« 自民党はよくなっていない | トップページ | 利権構造が肥大化し、産業は衰退する »

2011.07.26

国語はその国の最大の文化

昔妻と娘1人を連れてノルウェーを旅行した時の印象ですが、人気のない自然や村を1人歩いていても危険を感じない国でした。
しかし今は違うかもしれません。
ノルウェー人の中に外国人に対し反感を持つ人が増えているかもしれません。
それだけノルウェーの中で外国人とその文化が異質なものとして目立ってきたということではないでしょうか。

今回の爆破と銃撃はノルウェー人が外国人に対してではなく、自国民に対して行った犯罪でした。
外国人と外国文化に甘い自国民に対して憎しみをあらわにした感じです。
犯人は右翼でキリスト教原理主義者だそうです。

ノルウェー政府や国連は直ちにテロを非難しました。
破壊殺人テロについては非難されて当然です。

しかし国の文化のあり方については反省すべき点があると思います。
外国人に開かれた国がいいと言っても開かれすぎた国がいいかどうかという問題です。

今回のテロは反イスラムの感情がありますが、ここではノルウェーの言語政策についてちょっと触れて見たいと思います。

ノルウェーは英語教育が発達していますから、高齢の老人を除けば皆英語を自由に使います。
外国人にとってノルウェーは旅行しやすいだけでなく、住みやすい社会です。
ノルウェー人は英語が使えると世界で活躍できますから気分がいいでしょう。

しかしノルウェー人が英語を上手に使うことから判断してノルウェー人どうしでも英語を使っている人が多いのではないかと思います。
つまり英語で思考している人が多いのではないでしょうか。

ノルウェー語はノルウェーの最大の文化です。
そのノルウェー語を使わず英語を使うノルウェー人が増えることはノルウェー文化が消える恐れがあることを意味しています。
ノルウェーのアメリカ化を意味します。
それでノルウェーはいいのかという問題があります。

日本は不思議な国で、アメリカに占領され、アメリカからとうとうと文化が流れ込んだのに英語を使える人はほとんどいません。
私も大学はアメリカの教科書で勉強し、会社に入ってからはアメリカ特許を読んで技術を学びましたが、英語は読み書きするだけで、英語で話し合うことはできません。
ほとんど日本語で思考しているからです。
相手の英語を日本語に翻訳し、私の日本語を英語に翻訳しているようでは会話になりません。
第一、私の鼓膜は英語の声に同調して振動しないので相手が何を言っているか聞こえません。

日本に来た外国人は、日本人が英語を使えないので不思議に思う一方、不便を感じます。
外国人は日本を旅行しても話し合う楽しみを味わえません。
日本に住みたいと思えば日本語を学ぶしか方法がありません。
日本語は外国人に対する防波堤になっています。
ここがノルウェーとの違いです。

もうちょっと英語を使える方がいいと思いますが、日本人が日本語を大事していることは素晴らしいことだと思います。

|

« 自民党はよくなっていない | トップページ | 利権構造が肥大化し、産業は衰退する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国語はその国の最大の文化:

« 自民党はよくなっていない | トップページ | 利権構造が肥大化し、産業は衰退する »