« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.30

原発賛成者は生命を軽視しており、犯罪を犯している

120330

福島第一原発は古くて安全性が低かった、そのほかの原発は安全性が改善されており、放射能漏洩の心配はないと原発賛成者は言います。
それではどうして放射能漏洩を起こす前に東京電力は福島第一原発を廃棄しなかったのでしょうか。
どうして政府、原子力安全委員会、原子力安全・保安院は危険原発の運転を認めていたのでしょうか。
原発賛成者の論は信用できません。

原発設計者は想定外地震が来れば既存原発はすべて耐えれないと言っています。
一方、地震学者は原発設計基準より大きい地震は来ると言っています。
そのような大きい地震は確率が低いというだけで、来れば大規模原発事故が起こります。

関東全域が放射能汚染を受けるような原発事故が起こったら原発賛成者は何と弁明するのでしょうか。
またまたその「原発は古くて安全性が低かった」と言うのでしょうか。

一言で言って原発賛成者は生命を軽視しています。
彼らは未必の故意という犯罪を犯しています。
(注)未必の故意とは、ある結果が発生する可能性を認識していながら、発生してもやむをえないと認容していることで、故意犯に含まれる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.27

非常に欲望が強い人

120327
横浜ですが梅が咲くのが遅れ、今見頃になっています。

欲望は生きるための重要な本能で誰でも持っています。
社会は、非常に欲望が強い人、普通の欲望の人、非常に欲望が弱い人からなり、普通の欲望の人が大半を占めています。
この分布は永遠です。
社会問題を起こす人は非常に欲望が強い人に多いと思います。
非常に欲望が強い人がいて人々を苦しめることがあります。

民主主義とは、普通の欲望の人、非常に欲望が弱い人が団結して数の力で非常に欲望が強い人を抑える仕組と言えます。
しかし民主主義を守ることはむずかしいことです。
非常に欲望が強い人は普通の欲望の人や非常に欲望が弱い人よりはるかに大きな力を持っているからです。

最近の日本を見ていると非常に欲望が強い人が支配的になりつつあると感じます。
民主主義の危機ではないでしょうか。
日本の民主主義は第二次世界大戦における戦勝国が日本に教えたもので、日本の人々が苦労してつくり上げたものではないからです。
アジアには非常に欲望が強い人が支配する傾向、つまりいわゆるアジア的専制主義の傾向があります。
普通の欲望の人や非常に欲望が弱い人は忍従する立場になりやすいと思います。

憎まれっ子、世にはばかるとはよく言ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

保守的政治家を捨てないと政府は機能しない

120324

政府は実質破綻しています。

野田佳彦内閣は消費税率を上げることに全力投入しています。

税収が足りないから消費税率を上げると言います。
社会保障を充実すると言います。

しかし野田内閣は消費税率を上げると何が起こるか予測していません。
政府は無駄使いが非常に多い訳ですから増収分をまた無駄使いするだけです。

消費税率を上げるという姑息な方法で政府の破綻を防ぐことは不可能です。
政府の借金はとまりません。
貧乏人は増えます。

つまり消費税をより多く納めても政府は破綻します。
消費税率を上げることに応じることは馬鹿馬鹿しいことです。

政府の合理化、近代化を主張する政治家、増税の場合でも所得税や資産税の累進性を上げることを主張する政治家を国会に送ることが必要です。
自分のことしか考えない保守的な政治家を選んでいても政府の破綻を防ぐことは不可能です。
政府をゼロから作り直すと考えないと政府は機能しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.21

いまだに使い捨ての設計思想

120321

キヤノンのスキャン機能つきプリンターが故障しました。
買ってまだ3年もたっていません。
買った店に持ち込んだところ、修理に最低で1万円以上かかるとのことでした。
2万円以上になる場合もあるとのことでした。
店の話では性能が同等の新品のエプソンのプリンターが12,800円で買えるので新品を買った方がいいとのことでした。
修理価格も新品価格も私には信じられないことです。

新品のプリンターを買って故障したプリンターは家で解体しました。
処理コストを節約するためです。
組み立ては容易なのでしょうが、解体は容易ではありませんでした。
つまり修理しやすい構造になっていませんでした。
修理コストが高い理由がわかります。

2時間ほどで解体でき、金属・モーターとガラスとプラスチック・基板に分けました。
プラスチック・基板はごみです。
もったいないと思いました。

現在のスキャン機能つきプリンターは非常に複雑な構造です。
これが1万円ちょっとでできるとは驚きです。
しかし設計思想はいまだに使い捨てです。
これでは省資源になりません。

故障しない機械、故障しても修理しやすい機械。
これが今後の設計思想であるべきです。

(注)パソコンはデルコンピュータのデスクトップを使っています。
すでに約9年使っています。
大きな本体ですが、自分で部品交換、増設ができる機械です。
娘も同じパソコンをデザインに使っていますが、故障した部品を自分で交換しながらやはり9年ぐらい使っています。
すぐれた設計思想のパソコンです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

自殺は自分を殺す殺人であり、罪

非常に苦しい問題があると自殺で問題解決を図る人がいます。
そして日本では自殺に同情する傾向があります。
「死んだ方がましだ」という考えがあります。
「自分の命は自分の命である。自分で処分して何が悪い」という考えがあります。
気にくわない子や生徒・学生に「お前のようなやつは死んでしまえ」と平気で言う親や先生がいます。
他人の命であれ、自分の命であれ、命の方が自我より大切という価値観が乏しいと思います。

学生・生徒の自殺者が年々増え、とうとう昨年は1000人をこえたそうです。
親から独立する前の若者まで自殺したいと思い自殺する日本っていったいどういう社会でしょうか。
進学がむずかしい、就職がむずかしい、いじめが多いという理由だけでなく、人生の根幹である人の命に関する価値観が狂っていると思います。

親も先生も命の大切さを理解し、自殺は殺人と同じ罪と知り、子や学生・生徒にいかに苦しくても生きよと教えるべきです。
自殺を容認するような価値観を持っているようでは子や学生・生徒に自殺はいけないとはっきりと教えることができません。
命を重視することが一番大切な法であることを知るべきです。
裏返していうならば自殺してはならない、殺人を犯してはならないということになります。
法の重要性を教えない養育・教育は無価値です。
法とは人生に役立つものだからです。

政府も人の命を軽視しています。
国家だ、経済だ、防衛力だと虚栄を追求しています。
原発事故で広域放射能汚染が起こっても電力のためにはしょうがないで済ましています。
電力があっても人が住めない日本になったらどうするのでしょうか。
政府も価値観が狂っていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.15

税務署は人々の怠慢を悪用していないか

私は公的年金だけで生活している老人です。
所得税の確定申告書を提出しました。
源泉徴収税額が所得税額の153%でした。
源泉徴収税額が多すぎます。
いったい源泉徴収税額の計算はどうなっているのでしょうか。
50%以上徴収しすぎは許容範囲でありません。

年金生活者は全員確定申告書を出しているでしょうか。
慣れてしまえば簡単ですが、面倒と思って確定申告書を出さない人がいるのではないでしょうか。
税務署が親切に調べて所得税を確定し取りすぎを返すなどということはしていないと思います。
したがって税務署は源泉徴収しすぎのお金を、確定申告書の提出のないことをいいことに猫糞(ねこばば)していると思います。

近い将来、国民一人一人に一つの番号をふり、政府が把握する個人情報はこの番号で管理するそうです。
公的年金額、社会保険料、家族構成などは政府が把握できる情報です。
50%以上も源泉徴収しすぎは許されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.12

科学者、技術者の犯罪

核兵器や原発への原子力の応用については原子力科学者、技術者の良心の欠如が問題です。
原発の危険性は科学者、技術者が知らないはずはありません。
原子力の応用に夢中になってしまって原子力の危険性を無視しました。

今回の東京電力福島第一原発事故がもたらした広域放射能汚染を見ると被害が大きすぎます。
彼らは犯罪を犯しました。

したがって彼らの原子力推進活動を止めなければなりませんが、依然として彼らは原子力推進の要職にあって給料や報酬をもらっています。
毒を食らわば皿までの心境でしょうか。

政治家は彼らを利用しています。
政治家も原子力の応用に夢中になっています。
原子力がないと日本は衰退すると思い込んでいます。
大多数の幸福のため少数の犠牲はやむをえないと思っています。
やがて大多数も不幸になることを予測していません。

幸い日本は民主主義です。
人々が原子力賛成の政治家を国会に送らなければ危険性を無視した原子力推進を止めることができます。
既存原発で安全なものはありません。
システムが大きくて複雑ですから地震、津波、ミサイル攻撃、故障、操作ミスに耐えません。
次の総選挙では原発反対の政治家に投票すべきです。
そうでないと第二の広域放射能汚染で人々は生活や生産の場を失うでしょう。

原子力科学者、技術者は原発の処理処分を余生の仕事とし、自分の罪滅ぼしとすべきです。
処理処分でも原発作業者は放射能被曝を避けることができません。
処理処分作業ロボットの開発が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.09

白人系社会の中のアジア系の人

アジア系の人は白人系社会で白人からよくいじめに会うそうです。
白人から見るとアジア系は外見や言動が見劣りがするのでしょう。
ところが近年はアジアの生産が伸びており白人系社会が衰退しているので余計白人は不愉快なのでしょう。

文化水準に問題があると言っても問題は解決しません。
類は友を呼ぶという言葉があります。
自分は多様性を肯定していても他人が肯定しているとは限りません。

日本人の間でも仲間があって仲間はずれがいます。
通常、自分が仲間はずれと感じたら無理をして仲間になろうとはしないでしょう。
無理をすると余計いじめられるからです。
日本人は外国系に対してもっと排他的です。
白人系社会で白人仲間がアジア系に対して排他的であっても不思議はありません。

