« 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい | トップページ | 日本衰退の恐れ大 »

2012.11.17

政治は悪化する

S121117

野田佳彦総理が衆議院を解散したことはいいことだと思います。
野田内閣の政治は問題がありすぎだからです。
原発の危険性を理解していません。
省エネルギー政策、新エネルギー政策に力を感じません。
東北地方太平洋側復興も力を感じません。
消費税率を上げると国内産業はさらに衰退すると思います。
国内産業が衰退した状態で社会保障で人々が生活できるなどということはありえません。
新世界構想がなく外交が陳腐になっています。
在日アメリカ軍基地問題に真剣に取り組んでいません。

しかし自民党が勝って政治を担当することになると思うと暗い気持ちになります。
政治をよく考えていないと思う安倍晋三氏が自民党総裁です。
彼が総理になって現在の難問を解決することは不可能と思います。
反対にどんどん問題を大きくするでしょう。

今日本にはすぐれた政治家がいません。
話題をまいた橋下徹氏も現実に流されて右往左往しています。
第三極をつくりたいという考えはいいのですが、烏合の衆を集めても第三自民党ができるだけです。

小沢一郎氏は国民を代弁しているような言い方をしますが、民主党員の頃、自民党と連合することを考えたような人で小細工がすぎます。

12月16日の衆議院選挙は投票率が低いと思います。
投票したい政治家、政党がないからです。
政治家は政党の支持率がたかだか20%程度でも問題と思いません。
現在の投票制度だと国民の支持がなくても政治担当政党になれるからです。
-1票制度を設けるといいと思います。
支持したくない政治家について-1票投票できるようにすると政治家は自分の評価を知るでしょう。

人々は政治はさらに悪化すると考えて今後の人生設計を立てることが大事と思います。
人生の基本は生産です。
人々が必要とするものをまじめに生産することが生き残る必要条件と思います。

人が生きるのに絶対必要なものは食料です。
生きるとは食べることと言っていいと思います。
日本は第一次産業が衰退中ですが、第一次産業は生き残るには絶対必要な産業です。
国際競争力がないと言って軽視していると、第二次産業も第三次産業も弱くなったとき日本の生活水準が一気に低下する恐れがあります。

|

« 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい | トップページ | 日本衰退の恐れ大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治は悪化する:

« 日本の政治家はもっと中国を訪問した方がいい | トップページ | 日本衰退の恐れ大 »