« 野田佳彦総理の考えに共感しない | トップページ | 科学者、技術者の犯罪 »

2012.03.09

白人系社会の中のアジア系の人

アジア系の人は白人系社会で白人からよくいじめに会うそうです。
白人から見るとアジア系は外見や言動が見劣りがするのでしょう。
ところが近年はアジアの生産が伸びており白人系社会が衰退しているので余計白人は不愉快なのでしょう。

文化水準に問題があると言っても問題は解決しません。
類は友を呼ぶという言葉があります。
自分は多様性を肯定していても他人が肯定しているとは限りません。

日本人の間でも仲間があって仲間はずれがいます。
通常、自分が仲間はずれと感じたら無理をして仲間になろうとはしないでしょう。
無理をすると余計いじめられるからです。
日本人は外国系に対してもっと排他的です。
白人系社会で白人仲間がアジア系に対して排他的であっても不思議はありません。

アジア系が白人文化に慣れ、同化する方法と、アジア系がまとまってチャイナタウンのような異文化の町をつくる方法があると思います。
白人系がアジア系に安心するようになればいじめは減ると思いますが、今はアジアが成長、白人系社会が衰退という激動の時代ですから白人のアジア系いじめはひどくなると思った方がいいと思います。

|

« 野田佳彦総理の考えに共感しない | トップページ | 科学者、技術者の犯罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白人系社会の中のアジア系の人:

« 野田佳彦総理の考えに共感しない | トップページ | 科学者、技術者の犯罪 »