« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.29

環太平洋戦略的経済連携協定

121129

本協定は英語でTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement または単に Trans-Pacific Partnershipと呼ばれ、通常TPPと略されています。
TPPは2006年に発効し、現在シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドが加盟しています。
そして現在アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが加盟したいということで原加盟国と拡大交渉を行っています。
この9か国による拡大交渉は、2011年11月12日に大枠合意に至り、できるだけ早く最終妥結したいとしています。

拡大交渉の妥結が近いというので日本でもTPP交渉に参加するかしないか人々が論争していますが、国境なき例外なき自由経済というTPPの基本精神から判断すると日本はTPPに加盟できないのではないでしょうか。
主要農産物で大幅な保護政策をとっている日本は加盟を許されないのではないでしょうか。

TPP交渉に参加すべきと主張している人々がこれと言った農業改革を提案せず、主要農産物を例外にしてもらう交渉をすると言っているのは滑稽な感じがします。
主要農産物を例外にしてもらうなら従来の自由貿易の枠組み(FTA)で十分です。
すでにTPPに加盟している国々が折角つくったTPPを従来の自由貿易の枠組みに戻すようなことはしないのではないでしょうか。

TPP精神を理解しないまま交渉に参加しても相手に迷惑をかけるだけだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

感情的国家主義は危険

S121125

尖閣諸島をとりたいと連日中国が日本に圧力を加えていることを利用して復古派の動きが目立ってきました。
特に自民党は日本を戦争する国にしたいようです。

しかし戦争することは容易です。
むずかしいことは戦争しないことです。
子供を見ればわかります。
つまらないことですぐ喧嘩をします。

要するに自民党は子供です。
中国子供とすぐ喧嘩をします。
喧嘩をして泣くより、何か中国坊やと楽しいことを一緒にやって遊んでもらいたいものです。

自民党は、日本銀行を意のままに動かし、国債を無制限に買わせる、日銀の当座預金金利をマイナスにするなどと乱暴なことを言っています。
ここまで強権的だと、国のためだと言って人の命を軽視したり、個人の自由と独立を侵したりするようになるでしょう。
今度の衆議院選挙でもし過半を押さえると自民党は番長になるでしょう。

自民党が圧勝すると人々は不幸になると思います。
政治家らしい政治家がいない現在、どの政党も衆議院の過半をとれないようにしておく方が賢明です。
かつて感情的国家主義に陥り、未来予測ができず、大政翼賛会をつくり、日本が破滅したことを忘れてはいけません。
有能な政治家が育つのを待つ忍耐力が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.21

日本衰退の恐れ大

S121121

現在の政治家はほとんど保守と考えていいと思います。
問題は政治家が支持団体、つまり政治献金に動かされているからだと思います。
支持団体は政治家を自分に有利に動かすことしか考えません。
雑草のように出てきた新党も、その中で報道機関が面白がって取り上げている新党も保守です。
いざ選挙となれば支持団体を重視します。
彼らに日本を上向きに転じる力はないと思います。

日本を改善、あるいは改革する政治家は、日本の状態が底に近づくと現れるでしょう。
真の政治家を育てる環境とはどん底の日本と思います。

衰退が必然という厳しい条件下、個人はいかに生きるかが重要です。
実りがなくても政治改善、あるいは改革に一生懸命生きることは価値ある生き方と思います。
彼らの努力は10年後、100年後に生きてくると思います。

どのような分野に生きても人の命を重視して生きることが大切と思います。
悪い政治に悪乗りして利益を保全するなど日本の衰退を加速するような生き方はやめるべきです。
自分の生き方を見つけることができず、悪い政治に流される生き方も不幸の原因になります。
戦前戦中富国強兵、列強に追いつけ追い越せ、国土拡大に踊った日本人は可哀想であったと思います。
踊りに参加して早死にした若者を、愛国心があった、英霊だ、戦後の若者は愛国心がないと言っている人々は、生きる目的がわかっていないと思います。
戦前戦中の支配層のように日本を駄目にします。

日本衰退とその原因を正しく認識し、主流からはずれていても平然として理想をもって生きている方が人は幸福であり、きっと未来にも役立つことになると思います。
衰退中の政治がいいなどということはありません。
衰退政治に加担している人生がいい訳はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.17

政治は悪化する

S121117

野田佳彦総理が衆議院を解散したことはいいことだと思います。
野田内閣の政治は問題がありすぎだからです。
原発の危険性を理解していません。
省エネルギー政策、新エネルギー政策に力を感じません。
東北地方太平洋側復興も力を感じません。
消費税率を上げると国内産業はさらに衰退すると思います。
国内産業が衰退した状態で社会保障で人々が生活できるなどということはありえません。
新世界構想がなく外交が陳腐になっています。
在日アメリカ軍基地問題に真剣に取り組んでいません。

しかし自民党が勝って政治を担当することになると思うと暗い気持ちになります。
政治をよく考えていないと思う安倍晋三氏が自民党総裁です。
彼が総理になって現在の難問を解決することは不可能と思います。
反対にどんどん問題を大きくするでしょう。

今日本にはすぐれた政治家がいません。
話題をまいた橋下徹氏も現実に流されて右往左往しています。
第三極をつくりたいという考えはいいのですが、烏合の衆を集めても第三自民党ができるだけです。

小沢一郎氏は国民を代弁しているような言い方をしますが、民主党員の頃、自民党と連合することを考えたような人で小細工がすぎます。

12月16日の衆議院選挙は投票率が低いと思います。
投票したい政治家、政党がないからです。
政治家は政党の支持率がたかだか20%程度でも問題と思いません。
現在の投票制度だと国民の支持がなくても政治担当政党になれるからです。
-1票制度を設けるといいと思います。
支持したくない政治家について-1票投票できるようにすると政治家は自分の評価を知るでしょう。

人々は政治はさらに悪化すると考えて今後の人生設計を立てることが大事と思います。
人生の基本は生産です。
人々が必要とするものをまじめに生産することが生き残る必要条件と思います。

人が生きるのに絶対必要なものは食料です。
生きるとは食べることと言っていいと思います。
日本は第一次産業が衰退中ですが、第一次産業は生き残るには絶対必要な産業です。
国際競争力がないと言って軽視していると、第二次産業も第三次産業も弱くなったとき日本の生活水準が一気に低下する恐れがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.13

日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい

121113

非常にしつこいので中国は戦争で尖閣諸島をとる気かと思いたくなります。
しかし局地戦でも日本と戦争すれば中国の内外は大騒ぎになるでしょう。
今は常軌を逸しているのではないかと思う中国ですが、戦争はしないでしょう。

巡視船を出して圧力を加え続ける行動は説得力がなく世界における中国の評価は下がっていくでしょう。
日本は中国を信用せず、中国に進出した日本の会社は中国から出て行くでしょう。
また日本は中国以外から輸入するようにするでしょう。
これは中国にとって大損です。

日本には中国の圧力を歓迎する人々が大勢います。
日本の軍事力を高める絶好の機会が来たと喜んでいます。
日本防衛装備工業会も飛躍の時が来たと喜んでいるでしょう。
これも中国にとって大損です。

(注)日本も大損です。

日本政府は国際法で問題解決することを提案していますが賢明です。
中国は、巡視船を出して圧力を加えることをやめ、国際法に異論があるなら新しい国際法を提案すべきです。

今は中国の圧力がうるさいので軍事力を高めよと主張する人々が正しいような気になると思いますが要注意です。
中国情報を集め、その動きを具体的につかんで対策を講じることが大切です。
何となく軍事力を高めることは危険です。
戦前感情的国家主義に陥り、情報収集分析を怠り、未来を予測することなく戦争を拡大した日本と同じ道を繰り返すことになります。

日本の政治家はよくアメリカを訪問しますが、中国をあまり訪問していないと思います。
もっと訪問して中国の政治家と情報交換した方がいいと思います。
また中国各地を訪問して人々とお話しをするといいと思います。
中国の圧力だけを見て戦争と騒ぐようでは外交を誤ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.09

外国人に支配されて喜ぶ国はない

121109

中国との経済交流を進める日本の経済人らで組織する日中経済協会の情報によると、中国の日系企業で働く中国人は1000万人以上だそうです。
これが事実だとすると日本の会社の中国進出ぶりはすごいと思います。
中国では日本の会社が中国人を使い、事業をやっている印象を受けます。

日本人から見るとこれは気分がいいことだと思いますが、中国人から見ると不愉快なことです。
経営者は日本人で従業員は中国人という構造だからです。
中国人とすれば経営者は中国人で従業員は日本人の方が気分がいいと思います。

この中国人の感情は、もし日本で無数の中国の会社が日本人を従業員にして収益を上げていたら日本人はどう思うかと考えれば容易に理解できます。
いくらグローバリズムの時代と言っても国が存在する限り国民の国家主義的感情は無視できません。

中国は資源確保という目的で東シナ海の利権を拡大することに熱心です。
中国の固有の領土だと言って尖閣諸島を取りたがるのは第一に資源確保の目的があるでしょう。

しかし底流にあるのは中国人の自尊心だと思います。
戦前戦中中国を侵略して苦しめ、戦後は敗戦国なのに、日本は経済力を背景に再び中国に進出し、中国大陸の大陸棚にある尖閣諸島を管理し続け、さらには中国と同等の国連安保理常任理事国になりたいと言って世界で工作しているが不愉快であるということではないでしょうか。

中国は、経済縮小を覚悟して、あるいは意図して、尖閣諸島に連日のように巡視船を繰り出していると思います。

日中経済協会、そのほかの日本の経済団体は自分中心になっているだけで中国人の自尊心を正しく理解していないように思います。
尖閣諸島の帰属の問題を棚上げしても中国は日本の会社が中国に進出することにブレーキをかけるような気がします。
日本国が尖閣諸島を買い上げた状態は変えず、日本側が経済収縮を覚悟して中国進出を自粛する方がいいと思います。
すでに中国に進出した会社は、一部、あるいは全部撤退することもありえると考えて対策を講じた方がいいと思います。

日本が昔朝鮮半島を支配したことを韓国人が批判すると、日本人の中に、日本人が支配しなければ朝鮮半島の人々の生活は低劣のままであった、日本が支配したから社会構造が変わり、人々の生活が改善した、日本がどんどん投資したので半島の経済が改善した、この日本の支配があったから今日の韓国の繁栄があると反論する人がいます。
彼らも韓国人の自尊心を理解しません。

外国人に支配されて喜ぶような国はないことを知るべきです。
経済水準が上がったぐらいで満足はしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.05

日本は内憂外患の時代に入った

121105

毎日のように中国の巡視船が尖閣諸島に近づき、さらには日本管理下の水域に無断で入っています。
日本政府が中国政府に不法行為をやめるように言っても中国政府は、尖閣諸島は中国の固有の領土だと言って、言うことを聞きません。

中国が圧力を加え続けると当然のことながら日本も力で圧力を押し戻します。
中国が送り出す巡視船を増やせば日本も待ち構える巡視船を増やします。
問題は大きくなりつつあります。

こんなことをやって中国は何を得するのでしょうか。
日本との外交交渉を有利にすることができると思っているのでしょうか。
経済が大幅に縮小し、日本が悲鳴をあげ、中国の言うことを聞くようになると思っているのでしょうか。
確かに日本がこうむる経済的損害は大きいのですが、中国の言うことを聞くようになるとは思えません。
反対に、軍事力を重視する日本人は中国の圧力を利用して一段と軍事力強化に注力するでしょう。
普通の日本人も日本の軍事力強化に反対しなくなるでしょう。
つまり中国の圧力は日本の軍事力を高めるだけの結果になります。

中国は世界との経済交流を進めるべきなのに日本と争うようでは世界との経済交流にも悪影響があるでしょう。
これは中国にとって大損です。

問題を大きくしないことが肝要です。
中国は圧力を加えることをやめるべきです。
尖閣諸島は長く日本の管理下にあります。
それに不服というなら理由を明確にして日本と話し合うべきです。
「固有の領土」という主張は説得力がありませんから双方やめるべきです。

日本は問題を大きくしないため中国の圧力に対する対策は過剰にならないようにすべきと思います。
我慢の限界をこえると日本が強制的に中国の巡視船を追い払うか、拿捕するか、沈めてしまうことがありえます。
そうならないことを祈ります。
世界も国連も中国や日本に乱暴をやらないように説得を続けてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.01

現代社会は神経系を傷つける問題が多すぎる

S121101
生きざまを変え、単純にし、美しい日本の自然を保全したい。

個人は個人であると同時に社会人です。
したがって個人としての生き方と社会人としても生き方の調整が必要です。

調整がむずかしい場合は自分の考えと社会の考えが異なる場合です。
たとえば私は原発は今から処理処分に入るべきと考えています。
しかし国は2030年代に原発をゼロにすると考えています。
私は国に反対です。
そこで私は国の原発方針に反対し、原発は今から処理処分に入るべきと主張し、私の考えに同調する政治家を国会に送る努力を続けます。

国の考えに反対しているからと言って別に私は罰される訳ではありませんが、私が具体的に稼動している原発を止めようとしたら逮捕され、裁かれ、罰されます。
したがって原発稼動に我慢することになります。
私は原発事故が起こるのではないか、大規模放射能汚染が起こるのではないか、私も含め多くの人々が放射線障害に苦しむのではないかと不安を持ちながら生活します。
本当に私達が放射能汚染に苦しむ場合もあります。

自分の考えと社会の考えが異なる場合は、罰されない範囲で反社会人として生きるというむずかしい調整をすることになります。
このような調整は実は自我にとって非常にむずかしいことです。
割り切ることができないと神経系が参ってしまいます。
神経系の病気が多いと言われていますが、現代人はあまりにもむずかしい調整を強いられているからだと思います。
現代社会は問題が多すぎます。

原発については、原発は危険とわかっている訳ですから、国は、原発は今から処理処分に入ると決めて新しい国づくりを企画すると国民の力を結集できると思います。
後ろ髪をひかれるようにいつまでも危険なものに執着し続けると、国民は不安から解放されず、国力を失っていくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »