« 職業より普遍性のある価値観 | トップページ | 自分も他人も人 »

2012.02.08

原子力利用を急いで大失敗

120208
事故前の東京電力福島第一原発 東京電力は今も事故前の写真を自分のHPに載せています。虚偽です。(出所)東京電力HP

もし原発の検査、修理、処理の作業をやってほしいと頼まれたら私は断わります。
必ず放射能を浴びるからです。
放射能障害で病気になったり死んだりするのは嫌です。

私は化学技術者でしたが、若いころある会社グループの原子力委員会委員をやらされたことがあります。
燃料棒格納庫に入ったことがありますが放射能が高いので恐怖を覚えました。
そのとき以来、私は原発反対者になりました。

大学で原子力工学を専攻した会社の同僚が、原子力施設に出向する命令を会社から受けたと言って私のところに挨拶に来ました。
彼は、すでに子供がいるので今後はつくらない決心をしたと言いました。
精子の遺伝子が放射能で破壊され、異常な子が誕生することを恐れたからです。

政府も電力会社も原発会社も原子炉の危険性を軽視しています。
日本には原発作業者が万の単位でいるそうですが、彼らは無知か、お金のために生命を犠牲にしているか、人々のためと考えて生命を犠牲にしているか、いずれかです。
このような原発作業者の存在を問題にしない政府、電力会社、原発会社は不道徳です。
犯罪だと思います。

炉心熔融を起こした東京電力福島第一原発の処理ははるかに危険です。
今後爆発的に大量の放射性物質が出てこないとは言えません。
緊張状態というか恐怖状態が続いています。

現時点では遠隔操作で原発を検査、修理、処理することは非常にむずかしいことです。
すでに原発が50基以上もあります。
すぐ原発の運転をとめ、できるだけ少数の原発作業者で原発管理を行い、機械による原発処理技術の開発を急ぐべきです。
原発処理は40年、80年、もしかすると100年以上の作業になると思います。
放射性廃棄物の保管は1000年単位の作業になります。
ロケットで確実に太陽に打ち込むような廃棄技術が必要になります。

また、原発の発電コストは安いという政府や電力会社や原発会社の宣伝は虚偽です。
原発処理、放射性廃棄物処理保管コストに入れると政府の試算の10倍をこえるでしょう。
その上放射能汚染は避けられません。

私達は原子力利用を急いで国の衰退を招く大失敗をしました。


|

« 職業より普遍性のある価値観 | トップページ | 自分も他人も人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/53931160

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力利用を急いで大失敗:

« 職業より普遍性のある価値観 | トップページ | 自分も他人も人 »