« 国賊、出て行け、死ねは感情的すぎる | トップページ | 貿易赤字 »

2013.01.23

人類は世界平和実現の方策について無知

アメリカが行っているアフガニスタンやパキスタンでの戦争でもアメリカは一般市民を殺しています。
今回アルジェリアで起こった政府軍と反政府武装組織の戦闘で人質になった人が30数名殺されたそうです。
先進国の戦争がよくて、後進国の戦争が悪いということはありません。
戦争は誰がやっても人の命を軽視する行為で不法です。

国連は世界各地で起こっている戦争を防止する方法を考えるべきです。
はっきり言えることはアメリカなどの先進国に問題があります。
これらの国は国益を優先して国連の平和維持機能を改善することに抵抗しています。

アメリカなどの軍がアメリカなどの命令で世界警察機能を果たすのではなく、国際法に基づいて国連が世界警察機能を果たすようにしなければならないと思います。

国連を馬鹿にしている限り、各国は自分の軍で外国軍や内部の反政府武装組織の攻撃を防がなければなりません。
しかしこの方がはるかに馬鹿げたことであり、無駄なことだと思います。

先進国といえども世界平和実現の方策について全く無知というのが現状だと思います。

今日本は中国から圧力を受け、苦悩していますが、中国も日本もそれぞれの軍で攻撃あるいは防衛と考えているうちは中国と日本の対立はやまず、戦争が起こる怖れは高いと思います。

法の中の法は人の命を重視することだと思います。
この法を基本にして世界法を考え出すことが大事と思います。
一般の人々はむずかしい世界法の条文を考えなくても、人の命を重視するという基本法を自分の生活の中に活かして生きることが大事と思います。
他人や国や外国や国連が世界法を軽視しても、人の命を重視するという基本法に目覚めた人はこの基本法を守ることが大事と思います。

|

« 国賊、出て行け、死ねは感情的すぎる | トップページ | 貿易赤字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類は世界平和実現の方策について無知:

« 国賊、出て行け、死ねは感情的すぎる | トップページ | 貿易赤字 »