« 原子力利用を急いで大失敗 | トップページ | 日本文化論 »

2012.02.11

自分も他人も人

120211
東京 浜離宮

誰でも自分のことを考えて生きます。
考える対象として自分は一番考えやすいからです。
自分に関する情報を一番多く持っているからです。
地球の裏側に住んでいる人のことを考えるといっても何も情報がありませんから何も考えません。
その人が死んでも気付きもしません。

ところが自分のことを考えて生きたのに周囲との争いが多くて不幸になったという人は無数です。
自分のことを考えて生きる生き方はいい生き方でしょうか。

自分のことを考えて生きる生き方は大きく分けて二通りあります。

1. 自分も他人も人であるとの認識を持って自分のことを考える。
2. 自分も他人も人であるとの認識をせず自分のことを考える。

周囲と争って生きる人は2の考え方をする人に多いと思います。
文化水準は1>2となります。

自分と周囲の人を観察して人とは何か学ぶことが大切です。
自分と他人は違うという認識でとまり、人としての共通点を見い出すことに失敗すると周囲との争いが多くなります。

One and others are same men
Everyone lives, thinking about one's own.
The reason is that it is easiest for one to think about one's own as an object to think about.
It is because one has a lot of information on one's own.
One cannot think about a strange person who lives on the other side of the earth, because one has no information on the person.
Even when the person dies, one cannot become aware of it.

However, though having lived, thinking about ones' own, those who have become unhappy because of many disputes with persons around them are innumerable.
Is the way of life to live, thinking about one's own, good?

There are roughly two kinds of the ways of lives when living, thinking about ones' own.

1. To think about one's own with recognition that one and others are same men.
2. To think about one's own without recognition that one and others are same men.

Many of persons who live, disputing with others around them, are likely to think in the way 2.
The cultural level of 1 is higher than 2.

It is important to learn what man is, observing oneself and persons around one.
If not able to go over recognition that one is different from others, and to find out the common points as men, one may frequently dispute with others.

|

« 原子力利用を急いで大失敗 | トップページ | 日本文化論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/53953645

この記事へのトラックバック一覧です: 自分も他人も人:

« 原子力利用を急いで大失敗 | トップページ | 日本文化論 »