アジア系が白人文化に慣れ、同化する方法と、アジア系がまとまってチャイナタウンのような異文化の町をつくる方法があると思います。
白人系がアジア系に安心するようになればいじめは減ると思いますが、今はアジアが成長、白人系社会が衰退という激動の時代ですから白人のアジア系いじめはひどくなると思った方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.06

野田佳彦総理の考えに共感しない

野田総理と私の考えは反対です。

原発については野田総理は運転したいと言います。
私はすぐ処理処分に入るべきと考えます。
原発なしの条件で省エネルギー、新エネルギーを一生懸命考えることで日本は世界の最先端を行けると思います。
原発に依存する国に将来性はありません。

政府赤字については野田総理は消費税率を上げたいと言います。
私は反対です。
交付金、補助金、給付、国会議員歳費、国家公務員給与を一度ゼロとし、新政府をつくる感覚で政府を考え直し、結果不要となった組織、制度を処理処分すべきと考えます。
あえて増税を考えるなら、所得税や資産税の累進性を上げるべきと考えます。

国内生産については野田総理は特に目立ったことをしていません。
海外生産重視の経団連に配慮していると思います。
私は輸入を減らし、国内生産を増やすべきと考えます。
人々は少々高くても国産を買った方がいいと考えます。
高いものを買うということは損をすることですが、収入を失うよりいいと思います。
つまり国内生産を守らないと国際収支が赤字になり、かつ人々は収入を失います。
大赤字の政府が人々を助けるなどということはありえません。
消費税率を上げれば社会保障が充実すると野田総理は言いますが、うそです。
税率を上げても政府の借金は増えます。

農業については野田総理は既存農家重視です。
私は本当に農業をやりたい人、会社にやってもらうべきと考えます。
法律で広域農業地域を定め、永遠の産業として農業を守るべきと考えます。
先祖が苦労してつくりあげた農地を、栄枯盛衰が激しい工業や町に安易に転用することはあってはなりません。
生きることは食べることです。
工業で儲け世界から食料を輸入できる時代は去りました。

日本周辺の漁場を全力で守るべきです。
放射能汚染で漁場を失っても電気のためだなどと悟っているようではいけません。
新鮮な魚介類は日本人の命の源です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.03

天皇は元首???

最近自民党がまとめた憲法改正原案によると天皇は元首です。
元首とは国の長として国および国民を代表し、全統治機能を統括するものです。
自民党は自由と民主主義を重視するから自民党ではないでしょうか。
天皇は元首という考えと、自由と民主主義は矛盾しています。

また原案は天皇は国民統合の象徴と言っています。
象徴とは精神的なものをそれと何らかの意味で関係がある具体的な形のあるもので表したものです。
天皇に親しみを覚えている人は多いと思いますが、自由と民主主義を重視する人々が天皇の下にまとまることはむずかしいのではないでしょうか。

確かに、4世紀頃天皇が立って以来、天皇は連綿として今日まで存在してきました。
大半の人が天皇制の永続性を評価していると思います。

しかし9世紀摂政関白が政治権限を持ってから天皇は政治をやっていません。
12世紀武士の時代が来ても天皇は権限を取り戻すことができませんでした。
明治になって武士が消えても天皇が政治をすることはありませんでした。
やがて軍人が天皇をかついで戦争を指導しました。
1945年戦争でアメリカに敗れ、天皇の戦争責任が問題になり、天皇はさらに政治から遠ざかりました。

したがって天皇が政治をしない慣習は確立しています。

恐らく9世紀以来天皇は自分に権限がないことに苦悩してきたと思います。
しかし摂政関白や将軍や明治以降の政府と戦って権限を取り戻すことはしませんでした。
もしそうすれば天皇は戦いに敗れ滅びて消えていたと思います。
政治をしないことに耐えてきたから日本では天皇制が今日まで残っています。

この天皇の苦悩は確かに日本を象徴している面があります。
それは不自由と忍従の精神ではないでしょうか。
政治権限がないことに耐え天皇制を守ってきた先祖の苦労を考えると自分の代で天皇制を廃止してはいけないという思いと、大半の国民が天皇制を望んでいるという思いで、人としての自由を捨てて政治をしない天皇を今日も勤めています。
恐らく現在の天皇も苦悩して生きていると思います。

戦後戦勝国アメリカの指導で人々は自由と民主主義を学び、自由と民主主義を享受してきました。
自民党はなぜ党名が自民党であるかよく考えるといいと思います。
天皇の生き方と普通の人の生き方は正反対になってしまいました。

もし天皇が普通の人になりたいと言ったら普通の人になれる道をつくってある憲法の方が人間的で健全と思います。
仮に天皇という社会的地位を残しても天皇が普通の人と同じようにスーパーで買い物できる時代が来るといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »