世界が上流社会なのだ。
現代のサラリーマンは江戸時代の農民だ。

この人は町を出てタワーマンションと言う名の集合住宅に移り、住んでいた土地を125㎡ぐらいの土地に二分割して建売業者に売ろうとしました。
近所の人や町は二分割に反対し、激しい反対運動を起こしました。
結局彼は負け、儲け損なったと烈火のごとく怒りました。
最後まで彼は隣人から嫌われました。
本当の損得がわからない人でした。
何のための学問だったのでしょうか。
無学であった方がよかったかもしれません。

金持ちなんて少数です。
そんな連中の世界なんて小さなものです。
金持ちも貧乏人もいる世界の方がはるかに大きい世界です。
その大きな世界でお金ではなく人の命を大切にして生きなくて何が人生でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.11

選挙権を行使する政治に目覚めた人

110711

すぐれた政治家がいないのは本当に困ったことです。
原因は政治家が政治献金をする人の意向を汲んで仕事をするからです。
政治献金をする人は事業家が多いと思います。
事業家は自分の事業に有利になるように政治家を動かすため政治献金します。

ところが事業家以外の大半の人は政治献金をしません。
したがって彼らの要望を汲む政治家がいません。
結果として大半の人が満足する政治を行う政治家がいません。

原発の安全性を未確認のまま海江田万里経産相が原発再稼動を急ぐ理由は、電力事業界や産業界から、政治献金をしているのにどうして我々の要望を軽視するのか、原発を再稼動しないと日本の産業は駄目になると脅迫しているからです。
日本の産業が駄目になると思わなくても電力業界や産業界からの脅迫に対抗できる政治家はいないでしょう。
海江田氏はその程度の政治家です。

このような政治家を政界から追い出す唯一の方法は選挙です。
政治献金をしなくても政治について選挙権を行使する目覚めた人の行動が重要です。

自民党も駄目、民主党も駄目という現状で政治を改善するには、政党関係なく人々のことを考えている政治家を選挙で選ぶしかありません。
これからは政党のマニフェストではなく、政治家の考えが重要です。
政党のマニフェストは信用できません。
自民党、民主党の中を見ると自党のマニフェストを軽視している政治家がうようよしています。
そういう政治家が大臣になって勝手なことをやりたい放題ですから内閣が機能しないのは当然です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.08

大臣になると偉くなったと思うのは滑稽

110708

選挙のときはペコペコ国民に頭を下げていたのに当選すると政治家が威張るのは本当に滑稽です。
松本龍前復興相は就任してわずか9日で辞任しました。
県知事より大臣の方が上と上下関係を公然と主張したそうですが、これはまさに威張る人の特徴です。
被災して苦悩している県知事やその他の人々を前にして俺は権力者だぞと威張るなんて言語道断です。

民主党と言うからには民主主義を重視しているはずですが、民主党の政治家も当選すると皆権力者になります。
しかし教育学問が進んだ日本で政治家の方が国民より偉いと思ったら大間違いです。

大切なことは上下関係ではなく、大臣は大臣の職に忠実であることです。
自分は上だと威張るような人は到底大臣の職を全うすることはできないでしょう。
松本氏は9日で辞任してよかったと思います。
さらに政治家をやめるべきです。

松本氏は福岡県第1区選出の衆議院議員です。
彼に投票した人は恥ずかしい思いをしているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.05

身勝手な原発周辺の町の人々

110705

放射能漏洩事故が起こった原発周辺の町の人々は避難が続き、いつ家に戻れるのかと怒っています。
事故が起これば避難生活が続くことを承知の上で原発を受け入れたはずなのに身勝手です。

一方で、別の原発周辺の町の人々は、相変わらず事故は起こらないと思って停止中の原発を動かすことに賛成しています。
放射能漏洩事故が起こった原発周辺の町の人々の苦悩を全く理解していません。
また原発の危険性について無知です。
当然のことながら事故が起こった場合、粛々と避難生活を続けるかというとそのような覚悟はできていないでしょう。
間違いなく、いつ家に戻れるのかと怒るでしょう。
こちらの人々も身勝手です。

現時点で安全原発はありません。
今の楽をとって未来の楽を捨てるような馬鹿をやってはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.03

夏は木綿の軽い服装が一番

110703

横浜ですが室温で30度をこえる日が続いています。
冷房なしで全く仕事ができないということはありませんが、肌は汗でべとべとして不愉快です。

昔ある大会社の東京の本店に勤務しましたが、夏半袖の開襟シャツで出社したら重役からワイシャツ、ネクタイ、背広で出社せよと叱られました。
西洋かぶれの嫌な会社だと思いました。

今日においても日本のビジネススーツは不合理です。
何も改善されていません。

日本は何も西洋の服装でなくていいと思います。
特に夏は日本の高温多湿に合った木綿の軽い服装でいいと思います。
アメリカ人やヨーロッパ人が変な顔をしたら日本は高温多湿ですから木綿の軽い服装が一番仕事がしやすいと説明すればいいと思います。

服飾文化で自由を取り戻すことが出来ない限り、日本はほかの文化でもいつも西洋の後追いではないでしょうか。
西洋の土俵で勝負するということはいつまでたっても日本が不利ということを意味します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »