« 身勝手な原発周辺の町の人々 | トップページ | 選挙権を行使する政治に目覚めた人 »

2011.07.08

大臣になると偉くなったと思うのは滑稽

110708

選挙のときはペコペコ国民に頭を下げていたのに当選すると政治家が威張るのは本当に滑稽です。
松本龍前復興相は就任してわずか9日で辞任しました。
県知事より大臣の方が上と上下関係を公然と主張したそうですが、これはまさに威張る人の特徴です。
被災して苦悩している県知事やその他の人々を前にして俺は権力者だぞと威張るなんて言語道断です。

民主党と言うからには民主主義を重視しているはずですが、民主党の政治家も当選すると皆権力者になります。
しかし教育学問が進んだ日本で政治家の方が国民より偉いと思ったら大間違いです。

大切なことは上下関係ではなく、大臣は大臣の職に忠実であることです。
自分は上だと威張るような人は到底大臣の職を全うすることはできないでしょう。
松本氏は9日で辞任してよかったと思います。
さらに政治家をやめるべきです。

松本氏は福岡県第1区選出の衆議院議員です。
彼に投票した人は恥ずかしい思いをしているでしょう。

|

« 身勝手な原発周辺の町の人々 | トップページ | 選挙権を行使する政治に目覚めた人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大臣になると偉くなったと思うのは滑稽:

« 身勝手な原発周辺の町の人々 | トップページ | 選挙権を行使する政治に目覚めた人 »