« 夏は木綿の軽い服装が一番 | トップページ | 大臣になると偉くなったと思うのは滑稽 »

2011.07.05

身勝手な原発周辺の町の人々

110705

放射能漏洩事故が起こった原発周辺の町の人々は避難が続き、いつ家に戻れるのかと怒っています。
事故が起これば避難生活が続くことを承知の上で原発を受け入れたはずなのに身勝手です。

一方で、別の原発周辺の町の人々は、相変わらず事故は起こらないと思って停止中の原発を動かすことに賛成しています。
放射能漏洩事故が起こった原発周辺の町の人々の苦悩を全く理解していません。
また原発の危険性について無知です。
当然のことながら事故が起こった場合、粛々と避難生活を続けるかというとそのような覚悟はできていないでしょう。
間違いなく、いつ家に戻れるのかと怒るでしょう。
こちらの人々も身勝手です。

現時点で安全原発はありません。
今の楽をとって未来の楽を捨てるような馬鹿をやってはいけません。

|

« 夏は木綿の軽い服装が一番 | トップページ | 大臣になると偉くなったと思うのは滑稽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手な原発周辺の町の人々:

« 夏は木綿の軽い服装が一番 | トップページ | 大臣になると偉くなったと思うのは滑稽 »