« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.30

運動とスポーツ

120730

子供は運動が大好きです。
運動は生きるための本能です。
人間はそれを競技に応用しました。
スポーツです。

オリンピックはスポーツ大会の最高にあります。
種目別世界大会はその種目が好きな人だけが関心を持ちますが、オリンピックとなるとスポーツに関心のない人まで観戦に行ったり、テレビを見たりします。
つまり見る人にとってオリンピックは娯楽です。

しかしオリンピックで優勝するには訓練は異常です。
天賦の運動能力があるだけでは優勝できません。
ルールをマスターし、ルールの中で使える技を研究し、強敵の技を研究し、毎日一生懸命訓練を続け、オリンピックで優勝することだけをイメージします。
普通の生き方ではありません。
まさにスポーツが仕事です。
ごく少数の人にしかできない仕事です。

よく人々は金メダリストを見ると、感動する、一生懸命一つのことに集中することの大切さを学ぶと言います。
しかし、普通の人にとっては、オリンピックの金メダリストから学ぶのではなく、たとえば毎日食べるご飯から、見えないところで一生懸命働いている農家を想像し、この知恵を学ぶことの方がはるかに重要ではないでしょうか。

私は学校を卒業するまではスポーツをよくしましたが、社会人になってからはスポーツをやっていません。
生活や仕事の中で体を動かすべき時はよく動かしました。
この程度では運動量が足りないという人が多いのですが、子供のように運動が大好きという気持ちを持っていれば普通に生活し、普通に仕事をしているだけで結構いい運動量になると思います。

生活や仕事の中でよく体を動かさないで、スポーツで運動を補うのは現代流ですが、実は無駄が多い生き方と思います。
最寄の駅の近くにジムができ、歩行機械を使ってひたすら機械の上で歩いている人が外から見えますが、人が機械のように見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.26

野田佳彦内閣はすぐかえた方がいい

120726

総理をころころ代えてはいけないと主張する人がいます。
だからと言って野田氏のような人命軽視、環境軽視、国内産業軽視、自由独立軽視の人を総理しておいたら人々が苦しみます。
すぐ総理を代えるべきです。
代えない方が問題は大きいと思います。

日本は保守ではもう未来がありません。
大混乱が生じます。

安全な原発は日本には1基もありません。
すべて危険です。
放射性物質を管理する技術がありません。
確実に放射能汚染が拡大します。
放射能は確実に人命を害します。
拡散した放射性物質を除去する技術がありません。
子々孫々放射能に苦しみます。

政府や電力会社や原発会社が安全だと言えば原発は安全という考えは技術的ではありません。
神風が吹くから日本はアメリカに勝つと言うのと同じくらい迷信です。

消費税率を引き上げてどうして社会保障が充実するでしょうか。
人々は安い輸入品を買います。
国内産業が縮小して失業者が増えます。
税収増より社会保障費増の方がはるかに多くなります。
借金はやまず、政府は確実に破綻します。
会社も破綻し、個人も破綻します。
これはいわゆる先進国病です。
アメリカ、ヨーロッパで大流行しています。

戦後67年になるのにどうしてアメリカに従属しているのでしょうか。
自衛隊があるのに、在日アメリカ軍も必要とはいったいどういうことでしょうか。
在日アメリカ軍の軍備については日本は何も言えないとはどういうことでしょうか。
防衛費5兆円は軍事大国並の予算です。
どうしてこれで日本を防衛できないのでしょうか。
防衛省は大金を使って防衛している振りをしているのでしょうか。

アメリカ人を先生とする生き方はやめるべきです。
アメリカ人は何でもやりすぎです。
無駄が多すぎです。
地球上の資源エネルギーを消耗しています。
地球環境を悪化させています。
アメリカ流は人類を滅亡させます。

人は、人の命を大切にして永遠に生きることを考えるべきです。
日本はアメリカの生徒ではなく、世界の先生になるべきです。
それぐらいの理想をもって生きるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.22

近所の神経系の病人問題

120722

1人の女性が被害妄想になってしまい、窓を開け、毎日間欠的に隣人から彼女が受けた、あるいは受けると思い込んだ被害を大声で話し、隣人をののしるようになりました。
いろいろな被害妄想を持ちましたが、その中の一つに隣人が自分の庭に入った、あるいは入るという思い込みがありました。

隣人は隣家との境に生垣を設けていました。
彼女は隣家の側に生垣があったからでしょう、フェンスも塀も生垣も設けませんでした。
ところが隣家の生垣が古くなって木が枯れ隙間だらけになってしまいました。
その隙間を通って侵入していると思いこんだのかもしれないと思ってすぐ隣人は境に普通のアルミフェンスを設けました。
そして古い生垣を処分し、新しい生垣の若木を植え直しました。

突然隣家の窓も庭も見えない見通しの悪い高い塀をつくるのは対応が露骨すぎる、隣家の日照権を害するなどの心配があったので、隣人は遠慮してアルミフェンスと生垣の若木にしたのですが、効果はなく相変わらず彼女は隣人が侵入しているとの被害を持ち続け、隣人を大声でののしり続けました。

隣人はほとほと参ったのですが、とうとう彼女の大声が近所の大問題になり、福祉関係者や警察まで対策に動くようになり、何とか彼女は神経系の病院に通院するようになりました。
そして現在は大声で隣人をののしることはなくなりました。

しかし被害妄想はまだやみません。
福祉関係者か警察か医師かわかりませんが、隣人が侵入していると思うなら高い塀を設けてはどうかと提案されたのでしょうか、彼女も自分の側に背の高いフェンスを設けました。
これは彼女の病状が改善していることを示しています。
彼女に現実的防衛思考が働いていることを示しています。
自分がフェンスをつくったことで今後は侵入されないと思うようになれば情況はかなり改善されたことになります。

別の被害妄想にものが盗まれたという妄想がありますが、前は大声で返せと怒鳴っていましたが、今は紙に返せと書いて自分の窓に貼り付けてあります。
大声を出すことはよくないという思考が働いているのかもしれません。

この張り紙がなくなれば彼女の状態は普通に近づきます。
一方、隣人は彼女の大声に参っていましたが、張り紙だけなら気にしなくなり、今は普通の生活に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.18

政治家をかえないと日本の未来は暗い

120718

野田佳彦内閣は保守です。
政治を変えようとしません。
人々に価値観を変えることの重要性を訴えません。
原発の危険性を理解しません。
国内生産を根幹とすれば消費税や社会保障は枝葉なのに国内生産の衰退について危機感を感じていません。

保守政治が続くと、

1. 大規模放射能汚染が今後も起こり、人々は放射能障害に苦しむ。
2. 海外生産が増え、国内生産が減り、失業者が増える。
3. 政府の借金が増え続ける。
4. 国際収支が赤字になる。
5. 犯罪または犯罪に近いことが増え、不信の社会になり、日本人同士の争いが増える。
6. 隣国との争いが増える。
7. 貧困、不自由などに苦しむ人が増える。

日本をこのような暗い社会にしないため、次の衆議院選挙では、原発廃止、国内生産重視の政治家を国会に送る必要があります。
自民党、民主党などの保守政治家を捨て、日本を変える政治家を国会に送るべきです。
政党で選ぶのではなく政治家の思想で選ぶことが大切と思います。

生活も生産も政治も人の命重視が基本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.14

愚かな国民性

120714

東京電力福島第一原発およびその周辺地域、海域を観察するといったいいつ生産できるようになるかわかりません。
そればかりか、福島第一原発はまた大地震を受けて前よりも大量の放射性物質を漏洩する恐れがあります。

このような大失敗を政府も東京電力もしたのに原発に対する反省がありません。
原発の危険性を認識しません。
人々が電力を必要としていることを理由にして原発継続を画策しています。

人々も原発の危険性を認識しません。
福島第一原発周辺住民の反省の声は人々に届いていません。
彼らの被害は他人ごとになっています。
自分が放射能汚染に苦しんでいる状態を想像できません。

日本人は、想像力が乏しい、人の命を軽視しているという弱点を持っています。
第二次世界大戦で日本史上最悪の被害を出した原因は、やはり想像力の乏しさ、人の命の軽視であったと思います。

第二の大規模放射能汚染は確実に起こると思います。
原発を二発喰らって戦争をやめたように第二の大規模放射能汚染を受けて初めて日本は原発廃止を決めるのでしょう。
愚かな国民性と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.10

悪魔の技術を生んだ物理学

120710

私が学生であった時代はよく知られていた物質は分子、原子、陽子、中性子、電子程度で素粒子に関する知識は新鮮でした。
多くの科学者が支持している現代物理学の「標準理論」では17種類の素粒子があり、そのうち16種類は見つかっていましたが、1種類だけは見つかっていなかったそうです。
標準理論に基づくと未発見の素粒子は非常に重い素粒子で物質の質量の源と考えられてきました。
陽子を光速近くまで加速し正面衝突させると様々な粒子が発生するそうです。
世界の科学者が気が遠くなるような回数の衝突実験を繰り返し、未発見の素粒子ではないかと思われる粒子を見つけたそうです。
それは陽子の130倍の質量を持っており、標準理論で考えられる非常に重い素粒子ではないかと言われています。
多くの科学者が肯定しているそうです。
そしてこれで標準理論の正しさがほぼ証明されたことになるそうです。
しかし人類が知りえることは観察方法、実験方法があることだけで、それ以外のことは仮説になります。

ところで物理学の進歩は原子力利用という技術を産みました。
まず核兵器が実現し、次に原発が実現しました。
核兵器が悪魔の技術であることはすでに周知ですが、原発も悪魔の技術であることが次第に明確になってきました。
生物は放射能に弱いのですが、原子力利用は地球上の放射性物質の量を増やすため、生物にとって大切な地球環境が悪化するという致命的な問題を持っています。

放射性物質を漏洩しなければ原発は安全と言われていましたが、東京電力福島第一原発事故などの大量の放射性物質漏洩事故は原発が危険であることを証明してしまいました。
また人類は放射性物質を処理して放射能を取り除く技術を持っていません。
つまり人類は放射性物質の管理ができません。

核兵器も原発も廃棄し、つくってしまった放射性物質は放射性物質を管理する世界機構に管理をゆだね、最大の工夫努力をもって放射性物質が世界に拡散することを防ぐ以外に人類永続の可能性はないと思います。
管理ができなければ生物は放射能による突然変異の確率が高まり、当然のことながら滅亡の確率が高まります。

大きな天体が地球に衝突して人類が滅亡するのはしょうがないことですが、自分で開発した原子力で滅亡するのは耐えがたいことです。
核兵器も原発も人の命に反します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.06

叙勲産業

120706

最近近所に叙勲を受けた人がいます。
国家公務員だったからもらったそうです。
ところがもらった人は大変嬉しいようで貸衣装屋で数十万円かけて礼服を借りて夫婦で皇居に行ったことなど聞かせてくれました。
そして叙勲記念の内祝いだと言って菊の紋入りの清酒をいただきました。
「何もお祝いをしていないのに困ります」と言うと、近所の人は、「私の気持ちだから遠慮しないで受け取ってください」と言いました。

私は若い頃ある大学の先生からキリスト教を教えてもらいました。
その先生は、人からほめられた人は神からほめられないと教えてくれました。
キリスト教は日本の法律や慣習よりすぐれていると思いました。

ところでその先生は国立大学の先生だったので老人になると叙勲を受けました。
すると大喜びで長々しい巻紙の手紙で叙勲を受けたことを知らせてきました。
先生は神にほめられなくていいのかと思いました。
すでに先生と距離ができていた私は巻紙に返事を書かず、何と人の心は複雑かと思いました。

義父も国家公務員でしたから叙勲を受けました。
私は知らん顔をしていましたが、内祝いが届きました。
義父が亡くなったとき、私が葬儀を担当させられましたが、義父の兄が私を無視して勲等の書付や勲章を飾った額縁を持ち出して葬儀場に飾ったのには参りました。

私は叙勲制度を廃止した方がいいと考えています。
老人になったら政府や会社などの上下関係から解放されみな平等と思います。
それなのに天皇がわざわざ老人に勲等を授けるのは困ったことです。
時代遅れと思います。

政府が、人選び、勲等の書付や勲章の用意を行います。
経費の詳細は知りませんが、叙勲される人一人当たり100万円単位のお金がかかっているのではないでしょうか。
人々の税金を時代遅れの制度に使うことはよくないことと思います。
叙勲制度を維持する余裕があるなら消費税率を上げる必要はないと思います。
叙勲された人も貸衣装、書付や勲章を飾る額縁、内祝いの用意などでやはり100万円単位のお金を使っているのではないでしょうか。
人々の名誉欲の上に「叙勲産業」が成り立っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.02

自分のために社会的地位を重視する人

120702

この種の人は実際社会のためになっている部分がありますが、要所々々に自分中心なところが出てくるためこの種の人の下で働く人はほどほどに働くようになりやすいと思います。
本当に社会のためと思って働く人は、最初は我慢していい仕事をしますが、最後は意見が合わずこの種の人から去ります。
したがってこの種の人はやがてやっているふりをすることになります。
ほとんどの政治家がこの種の人ではないでしょうか。

本当に社会のためと思って働く人はひとり黙々と働いている感じがします。
するとこのような人の後に大勢の人がついていくことがあります。
大規模な市民運動になります。

現在の反原発の動きを見ていますと、政治対市民運動の様相を呈しています。

私は市民運動を支援します。
次の衆議院選挙では反原発を明確にしない政治家は支持しません。

ほとんどの政治家は原発の危険性、放射能汚染の危険性を理解しません。
人の命を軽視しています。

彼らは現在の経済が重要と主張します。
しかし未来の経済は考えません。
もっと掘り下げると彼らは自分のため現在の自分の地位を重視しています。
彼らに政治献金する収益主義者のために動くことで自分の地位を守ります。
将来自分の地位が崩れるのに現在の地位を守ることを優先します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »