« 人が生きるのに必要なものは何かと考えるべき | トップページ | 宗教は多様化し、一人一宗教の様相を呈する »

2013.04.02

老後、年金制度に依存することは危険

S

私は年金をもらっていますが、年金制度について何もわかっていません。
いくらかけ金をかけたのか、だからいくらもらえるのかさっぱりわかりません。
もらえるお金をもらっているだけです。

年金制度は複雑です。
たとえば厚生年金のほかに厚生年金基金があります。
厚生年金の基金は何と呼ぶのでしょうか。
厚生年金基金とは企業年金の一種です。
厚生労働省はこの厚生年金基金を廃止する方向です。
年金支給に必要な積立金が不足する基金がほとんどだからだそうです。
それでは厚生年金の基金は大丈夫でしょうか。
やはり不足すると言われています。

国民年金は年金が少なく頼りになりません。

経済水準の高い日本で年金制度がいい加減であることに驚きます。
年金生活者がどんどん増えているのにこんなに年金制度がいい加減では年金生活者の不安は増す一方でしょう。
政府は消費税率を引き上げることで福祉を拡充すると言いますが、うそではないかと思います。

政府は破綻するとの予測があります。
昔と同様、老後のために貯蓄することが必要と思います。
できれば老後も生産活動を続けることが望ましいと思います。

|

« 人が生きるのに必要なものは何かと考えるべき | トップページ | 宗教は多様化し、一人一宗教の様相を呈する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老後、年金制度に依存することは危険:

« 人が生きるのに必要なものは何かと考えるべき | トップページ | 宗教は多様化し、一人一宗教の様相を呈する »