« アメリカの世界支配は終わりつつある | トップページ | 政府の秘密は少ない方がいい »

2013.08.12

お盆休みの慣習

父は仏教的慣習を守っていましたので子供の頃この季節いろいろな儀式に参加していました。
先祖を供養していることはわかりましたが、儀式の意味については何も考えませんでした。
親戚一同が祖父の住んでいた家に集まり、話し合うのは子供にとっても刺激でした。
特にいとことの関係は思い出多いものです。

今は仏教的慣習とは無縁になり、父母も亡くなり、兄(私は二人兄弟)が家を継いだ訳ではありませんので兄の家に親戚一同が集まることはありません。
お盆休みといっても私は普通の生活と変わりありません。

猛暑の影響もあると思いますが、私の家の前の道を通る人もいません。
町は静かで無風でただ暑いだけです。

帰省ラッシュで高速道路が渋滞というニュースを聞くと昔の慣習が今も続いていると不思議に思います。
自分が老人になってすでに異次元の世界に入っていると感じます。

今朝妻から明日娘の一人が来ると聞いて、三次元の普通の世界に戻ると思いました。

|

« アメリカの世界支配は終わりつつある | トップページ | 政府の秘密は少ない方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆休みの慣習:

« アメリカの世界支配は終わりつつある | トップページ | 政府の秘密は少ない方がいい »