« 事故原発処理すこし進展 | トップページ | 横浜の丘陵地の防災 »

2013.11.08

ゲートボール

S131108

今年の2月から町のゲートボール部に入り、週2回、毎回練習試合を4試合やっています。
思うようにボールを打つ技能はちょっと上達したと思います。
問題は作戦です。

5人チームで対戦しますから、10人の選手と1から10までの番号をふった10個のボールが動きます。
1から10、また1から10と打順があります。
1人がボールを打つたびに状態が変化します。
この状態を記憶し、状態変化を予測し、作戦を考えることは容易ではありません。
ただゲートを通過するだけなら簡単ですが、タッチとスパークという方法があって相手に自分のボールをコート外に出されるなど邪魔されます。
邪魔をされないように、また相手の邪魔をして、ゲート通過しますから作戦(チームワーク)が非常に重要です。

広域のゲートボール大会にも毎回出させてもらえるようになりましたが、別の町の試合を見てもチームワークが非常にむずかしいということがわかってきました。
通常、主将が、打者に指示を出しますが、打者も、見ているほかの味方も自分なりに打ち方を考えますからなかなか主将の思うようにはボールは動きません。
特に主将ではない味方が大声で指示を出すと作戦に自信のない打者は混乱します。
常に主将の指示が最善ということはありませんから主将になる人は苦しいのではないでしょうか。

未熟な私にはどうすればいいのかわかりませんが、主将だけが作戦を考えるという状態はよくないと思います。
したがって普段の練習試合の時、多少打つのが遅くなっても、打者は打ち方を自分なりに考え、こっちへ打つと言い、それを聞いて主将やほかの人が理由を言ってあっちへ打った方がいいと教えるようにするといいと思います。
私は理由を聞いてもまだ十分理解できませんが、このような訓練を続けていると3年もすれば作戦も上手になるのではないでしょうか。

|

« 事故原発処理すこし進展 | トップページ | 横浜の丘陵地の防災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲートボール:

« 事故原発処理すこし進展 | トップページ | 横浜の丘陵地の防災 »