« 日本は内憂外患の時代に入った | トップページ | 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい »

2012.11.09

外国人に支配されて喜ぶ国はない

121109

中国との経済交流を進める日本の経済人らで組織する日中経済協会の情報によると、中国の日系企業で働く中国人は1000万人以上だそうです。
これが事実だとすると日本の会社の中国進出ぶりはすごいと思います。
中国では日本の会社が中国人を使い、事業をやっている印象を受けます。

日本人から見るとこれは気分がいいことだと思いますが、中国人から見ると不愉快なことです。
経営者は日本人で従業員は中国人という構造だからです。
中国人とすれば経営者は中国人で従業員は日本人の方が気分がいいと思います。

この中国人の感情は、もし日本で無数の中国の会社が日本人を従業員にして収益を上げていたら日本人はどう思うかと考えれば容易に理解できます。
いくらグローバリズムの時代と言っても国が存在する限り国民の国家主義的感情は無視できません。

中国は資源確保という目的で東シナ海の利権を拡大することに熱心です。
中国の固有の領土だと言って尖閣諸島を取りたがるのは第一に資源確保の目的があるでしょう。

しかし底流にあるのは中国人の自尊心だと思います。
戦前戦中中国を侵略して苦しめ、戦後は敗戦国なのに、日本は経済力を背景に再び中国に進出し、中国大陸の大陸棚にある尖閣諸島を管理し続け、さらには中国と同等の国連安保理常任理事国になりたいと言って世界で工作しているが不愉快であるということではないでしょうか。

中国は、経済縮小を覚悟して、あるいは意図して、尖閣諸島に連日のように巡視船を繰り出していると思います。

日中経済協会、そのほかの日本の経済団体は自分中心になっているだけで中国人の自尊心を正しく理解していないように思います。
尖閣諸島の帰属の問題を棚上げしても中国は日本の会社が中国に進出することにブレーキをかけるような気がします。
日本国が尖閣諸島を買い上げた状態は変えず、日本側が経済収縮を覚悟して中国進出を自粛する方がいいと思います。
すでに中国に進出した会社は、一部、あるいは全部撤退することもありえると考えて対策を講じた方がいいと思います。

日本が昔朝鮮半島を支配したことを韓国人が批判すると、日本人の中に、日本人が支配しなければ朝鮮半島の人々の生活は低劣のままであった、日本が支配したから社会構造が変わり、人々の生活が改善した、日本がどんどん投資したので半島の経済が改善した、この日本の支配があったから今日の韓国の繁栄があると反論する人がいます。
彼らも韓国人の自尊心を理解しません。

外国人に支配されて喜ぶような国はないことを知るべきです。
経済水準が上がったぐらいで満足はしません。

|

« 日本は内憂外患の時代に入った | トップページ | 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に支配されて喜ぶ国はない:

« 日本は内憂外患の時代に入った | トップページ | 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい »