« 人々のためではなく政府のために政府は政治をやっていないか | トップページ | 信仰の力 »

2016.03.17

国がかってに外国を制裁することは不法

S160315

公の法によらず、かってに人に制裁を加えることを私刑と言い、不法です。
ところで国がかってに外国を制裁することがあります。
当然のことながら不法です。

国の不法が放置されている原因は公の法である国連の司法がしっかりしていないからです。
国連の司法をいい加減にしているのはアメリカ、イギリス、中国、フランス、ロシアです。
これら5大国の罪は非常に重いと思いますが、そのほかの国も同罪です。
国連の司法がしっかりしていないことをよしとして、好き勝手なことをやっています。

国は国連を改善しません。

各国において世界のことを考える人々の声が湧き上がってその声が大きな声となって彼らによって国が動かされるようにならないと国連司法は確立しないでしょう。
残念ですが現代は人々はまだ世界のことを考えていません。

国がかってに外国を制裁する不法がまだまだ続くと思います。

|

« 人々のためではなく政府のために政府は政治をやっていないか | トップページ | 信仰の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国がかってに外国を制裁することは不法:

« 人々のためではなく政府のために政府は政治をやっていないか | トップページ | 信仰の力 »