« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.30

絶対ではないものを絶対視してはいけない

公立学校が式典において日の丸君が代に教職員が敬意を表することを命令することがありますが、日の丸君が代にまつわる戦前戦中の暗い歴史が原因で教職員の中に日の丸君が代に敬意を表しない人がいます。
現在の最高裁の判決は、公立学校が式典において日の丸君が代に教職員が敬意を表することを命令することは問題ないが、教育委員会が違反した教職員に戒告より重い処分を下すことは問題としています。
教職員の思想・良心の自由は大切という判断です。

戒告程度では教職員は態度を変えないと教育委員会は思うでしょう。
学校が乱れると思うでしょう。
確かに最高裁の判決は中途半端です。
自由を重視するも、日の丸君が代を重視する政府を無視できない苦しい立場に最高裁はあるのでしょう。

国内の公立学校の式典では校旗校歌を使ってはどうでしょうか。
日本の中で公立学校が日の丸君が代を使う必要はないでしょう。
公立学校が日本の学校であることを疑う人などいません。

日の丸君が代に敬意を表しない人が愛国心を持っていないなどということはありません。
愛国心を持っているから、戦前戦中の日本のようになってはいけないと思って日の丸君が代に反対している教職員が多いと思います。

日の丸君が代で生徒や学生に愛国心を教えると主張する人がいますが効果はないと思います。
反対に絶対ではないものを絶対視させることは思考異常の原因になります。
祝日でも自分の家に日の丸を掲揚せず、君が代を歌わない人がほとんどです。
これが普通です。
しかし自分が住んでいる国を愛さない人はいません。

日の丸君が代は国旗国歌です。
この知識をもっていれば十分です。
オリンピックで日本人が優勝すれば日本人の観客は自然日の丸を仰ぎながら君が代を斉唱します。
外国にある日本大使館などが日の丸を掲揚しています。
外国旅行・居住する日本人は日の丸を見て安心します。

日の丸君が代に反対する人は国旗国歌を変えることを提案する自由を持っています。
反対者が大半なら国旗国歌は別のものに変わります。
日の丸君が代を絶対と思う心は愛国心ではありません。

何が正しい価値観か人は迷うものです。
そのときは人の命より大切なものはあるだろうかと思うと迷いは消えると思います。

私は日本の国旗国歌は日の丸君が代でいいと思っています。
しかし反対する人がいても問題ないと思います。
人の命に反する人がいたら問題と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.27

愛国心とは

愛国心とは過去や現在の日本をよしとして愛することではないと思います。
日本をより生きやすい国にしたいと思って工夫努力する心だと思います。
ところが復古主義が愛国心であるかのような主張がまかり通っています。

温故知新という言葉があります。
古い文化の中にも永遠性のあるものがあります。
復古ではなく、よき伝統は残し、そこに新しいものを加えて人々のためになる国にすることが大事と思います。

今では交通や情報技術の発達で世界との交流が普通になり、明らかに国は行政単位になりました。
どの国が上でどの国が下ではなく、人々のためになる政治が行われているかが国の問題です。
ある地域・海域がどこの国の管理下にあるかが問題ではなく、その国の管理下にあることが人々のためになっているかが問題です。

しかし世界には地域性があり、生活しやすさに関係しています。
世界の趨勢は地域性が弱まる方向ですが、外国で生活したい日本人は少ないでしょう。
この現実は100年、1000年の単位で続くと思います。
したがって国という行政単位は意味があります。

今日本は大きな問題をかかえています。

第一は放射能汚染です。
原因は原発です。
原発事故と放射能漏洩・汚染を防げない以上、原発を廃止すべきです。

第二は国内生産の衰退です。
原因は国内生産より海外生産の方が有利であるため事業家が海外生産を重視していることです。
収益が下がっても国内生産を重視する事業家を育成すべきです。
また消費者は多少高くても国産を買って国内生産を支援すべきです。

第三は中国の圧力です。
中国は東シナ海の利権拡大に欲深になっており、侵略的で不法です。
国際法あるいは世界法をもって中国の行動を批判し、中国が国際法あるいは世界法に従がうことを促すべきです。
日本はかつて中国との経済交流を重視し、尖閣諸島帰属問題を棚上げしたとの情報がありますが、国際法あるいは世界法を無視した打算的な政府の秘密外交は無効です。
日本は主権在民です。
外交といえども秘密があってはいけません。

第四は在日アメリカ軍です。
中国の圧力が具体的になり、維持が必要との考えが強くなっていますが、5兆円弱もかけて自衛隊を維持しているのにその上在日アメリカ軍が必要か疑問です。
外国軍の存在は日本が国としての責任を果たしていないことを示しています。

そのほか数多くの深刻な問題があると思います。
これらの問題解決は復古主義ではできないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.24

自民党が政治を担当することで日本の衰退は加速する

安倍晋三自民党総裁の言動を観察していると、従来の自民党と同じことをやろうとしていると思います。

10兆円の国債を発行し、景気刺激に使う。
インフレ目標を2%とし、デフレ脱却をはかる。

金融操作で政府の赤字や貿易収支悪化の傾向を防ぐことができると思っています。
これは甘すぎると思います。
経済は拡大せず、政府の借金は増えるだけと予測します。
お金は消費に回りますが、国内生産投資には向かいませんから貿易収支はさらに悪化すると思います。
そして生活が不安定な人が増えます。

政府がやるべきことは政府の合理化近代化だと思います。
貿易収支が悪化していますから、輸入を減らし、輸出を増やさなければなりません。
消費を減らし、生産を増やさなければなりません。
消費生活がいい生活という価値観を変え、質実を追求する生活がいいと思うようになることが必要と思います。
生産生活が大事という価値観を取り戻し、収益が悪化しても技術開発と生産をやり続けるしぶとさを持つ必要があります。
収益が悪化したから技術開発と生産をやめるとすぐ決めるような会社は役に立ちません。
このような会社は生産会社ではなく、きっと投機会社でしょう。

衆議院選挙前の安倍氏は進軍ラッパを吹き鳴らしていましたが、選挙で圧勝すると、進軍停止、休息、お金は用意する、大いに飲み食いしてくれと言わんばかりです。
大問題の原発についても、東京電力福島第一原発事故、広域放射能漏洩・汚染、放射能障害の発生の恐れはなかったかのように、原発を再稼動したい、新設を許可したいと言っています。
まさに大盤振る舞いです。

間違いなく彼は日本を駄目にします。
私は彼の言うことと反対のことをやるようにしたいと思います。

民主党に続き、自民党も潰していい政党と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.21

国内生産しよう、国産を買おう

貿易収支赤字が定着しそうです。
原発を稼動しないから赤字になったと考える人が多いようですが、赤字の主原因は違います。
事業家の関心が海外に向いている影響力が大きいと思います。
原発を稼動していた時から事業家は国内生産は不利と言って海外生産に注力していました。
したがって原発稼動の有無関係なく貿易は赤字になる方向でした。

原発を推進するということで政府が多くを負担してきましたからこれまで原発は電力会社にとって有利でしたが、政府の出費も含めて原発を評価すると原発は経済性がありません。
今後政府は自分の負担を減らし、単に規制を強化する動きと思いますので電力会社にとって原発は重荷になると思います。
原発倒産が起こると思います。
電力会社が倒産して政府が原発の後始末に苦しむことになると思います。
政府が苦しむとは国民が苦しむということです。

原発を稼動しないから貿易は赤字などといういい加減な発想は捨て、国内生産を重視する新事業家が育つことが大事と思います。
海外事業を重視する事業家に戻って来いと言う必要はありません。
別に海外事業が悪い訳ではありませんから彼らは大いに海外事業を発展させてほしいと思います。
要は新事業家が育って、海外事業拡大に加え、国内生産を拡大し、輸入を減らすことが大事です。
そのためには国民が国産を買うことが大事です。
そしてここが一番重要なことですが、生産者も消費者も収益は必ずしもよくないことを覚悟することです。
したがってそれ相応の支出を減らす工夫努力が必要です。
今までは「消費生活」でしたが、収益が減っても生産を重視する「生産生活」に切り替える必要があります。

自民党は政府が借金してお金を使うことで景気を刺激し、経済成長を実現すると言いますが、これは1990年以降自民党がとってきた政策と同じです。
借金を増やしただけという事実があります。
従来の「消費生活」の流れを変える必要があります。

国内生産しなければ国民は収入がゼロです。
海外事業をやっている事業家の収益で国民全員が食べていけるなどということはありえません。
政府の生活保護で国民全員が普通の生活を送れるなどということはありえません。
国内生産していれば収入ゼロということはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.18

自由民主党は不自由非民主

その自民党に人々は衆議院の大半の議席を与えました。
日本の問題を解決不能まで大きくしたのは自民党なのに不可解なことです。
民主党は、自民党化して問題解決に失敗しました。
したがって自民党が政治を担当して問題解決することはないと予測します。

40%の人が投票所に行かなかったそうです。
投票で何か表現すればよかったのに棄権してしまいました。
政治に絶望している感じがします。

私は人の命を重視して生きたいと思います。
自由と民主を大切にしたいと思います。
人々から大人になっていないと批判されても理想をもって生きたいと思います。
理想をもって生きていると一番生き生きとしていることができると思います。

自民党は日本の問題を大きくし続けると思います。
しかしいつかは日本も底に達します。
そこは奈落かもしれませんが、そこから上向きに転じます。
希望を失わないで未来に備えることが大事と思います。

若い政治家を育てなければならないと思います。
そのためには人々が政治を考えるようになるといいと思います。
現在の政治家はおかしい、私の考えの方が政治はよくなると思って政治について考えるといいと思います。
政治は政治家に任せるでは民主ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.15

最高裁の信用も低下中

S121215

衆議院選挙と一緒に最高裁裁判官国民審査が行われますが、普通の人は審査広報を読まないのではないでしょうか。
私は一応全部読みますが、言葉がわからなくて判決のいい悪いがわからない裁判がありました。
しょうがないので理解できた裁判でもって裁判官を評価しました。

大きく分けて前歴が検事、判事の人と、弁護士の人がいますが、やはり傾向として前者は政府寄り、後者は人々寄りです。
前者の人が多いのでどうしても最高裁は政府寄りになります。

政府を法律で正しく裁くと政治が動かなくなると配慮するせいですが、最高裁が甘い判決をしていると政府は甘えるし、法律の価値は劣化します。
人々も法律を信用しなくなります。
小学生ですら政府は憲法違反などと批判します。

憲法軽視は大問題です。
政治が混乱する原因になっています。
憲法解釈で憲法の精神を否定するのではなく、違憲は違憲と判決しないかぎり、憲法の価値の劣化は止まりません。
憲法改正が容易ではないという理由で憲法解釈を優先するのは最高裁の堕落です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.11

今は自分の平安が大事

S121211

今の世の中、40%ぐらいの人が総理は安倍晋三自民党総裁がいい、30%ぐらいが野田佳彦民主党代表がいいと思っているそうです。
人々が日本の未来に不安を感じながら大きな変化は望んでいないことを感じます。
安倍氏がちょっと支持率が高いのは、中国の圧力をはね返す強い日本になってほしいという思いが強くなっていることを感じます。

しかし恐らく安倍氏も野田氏も日本衰退を加速させてしまうと思います。
衰退を加速させる原因は人々の保守にあると思うからです。
保守という作用に対する反作用が衰退という形で強く現れるのだと思います。

長い歴史を勉強すると世の中波と思います。
波は底に達すると上向きに転じますが、今日本は下向きの波の上に漂っていると思います。
いつかは底に達しますが、その底が1945年前後の日本のようでないことを祈っています。

人々が外ばかり気にすることはよくないと思います。
外の激しい動きに翻弄されて波を大きくしてしまう恐れがあります。
心の中を見て平安を大事にするなら周りの人も平安にし、それが大きな動きになれば波を小さくすることも可能です。

今は平安を失っている自分が問題ではないでしょうか。
本当に自分を生かしているのは自分の中で常に生き生きと働いている人の命だということを知ると、自分が平安になり、ひいては日本を平安にすることにちょっと貢献できると思います。
平安とは変化を望まない心ではなく、変化を恐れない心だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.07

民主党を潰すのはいいが、自民党に戻るのは誤り

今回の衆議院選挙は自民党が圧勝と予測されています。
日本衰退の原因をつくったのは自民党です。
そして民主党が新しい方向を示すことに失敗した原因は民主党が自民党化したからです。
それなのにどうして人々は自民党に戻るのでしょうか。

人々は政治について真剣に考えていません。
原因はまだ何とか人々は生活しているからだと思います。
大津波はあった、原発事故はあった、しかし何とか自分は生活していると思うからだと思います。

自民党は大津波災害復興について触れていますが、原発事故処理については全く触れていません。
原発を稼動する考えだからです。
人々に原発問題を忘れてもらいたいからです。

しかし、東京電力福島第一原発事故処理は遅々として進んでおりません。
メルトダウンした燃料棒の状態を把握できていません。
水素爆発を起こした当時のような大量放射能漏洩は起こっていないようですが、冷却水や雨水が放射能で汚染した状態で地中に洩れているのではないでしょうか。
少量であっても放射能漏洩が続いていると除洗は至難です。
この除洗も遅々として進んでいません。
放射線障害はこれから被曝者に増えていきます。
すでに障害の兆候が報告されています。
原発を稼動すれば放射性廃棄物が増えますがどこへ永久保管するのでしょうか。
保管不十分なら放射性物質拡散は必然です。
これは国土・近海、さらには地球放射能汚染を意味します。

これほど原発問題が深刻なのに原発について無言というのはあまりにも自民党は無責任です。

自民党が圧勝などということはあってはいけません。
問題は人々の政治認識です。
第二次世界大戦で大敗し、100万人の単位の人が死にましたが、原因は当時の人々が悪政を認識しなかったからです。
現代人の政治認識は戦前戦中の人々の認識よりよくなったでしょうか。
政治認識が乏しいと大勢の人が苦悩する社会になります。

民主党は潰していいと思いますが、自民党を復活させることは大きな誤りと思います。
私達は前進すべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.03

政治が悪いということは人々の政治レベルが低いということ

自民党の支持率は約20%、しかも自民党の中を見ると安倍晋三総裁と石破茂幹事長と考えが異なっています。
保守といってもいろいろな考えの人の集合体が自民党です。
人々にとっていい政治を自民党がやる訳はありません。
それなのに民主党の政治が悪かったという理由で自民党が衆議院選挙で圧勝し、安倍氏が総理になると予測されています。
こんなふまじめなお話しがあるでしょうか。

原因は日本の人々の政治レベルの低さにあります。
政治家は汚い、したがって政治には興味はない、と言って日本の政治を放置しています。
支持率20%で自民党が政治を担当できるような馬鹿げたことが起こります。
これでは政治家は気楽なものです。
平気でふまじめな政治を続けます。

今はどの政党も烏合の衆です。
政党に投票することは無意味です。
政治家をよく研究して信用できると思った人に投票すべきです。
投票したい人がいなかったら、投票しないとか、白紙投票するとかではなく、投票用紙に自分の考えを書いて投票するといいと思います。
無効になりますが、政治について自分の考えを表明する一つの方法にはなります。

いろいろな方法で政治に関して自分の意見を言うようにならないと政治家は人々を馬鹿にしていつまでもふまじめな政治を行います。

オーケストラが誰か1人でも変な音を出すと聴衆は厳しく批判します。
お金を出して聞くようなオーケストラではないと言います。
ここまで厳しくならなくてもいいですが、人々は政党や政治家に厳しい目を持つべきです。
そうでないと税金を損します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »