« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.29

人々は厚い皮の中で苦しみもがいている

S140429

町内会の役員が全員新しくなりました。
町内会の行事は慣れた町のボランティアが新役員に協力して企画実行を進めます。
したがって4月は役員も町のボランティアも大忙しです。
私も町のボランティアですので4月はずっと町のことを考えていました。

オバマアメリカ大統領が来日しましたが、大統領と安倍総理の間で何が話し合われたか深く考えるゆとりがありませんでした。
概略はインターネットで知っておりますが、詳細は知りません。

しかし、世界をどうするといったロマンのある話し合いは大統領と総理の間ではなかったと思います。
アメリカとの安保条約は尖閣諸島の防衛を含むとか、ウクライナの紛争は対ロシアで協力するとか、アメリカとのTPP交渉における争点をどうするとか、争いに関する話題が多かったのではないでしょうか。
いずれの争いも解決したというのではなく、解決すべく努力するということで、明るい結果が出たようではありません。

国連安保理の民主化が重要ですが、国連創始国の権限を握っているアメリカは決してその権限を手放そうとはしません。
イギリス、中国、フランス、ロシアも同じです。
権力争いをして世界中の人々に迷惑をかけているのが安保理常任理事国です。
これらの国は世界改善の抵抗勢力です。

脱皮できず、厚い皮の中で苦しみもがいている人々や国や世界を感じます。
国や世界のことは個人ではどうしようもないことばかりですが、どうしようがなくても個人は個人で何んとか自分の人生を改善しなければなりません。

戦前戦中のように無益有害な戦争に巻き込まれ、虫けらのように殺され、今は、国のために命をささげた英霊などと歯が浮くような虚言で国にまつり祭り上げられているような人生ではいけないと思います。
思うようにならない国や世界ですが、その中で、国や世界について自分なりの理想を持ち、最善の生き方を追求していくのがいいと思います。
戦争反対なのに戦争に巻き込まれ、殺されるような不運に会うかもしれませんが、戦争に賛成して戦争して殺されるような犯罪に加担する人生は非常にまずいと思います。
原発問題も同じだと思います。
原発に賛成して原発事故に巻き込まれ、放射能障害に苦しむような馬鹿な人生はよくないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.18

インタ-ネットを悪用した詐欺

S140418

インターネットにはいろいろな誘惑があります。
最近私が失敗したことを参考のために書いておきます。

無料楽譜があればと思ってインターネットで探していたところ欲しい楽譜を無料でダウンロードできるサイトがあったのでダウンロードしたところパソコンの問題点を探すという変なソフトがダウンロードされ、多数の問題点が見つかったから修復しますと言ってきました。
やられたと思いました。
この表示を消そうと思いましたが、消しても消してもパソコンを起動すると立ち上がってきます。
詐欺ソフトが入ってしまいました。
非常にしつこい詐欺ソフトでいくら払えばパソコンの問題点を解決できるなどと言ってきました。

パソコンに問題点などあるはずがなく、あるとすればこの詐欺ソフトが唯一の問題点です。
そこでこの詐欺ソフトを削除しました。
一緒にダウンロードされたあやしげな関連ソフトもすべて削除しました。
削除には苦労しました。

ただほど怖いものはないということわざがありますが、無料ダウンロードは要注意です。
信用できるかサイトかよく調べた上でダウンロードしないと削除に苦労します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.15

うそも方便時代

S140415

大臣が靖国神社に参拝して韓国や中国から批判されると、個人的にしたことなのにどうして批判されるかわからないと大臣が言います。
こう聞くと、通常、批判された理由がわからないような人は思考力がなくて大臣に向いていないのではないかと思います。

しかし、間違いなく、この大臣は大臣である自分が靖国神社を参拝する影響力を知っていてわざとやったと思います。
つまり個人的にしたというのはうそで、実は大臣として参拝したというのが真実だと思います。

この大臣を評価する人々も、大臣であるこの人があえて靖国神社を参拝したことを評価したのだと思います。

うそつき大臣も問題ですが、大臣のうそを、うそも方便と考えて何とも思わない人々も問題です。

安倍晋三内閣は憲法解釈で集団的自衛権を持つことができるようにしたいと言っていますが、憲法を正しく解釈すると集団的自衛権は持てない、そこで安倍内閣の思うように解釈を変え、集団的自衛権を持つという意味です。

これでは憲法は憲法ではありまんせん。
安倍内閣が憲法です。
政府も人々も、うそを肯定しています。
日本文化は下り坂と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.12

西鎌倉の広町緑地

Sdscf5686

鎌倉、横浜、川崎にかけて谷戸が美しい自然公園がいくつかあります。
川崎ならば生田緑地、横浜なら四季の森公園、舞岡公園が有名です。
何と言っても谷戸が美しいのは鎌倉ですが、狭苦しい谷部が宅地化されて谷戸の美しさが消えつつあります。そのような中にあって広大な自然が保存されているのが湘南モノレール西鎌倉駅の東南にある広町緑地です。

緑地入口が4か所ほどあります。
西鎌倉駅から10分ぐらいで行ける御所谷入口が一番交通の便がいいのですが、4月いっぱいはこの入口付近の整備工事を行っており、ここからは入れません。
西鎌倉駅から行くならさらにちょっと南の御所ケ丘住宅地のメインストリートの東の突き当りに入口らしくない、恐らく近所の住民が緑地に出入りしている細い山道がありますが、ここからは問題なく入れます。

4月いっぱいは緑地の尾根歩きは自由にできます。
複雑に入り組んでいる谷部は湿地が多く、現在遊歩道の建設が急ピッチで行われています。
5月の連休には歩けるようになるかもしれません。

上の写真は南の方の峯山という尾根部から相模湾を見たところです。
相模湾眺望の場所としては最高ではないでしょうか。
相模湾がよく見える尾根部は緑地の東南部にもありますが、東南の方向に七里ガ浜の住宅地が眼下に広がっていて景観はよくありません。

この緑地の外周を1周するには2時間を要します。
中の尾根部や谷部を丁寧に歩いたら数倍の時間を要するでしょう。
広町緑地は鎌倉随一の美しい緑地だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.09

貧乏性は日本人の国民性

S140409

安倍晋三内閣は国家戦略特区の一つとして東京圏を設定するそうです。
東京圏には横浜も入っているそうです。
しかし横浜はどのような都市になるのでしょうか。
私は横浜市民ですが、横浜の現実を見ますと非常に厳しいものを感じます。

内陸部は、ここ数十年、乱開発が進み、美しい谷戸構造お構いなく、谷も山の斜面も山の上も狭小住宅が建設され、住宅密集地化が進んでいます。
緑地が島のように住宅密集地の海の中に残っている状態です。
横浜は防災上危険都市に入るのではないでしょうか。
非常に災害に弱いと思います。
住宅や町の基準が低く、町は延焼しやすい危険な住宅密集地で、結局再開発が必要になります。

最初から基準を上げておいた方が、長期で見た場合は住宅投資が少なくてすみ、また最初から安全です。
日本人は「今を生きる」という言葉が好きですが、予測するとか、未来を考えることができていないと思います。
狭苦しい住宅をつくって失敗したとか、自分の住む町は住宅密集地で住みにくいと後で思い、あきらめる国民性があります。

私自身、若いころ、親の家より大きい家をつくりましたが、まだ小さくて狭苦しさに参りました。
私も貧乏性でした。
しまったと思いましたが、新しい家をつくる決心がなかなかできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.05

韓国も中国も日本も外交が下手

S140405

健全な目標を持っていないからだと思います。
どこの国も民主主義を理解せず、一部の強者が政治を動かしています。
人々のため、子孫のためという思考が政治家に欠落しています。

この問題を解決するには時間がかかります。
人々が政治を政治家任せにせず、政治は人々のため、子孫のために行なわれるべきと考え、目先の利益で判断を誤ることなく、健全な目標を持っている政治家を選ぶことが必要と思います。
現在の人々はまだまだ自分で政治をよく考えていないと思います。
何となく政府を信用し、何となく新聞テレビを信用し、何となく世間の流れを信用し、この流れに乗っていればまずまずの人生を送れると思っていると思います。

生活不能な無人島問題で韓国と日本、中国と日本が不毛の争いを続けることは到底文化国家のやることではないと思います。
政治や外交の目的がわかっていないと思います。
つまり韓国も中国も日本も非常に文化が未熟な国々だと思います。
そのうちに国連から、あるいは世界から厳しい「指導」が入るでしょう。

島の帰属は現状を肯定し、移管は交渉マターとすべきです。
移管理由は人々のため、子孫のためという視点で論じられるべきと思います。
島での生活より島周辺の漁場としての利用法が重要な判断材料と思います。
「固有の領土論」は世界の物笑いになるでしょう。
領土とは、囲い込んだか、誰かから取ったか、交渉で得たものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.03

政府がついている大うそ

S140331
横浜市栄区 いたち川中流域

南極調査捕鯨に関する裁判で政府代理人として交渉に当たった内閣審議官が彼に敗訴の責任があるかのように安倍晋三総理から厳しく叱責されたそうです。
捕鯨を調査捕鯨と言って捕鯨をやっていた政府に問題があります。
したがって政府の最高責任者である安倍総理に責任があります。
内閣審議官が別に弁論で失敗した訳ではありません。

安倍総理は憲法解釈を変えようとしています。
はっきり言うなら憲法を歪曲して解釈し、集団的自衛権を持とうとしています。
政府はうそつきです。
その責任は安倍総理にあります。

現在政府がついているそのほかの大うそを次に列挙します。

放射能汚染は問題ない。
原発は危険ではない。
アベノミクスで経済成長する。
消費税率引き上げで政府の借金増加はとまり、福祉は充実する。

放射能汚染は深刻です。
原発は危険です。
アベノミクスで経済の枝葉は茂るが根幹が腐るからやがて枝葉も枯れます。
経済の根幹が崩れるのに加え、消費税率引き上げで人々が元気を失い、税収が伸びず、政府は借金を続けます。
福祉が充実する訳はありません。
苦しい時代が来ます。

アベノミクスに踊らず、苦しくても省資源、省エネルギー、輸入削減、国産増産が正解です。
保健、健康的な生活が大事と思います。
生活・生産環境の改善が重要です。

原発稼働はやめ、処理処分に入るのが一番安全です。
大損と思えても処理処分すべきです。
放射能汚染が拡大したらその対策費は未事故原発処理処分費の10倍になるでしょう。
放射能による遺伝子異常の治療は容易ではありません。
生きることに苦悩する人が増えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.01

小学校低学年は花より団子かソフトクリーム

S140401

今日は孫達と横浜の三溪園にお花見に行ってきました。
彼らは全然桜には興味を示さず、お花見をしているのに何か楽しいことをしたいと言います。
お花見は楽しいことではないようです。
団子を売っているのを見れば団子を食べたい、ソフトクリームを売っているのを見ればソフトクリームを食べたいと言います。
最後はボールとグローブとバットを持ってきたから野球をやろうと言います。

そこで三溪園の海側の門を出たところにスポーツ広場がありますので交替でボール(子供用のやわらかいもの)を中空のプラスチックバットで打ちました。
すると孫達は「おじいちゃんと思いっきり遊べて今日はとても楽しかった」と言いました。

帰り道、今日行ったところは何という所だったかと聞きますと、上の子は「さんけいえん」と正しく答えましたが、下の子は「さんこうえん」と答えました。
下の子はふざけてそう言ったのか、間違えて言ったのかわかりませんでした。

私の経験ですと、小学生の頃はお花見が楽しかったかどうか覚えていませんが、桜の美しい所に行ったことはよく覚えています。
団子かソフトクリームの孫達ですが、美しい三溪園の風景は記憶に残るでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »